『カオス』の検索結果(1ページ目)

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている節もありますが、日本にとってアニメというコンテンツ産業が無視できない存在であるこ…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になったりすると話は違ってきます。扱うネタがマニアックになればなるほど客を選び、結果的に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コン筋クリート』は鑑賞中に5〜6回眠気で意識を失いかけてしまいました。各所で絶賛さ…

【カオス通信】記事バックナンバー

・人気声優になるための4大法則 - 2008年10月31日10時00分・フィギュア原型師、アニメ見本市、初音ミクのイベント潜入記 - 2008年10月24日10時00分・あややから江頭2:50まで。謎の発掘グッズ探訪 - 2008年10月17日10時00分・「タメシ買い」を試す 緊急検証ブックオフの新サービスの中身 - 2008年10月10日10時00分・オマケ…

【カオス通信】腐女子コミックの乙女心

「腐女子」は男同士の恋愛を妄想してやまない女性(婦女子)達の俗称。広義ではオタク趣味の女性達を示す意味でも使われています。近年、彼女達に向けた商業作品はかなり増えてきましたが「腐女子そのもの」を取り上げたものは、未だ発展途上の感があります。今回はそういった腐女子ネタな漫画の中から、比較的読みやすい…

【カオス通信】アイドル雑誌で萌えあがれ!

いまアイドルの形態は「グラビアアイドル」「女優」「モデル」「声優」「女子アナ」「スポーツ選手」と様々。基本的に萌えられればなんでもありの状態です。個々が持つカリスマ性は、特定層に向けて発揮されることが多くなり、大衆性はすっかり薄くなってしまいました。このまま内輪受けを突き詰めていっても「アイドル」…

【カオス通信】テクノ音楽でピコピコしよう

YMOがキリンビールのCMで「RYDEEN 79/07」を披露したり、Perfumeがバレンタインに出す新曲「チョコレイト・ディスコ」が最高だったり、山本梓が「あず☆トラ 〜うる星やつら ラムのラブソング〜」で歌手デビューしたりと、なんだか最近世の中はテクノづいているようです。そこで今回は、テクノ界を陰で支えるインディーズア…

【カオス通信】4コマ漫画雑誌のムーブメントを探る

ヒマつぶしに漫画でも、と思った時に選択肢として上がってくるのがコンビニなどで買える4コマ漫画雑誌。最近、個人的に4コマ漫画の単行本を買う機会が多くなってきたのですが、どうやらこれは4コマ漫画全体の質が向上しているのが原因の予感。今回はそんな漫画の連載元である雑誌をじっくり読み込んでみました。そこに…

【カオス通信】自腹ガチ評価!春のB級映画まつり

映画の醍醐味はB級作品にあり! ということで、大作の影に隠れてひっそりと上映されている「面白いかどうか疑わしい」作品を緊急レポート。全部自腹での鑑賞なので、配給会社やスポンサー絡みのしがらみは一切ナシ。劇場のリアルな雰囲気と作品の真価がここに!■『バブルへGO!!』(監督:馬場康夫)同作品のポスター。阿部…

【カオス通信】メイド喫茶の選び方10ヵ条(暫定版)

秋葉原に数あるメイド喫茶(コスプレ喫茶含む)の中で、私が心から安らげる店は今のところ一軒ほどしかありません。その店は食べ物が美味しく、接客もナチュラル&ハートフルで癒し効果抜群。落ち込んだ時や、心がすさんだ時にそのお店で一服すると、少し元気になれるのです。普通に繁盛している人気店だけに、これ以上混…

【カオス通信】ニューズウィークは萌えているか?

たまたま書店で見かけた日本語版ニューズウィークの表紙がもの凄いことになっていたので、買ってみました。二次元美少女メイドさんが表紙に"ドーン"という、思い切ったレイアウトは圧巻のひと言。"Newsweek"のロゴがなければ、三才ブックス(※1)あたりが出したメイドさんフィーチャー本と勘違いしそうな出来映えです。こ…

【カオス通信】 ラブ&ベリー萌え!アキバ系男子″美少女戦略″に敗北す

私が最初にそのゲームを知ったのは「月刊アルカディア(※1)」の記事だったと思います。第42回AMショー(※2)出展作品情報として掲載された『オシャレ魔女 ラブ and ベリー(以下ラブベリ)』は、カードを使って遊ぶ、女の子向けの着せ替えゲームのようでした。先にヒットしていた『甲虫王者ムシキング』の筐体を流用して…

【カオス通信】海原雄山も″パパ″になれる?″カリスマ育児″の衝撃

不条理&下ネタ全開のギャグマンガで有名な漫画家・榎本俊二氏。彼が自らの"育児体験"を描いた作品が『榎本俊二のカリスマ育児(秋田書店)』です(2007年1月発売)。最初にこの本を見つけた時は「ゲロとかウ○コとかチ○コとかを描きまくる特殊漫画家って、やっぱり儲からないのか……。こんな畑違いの仕事も受けるなんて……」…

【カオス通信】萌えキャラと駆け抜ける!″痛(いた)車″の新たなるヲタク伝説

愛車を自分好みにカスタム(改造)したいという気持ちは、カーオーナーならば誰しもが持つ普遍的な感情です。普通はクルマをより「格好よく」するために、ホイールを換えたり、車高を低くしたり、エアロを装着したり、車体の色を塗り替えたりします。そうすることでノーマル仕様にはない、"自分だけの車"という満足感を得…

【カオス通信】北斗の拳に死兆星!? ラオウの葬儀どころじゃない

2007年4月18日、ラオウの葬儀「昇魂式」が東京・高輪の寺院(高野山東京別院)でとり行われました。ラオウといえば『北斗の拳』の中でも屈指の人気を誇る、漢(おとこ)の中の漢。強敵(とも)の中の強敵であります。世紀末に覇を唱え、命を賭して己の信念を貫いた姿は、北斗ファンに鮮烈な印象を残しました。そのラオウ…

【カオス通信】神話崩壊″ガンダム″も堕つ!売れなくなったアニメDVDの舞台裏

最近、めっきりアニメのDVDを買わなくなりました。どうやらこれは私個人だけのことではなく、アキバ系全体に渡る傾向のようです。私は仕事柄、メーカーの方とお話しすることも多いのですが、みなさん一様に販促には苦労されているようです。例えば初代ガンダムのDVD-BOXが発売されて間もないころ、関係者筋の人が「ガンダ…

【カオス通信 GW特集】ゴールデンウィークで行く!″アキバ巡礼の旅″

皆さんは、"アキバ体験"なるものをしたことはありますか?巷は今まさにゴールデンウィークに沸きかえり、どこへ行っても黒山の人だかり、芋洗い状態なのであります。同じ人混みでもみくちゃにされるのならば、いつでも行ける映画館や遊園地などの定番コースより、いっそのこと"ヲタクの聖地"と呼ばれる秋葉原でディープな…

【カオス通信】オーマイ・ガー!デンジャラスな世界の謎スナックを喰らう

秋葉原で買える物は、電化製品やアキバ系グッズだけではありません。食欲を満たしてくれる"食べ物"にも色々な種類があります。秋葉原というと、"おでん缶"や"ケバブ"などが有名ですが、今回は秋葉原で買えてしまう「輸入食品(お菓子系)」を取り上げてみます。普通に美味なものもありますが、原材料が遺伝子組換えコーン…

【カオス通信】神フィギュア誕生はいつだ!超人気☆美少女グレンラガン″ヨーコ″を予測せよ

今回はフィギュアについて書いてみます。題材として取り上げるのは、何かと話題のTVアニメ『天元突破グレンラガン』です。4話で作画が崩壊したとか、mixi炎上で取締役辞任とか、違った意味でも注目されておりますが、作品自体は普通に面白いので、私も毎週欠かさず観ています。科学考証とかの細かいことは置いておいて、…

【カオス通信】狂喜乱舞のアイドル声優顔出し!ダウンタウンとガチンコ勝負

先日、声優の堀江由衣さんが音楽バラエティ「HEY!HEY!HEY!」出演を果たしました。最初その話を聞いた私は「いったい"ほっちゃん"の心境にどんな変化が?」と非常に驚いたものです。実は私は、彼女が以前同番組からのオファーを断ったことがあるという話を聞いていたのですが、それだけに今回の出演は本当に意外でした(…