【終了しました】トミー・リー・ジョーンズ、西田敏行ら出演の歴史サスペンス 『終戦のエンペラー』舞台挨拶付きジャパン・プレミア試写会にご招待


 日米の名優が豪華競演。第二次世界大戦後の知られざる真実に迫る歴史サスペンス『終戦のエンペラー』が、7月27日より公開される。

 第二次世界大戦で降伏した日本に、GHQを引き連れたマッカーサーが降り立った。A級戦犯の逮捕を命じ、米軍統治を進める一方、彼は日本文化の専門家であるフェラーズ准将に“この戦争の真の意味での責任者を探せ”と極秘の任務を与える。期間はわずか10日間。連合国とマッカーサーの本当の狙いは、そして日本の元要人たちの思惑は。フェラーズ准将は懸命な調査で戦争にまつわる事実を暴き出し、ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが…。

 監督を務めるのは『真珠の耳飾りの少女』、『ハンニバル・ライジング』のピーター・ウェーバー。歴史の裏側に隠された感動のドラマを、日本の再建というテーマとともに描いている。アメリカからは、マッカーサー元帥役に、『メン・イン・ブラック』シリーズのトミー・リー・ジョーンズ、フェラーズ准将役にドラマ『LOST』のマシュー・フォックスが参加。日本からは、『ノルウェイの森』の初音映莉子が物語の鍵を握る女性に大抜擢されたほか、西田敏行や中村雅俊、桃井かおり、片岡孝太郎らが出演する。

 本作品のジャパン・プレミア試写会に5組10名様をご招待。舞台挨拶付きの貴重な機会をお見逃しなく。


『終戦のエンペラー』は、7月27日(土)全国ロードショー

プレゼント概要


『終戦のエンペラー』ジャパン・プレミア試写会
日時7月18日(木)開場18:15/開演18:45
場所丸の内ピカデリー
当選人数5組10名様
※当日はキャスト・スタッフにより舞台挨拶を予定しております。

【応募期間】
6月18日(火)〜 7月5日(金)17時まで
※当選者には、ツイッターのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。

【応募条件】
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)。
・応募に関する注意事項に同意いただける方。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、応募いただいた方のツイート内容には一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、2日間ご連絡がない場合は、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針「プライバシーポリシー」をお読みください。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
 ・応募時の内容に記載不備がある場合。
 ・お客さまのご住所が不明、または連絡不能などの場合。


※本プレゼントは、終了しました※



作品情報


『終戦のエンペラー』 - 公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…