『スコープ』の検索結果(1ページ目)

ミクロの世界を手軽に観察&撮影!手のひらサイズの万能アイテム「iPhone 4用LED付きマイクロスコープ」【キワモノガジェット通信】

超小型で高性能!iPhone 4以外にも色々使えるスグレモノ♪ちょっと笑ってしまうようなジョークアイテムから実用的なものまで、ケータイやスマートフォンの奇妙で面白い周辺機器を紹介するコーナー「キワモノガジェット通信」。第11回となる今回紹介するのは、iPhone 4のカメラ部分に装着して手軽に観察・撮影が楽しめる「iP…

人工知能からHCIへ グーグルの生みの親が語る、コンピューターと人の関係(1)【テレスコープマガジン】

グーグルの共同創設者ラリー・ページを輩出したことでも知られる、スタンフォード大学 テリー・ウィノグラード研究室。最先端のHCI(ヒューマン=コンピューター・インタラクション)の研究に取り組み、今では、そのパイオニアとして知られるウィノグラード教授も、元々は人工知能(AI)の研究を行っていた。なぜ、AIからHC…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(1)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(2)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(3)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(4)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(5)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(6)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

感覚・体験を共有する タッチ・インターネットが拓く未来(完)【テレスコープマガジン】

ライフジャケットのような服が ぎゅっと体を締め付けると、まるで誰かに抱きしめられているような気分になる。これは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のエイドリアン・チェオク(Adrian Cheok)教授が開発した、遠く離れた者同士でハグする「ハギー・パジャマ」という装置だ。チェオク教授は、触覚を始めとする…

現実世界の情報も探せる、 新たな検索エンジンプロジェクト【テレスコープマガジン】

Googleに代表される検索エンジンによって、ネット上から必要な情報を取り出せるようになった。しかし、検索エンジンで取り出せるのは、当然のことながらネット上の情報に限られ、現実世界でどんなことが起こっているのかをリアルタイムに知ることはできない。英国スコットランドのグラスゴー大学の研究者が中心になって進…

最先端テクノロジーがもたらす健康の未来「メディカル・ヘルスケア」【テレスコープマガジン】

ヘルスマネジメント意識の高まり「自分の身体は、自ら責任をもって管理する」近年、ヘルスマネジメントの意識が社会の中で急速に高まり、一人ひとりの健康を促進する様々なデジタルデバイスが、身の回りの生活に溶け込んでいます。それらは、体脂肪や血圧などの基礎情報から、骨や血管の状態まで目に見えない身体のデータ…

CROSS x TALK「技術は生命を理解できるか?」(1)【テレスコープマガジン】

生物学の視点から出発して「生命とは何か」を思索し続ける福岡伸一氏(生物学者 青山学院大学教授)。一方の阿部裕輔氏(医用工学者、医師 東京大学准教授)は、医用工学の立場で人工臓器を開発し、「生命を救う」手段を研究している。異なる分野に携わる二人が思い描く、生命の本質とは。そこに、技術はどのように関わっ…

CROSS x TALK「技術は生命を理解できるか?」(2)【テレスコープマガジン】

生物学の視点から出発して「生命とは何か」を思索し続ける福岡伸一氏(生物学者 青山学院大学教授)。一方の阿部裕輔氏(医用工学者、医師 東京大学准教授)は、医用工学の立場で人工臓器を開発し、「生命を救う」手段を研究している。異なる分野に携わる二人が思い描く、生命の本質とは。そこに、技術はどのように関わっ…

CROSS x TALK「技術は生命を理解できるか?」(3)【テレスコープマガジン】

生物学の視点から出発して「生命とは何か」を思索し続ける福岡伸一氏(生物学者 青山学院大学教授)。一方の阿部裕輔氏(医用工学者、医師 東京大学准教授)は、医用工学の立場で人工臓器を開発し、「生命を救う」手段を研究している。異なる分野に携わる二人が思い描く、生命の本質とは。そこに、技術はどのように関わっ…

CROSS x TALK「技術は生命を理解できるか?」(4)【テレスコープマガジン】

生物学の視点から出発して「生命とは何か」を思索し続ける福岡伸一氏(生物学者 青山学院大学教授)。一方の阿部裕輔氏(医用工学者、医師 東京大学准教授)は、医用工学の立場で人工臓器を開発し、「生命を救う」手段を研究している。異なる分野に携わる二人が思い描く、生命の本質とは。そこに、技術はどのように関わっ…

CROSS x TALK「技術は生命を理解できるか?」(5)【テレスコープマガジン】

生物学の視点から出発して「生命とは何か」を思索し続ける福岡伸一氏(生物学者 青山学院大学教授)。一方の阿部裕輔氏(医用工学者、医師 東京大学准教授)は、医用工学の立場で人工臓器を開発し、「生命を救う」手段を研究している。異なる分野に携わる二人が思い描く、生命の本質とは。そこに、技術はどのように関わっ…

CROSS x TALK「技術は生命を理解できるか?」(6)【テレスコープマガジン】

生物学の視点から出発して「生命とは何か」を思索し続ける福岡伸一氏(生物学者 青山学院大学教授)。一方の阿部裕輔氏(医用工学者、医師 東京大学准教授)は、医用工学の立場で人工臓器を開発し、「生命を救う」手段を研究している。異なる分野に携わる二人が思い描く、生命の本質とは。そこに、技術はどのように関わっ…

メディカル・デザインの現在、近未来、遠未来(1)【テレスコープマガジン】

医療における現場で、医師や科学者、エンジニアとともに、近年では重要な役割を担うのがデザイナーだ。医療器具の形状や色をデザインするだけではなく、その職能はテクノロジーとともに深化して、全体的なシステムを描く存在としての期待が高まっている。いくつかの事例を見ながら、これからの"医療のかたち"をデザインの…

メディカル・デザインの現在、近未来、遠未来(2)【テレスコープマガジン】

医療における現場で、医師や科学者、エンジニアとともに、近年では重要な役割を担うのがデザイナーだ。医療器具の形状や色をデザインするだけではなく、その職能はテクノロジーとともに深化して、全体的なシステムを描く存在としての期待が高まっている。いくつかの事例を見ながら、これからの"医療のかたち"をデザインの…

メディカル・デザインの現在、近未来、遠未来(3)【テレスコープマガジン】

医療における現場で、医師や科学者、エンジニアとともに、近年では重要な役割を担うのがデザイナーだ。医療器具の形状や色をデザインするだけではなく、その職能はテクノロジーとともに深化して、全体的なシステムを描く存在としての期待が高まっている。いくつかの事例を見ながら、これからの"医療のかたち"をデザインの…