日米の大人気犯罪ミステリーに見る、“実に面白い”ヒットの方程式とは?


ガリレオ“こと福山雅治演じる天才物理学者・湯川学と、吉高由里子演じる強気な女性刑事・岸谷美沙がコンビを組み、怪事件の数々を解決していく「ガリレオ」。一方、人気ミステリー作家リチャード・キャッスルと美人刑事ケイト・ベケットが力を合わせ、ニューヨークの難事件に立ち向かう海外ドラマ「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」。かたや視聴率20%越えを記録し、春ドラマで一人勝ち状態の「ガリレオ」と、全米のファン投票で2年連続“最も好きな犯罪ドラマ第1位”※に輝く「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」。この2つの作品の共通点に、人気獲得の方程式が隠されているようだ。

水と油のコンビが絶妙なコンビネーションを見せ、難事件を次々と解決!

「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」の主人公は、ベストセラー作家のリチャード・キャッスルとニューヨーク市警殺人課の女性刑事ケイト・ベケット。そもそも2人がコンビを組み始めたのは、キャッスルの著作を真似た事件が発生し、ベケットがキャッスルに捜査協力を依頼したのがきっかけ。以来、ミステリー作家ならではの推理力と発想の豊かさを持つキャッスルと敏腕刑事として第一線を走って来たベケットは、名コンビと見なされるまでになる。ただし、リッチなチャラ男のキャッスルとクールでお堅いベケットは正反対の性格を持つ水と油の関係。「ガリレオ」の湯川と岸谷も同様で、容姿端麗、頭脳明晰ではあるが理屈屋の湯川と、そんな彼に戸惑うエリート刑事・岸谷にはコンビ結成当初、名コンビ誕生の兆しはなかった。しかしながら、事件を解決していくうち、徐々に関係を深めるキャッスルとベケット、そして湯川と岸谷が、それぞれの物語を面白くしている。

一筋縄ではいかない風変わりな主人公が、一筋縄ではいかない事件を呼び込む!

キャッスルとベケットが様々な事件に遭遇し、事件の解決を目指すのが毎回の主な流れとなっている「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」。1話完結型の犯罪ミステリーとして楽しく、どこから観始めてもハマれる親しみやすさがあるのも「ガリレオ」との共通点だ。しかも、様々な人間が集う大都市ニューヨークが舞台であるだけに、キャッスルとベケットを悩ませる事件も種々様々。事件が風変わりであればあるほどミステリー作家の性を刺激され、ウキウキしてしまうキャッスルのおかげで(?)、興味深く悩ましい事件が取り上げられているとも言える。それは「ガリレオ」の湯川にも言えることで、「実に面白い」を口癖に事件と向き合う彼の前に立ちはだかる事件もまた、興味深く悩ましいものばかり。キャッスルと湯川、主人公それぞれのキャラクターが、視聴者の知的好奇心を刺激する難事件を呼び寄せている。

主人公が愛すべき変わり者である分、相棒は強く美しくチャーミング!

鋭い思考回路を持つ男性識者には魅力的な女性刑事がお似合い? で「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」のケイト・ベケットは、今や視聴者に大人気。モデル並みの容姿が男性たちに好評なのはもちろん、クールで聡明な雰囲気が女性たちの憧れの的にもなっている。お調子者のキャッスルに手を焼きながらも、容易には流されず、自分を貫く姿勢もチャーミング。また、母親を殺害された過去を持ち、その真犯人を突き止めるために刑事の職を選んだ生い立ちも気になるところだ。そんなベケットのポジションにあたるヒロインを、「ガリレオ」では吉高由里子が演じている。柴咲コウがシーズン1で演じていた内海薫に続き、湯川の新相棒となった岸谷美沙。エリート意識が強い自信家で、歯に衣着せぬ物言いが特徴だが、内海とは異なる魅力を持つ彼女が物語に新風を吹き込んでいるとも言えるところ。2大ヒロイン、ベケットと岸谷の存在も、人気ドラマとしての「キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿」と「ガリレオ」を語る上で欠かせない。

シーズン2最終話で新作執筆のためとしてNY市警を去って行ったキャッスル。シーズン3では、新刊が発売され、キレモノ作家が再び捜査に戻ってくるところからスタート。再び名コンビでの捜査を進めるキャッスルとベケットだったが、今シーズンも「実に面白い」事件の数々が彼らを待ちうける。そしてベケットの母親殺害事件には、思いもよらない展開が! 「ガリレオ」に匹敵する面白さの本作を見るなら今しかない!

※PEOPLE’S CHOICE AWARDS 2012, 2013:Favorite TV Crime Drama 2年連続受賞

キレイめ刑事×キレモノ作家
今、最も人気のある犯罪ミステリ―。
その証拠は、2年連続全米ファン投票第一位!
7.3 レンタル開始!
7.17 コレクターズBOX1発売!

『キャスル ミステリー作家のNY事件簿 シーズン3』特集

オススメエピソード!シーズン2 第17話&18話を無料配信!(9/25まで)
第17話「ニッキー・ヒートに捧げる パート1」
第18話「ニッキー・ヒートに捧げる パート2」
[PR記事]

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

女の子の本音トークにドキッ!!本命チョコは愛か味か【4コマ作家インタビュー】

4コマ漫画は女性にも人気があることはご存じでしょうか。デイリー4コマにも女性から指示されている作品があります。女の子の甘酸っぱい出来事を切り取ったゴンドウケンジ 先生の作品「青春キネマ」です。ちょっとコミカルで、愛らしい女…

かわいい顔で毒を吐く「平成の毒婦マチ子姉さん」 ブレイク中【4コマ作家インタビュー】

現在デイリー4コマで人気急上昇中なのが独女をモチーフにした「平成の毒婦マチ子姉さん」です。かなりキツーい毒を吐く「マチ子姉さん」のキレっぷりに、女性ファンだけでなく男性ファンも続々と「マチ子姉さん」の毒に感染中です。あな…

妖怪の祟りか? 急病から帰還した「妖怪研究家ヨシムラ」再開【4コマ作家インタビュー】

デイリー4コマで一番の人気クリエーターと言えば妖怪?ではなく、「妖怪研究家ヨシムラ」で知られる室井大資 先生です。室井大資 先生は、「妖怪研究家ヨシムラ」の連載が開始された直後から話題を集め、今では角川書店「怪」「コミック…

こんな体罰うけてみたい? 萌える羊っ娘【4コマ作家インタビュー】

デイリー4コマで、萌えパワー全開の作家といえば、「羊っ娘メリーさん」を執筆中の海月れおな 先生です。「羊っ娘メリーさん」は、デイリー4コマでは珍しい萌え属性の作品で、ネコ耳ならぬ羊っ娘がメェ〜と登場します。さらに「新キャラ…

シュールな日常よ コンニチワ【4コマ作家インタビュー】

デイリー4コマでシュールな日常を体感したかったら、ころねぱん 先生の「つとむくんと太郎くん」がおすすめです。ころねぱん 先生は、第1回Y1グランプリ佳作受賞を経て、デビュー。Y-1GPの頃からシュールな作風で話題を集め、現在の「つ…