ソフトバンク、海外で1日90円の定額データ通信ができるワイモバイル向け料金プラン「Pocket WiFi 海外データ定額」を4月24日に提供開始!専用モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 701UC」も発売



Y!mobileでuCloudlinkのクラウドSIMを利用したモバイルWi-Fiルーターサービスがスタート!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は17日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」においてモバイルWi-Fiルーター向けに海外でもデータ通信を定額で利用できる新料金プラン「Pocket WiFi 海外データ定額」を2018年4月24日(火)に提供開始すると発表しています。

料金は月額基本料が3,980円(金額は注記がない限りすべて税別)で普段は国内で月間7GBまで使え、さらに海外に行った場合も海外利用料が1日90円(海外利用料は免税)の追加料金で国内とは別に月間7GBまでデータ通信が使える料金プランです。なお、キャンペーンとして2018年6月30日(土)までは海外利用料が無料となるとのこと。

また、提供開始に合わせてPocket WiFi 海外データ定額の専用機種としてモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 701UC」(uCloudlink製)を同日に発売し、価格は公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」では本体代37,800円(分割1,050円/月×36回)で月額割引-1,050円/月×36回の実質負担額0円となっています。


Pocket WiFi 海外データ定額は3年間を契約期間として利用いただく料金プランとして月額基本料3,980円(契約期間を伴わない契約の場合は月額基本料は5,980円)で、国内で毎月7GBのデータ通信を利用できるモバイルWi-Fiルーター向けの料金プランです。既存の「Pocket WiFi プラン2」と専用オプション「海外データ定額」を組み合わせたもの。

さらに海外での利用時には1日90円の海外利用料を追加で支払うだけで、国内利用分とは別に毎月7GBのデータ通信を世界100以上の国と地域で利用可能となっています。上限の7GBを超えた場合は国内では上下最大128Kbpsに速度制限され、500MBごとに500円チャージすることで制限を解除可能。

一方、海外で7GBを超えた場合は上下最大64Kbpsに速度制限され、さらに制限解除することはできないとのこと。海外利用における日付はどの国・地域に滞在していてもグリニッジ標準時(GMT)を基準とするということです。その他、海外で月間7GBを6カ月連続で超過した場合にオプションが強制解除となる場合がある海外データ定額が強制解除となる場合があるとしています。


専用機種のPocket WiFi 701UCは、データ通信の利用量などを簡単に確認できる約4インチWVGA(480×800ドット)TFT液晶と5350mAhの大容量バッテリーを搭載したモバイルWi-Fiルーターで、海外ではuCloudlinkが提供する「CloudSIM Platform」を通じて滞在する国や地域の通信事業者のネットワーク情報が自動で書き込まれ、そのネットワークに接続できます。

これにより、海外ローミングや通信事業者ネットワークなどの設定をすることなく、そのまま海外でデータ通信が利用可能。サイズは約65×126.5×19mm、質量は約240g、本体カラーはゴールドの1色のみ。連続通信時間は約18時間、連続待受時間は約1070時間。充電などの端子はUSB Type-A(USB 2.0)。



携帯電話ネットワークにおける対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および2、3、4、5、8、17、19、TD-LTE方式(AXGP方式)でBand 38および39、40、41、3GのW-CDMA方式でBand IおよびII、IV、IX、V、VI/XIX、VIII、XI、2GのGSM方式で850および900、1800、1900MHz。

通信速度は下り最大72Mbpsおよび上り最大37.5Mbps。無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11b/g/n準拠で、最大同時接続台数は5台まで。SIMカードは海外で使うためのクラウドSIMのほか、nanoSIMカード(4FF)スロットが2つ搭載されており、国内ではこれらの1つにY!mobileのSIMカードを装着して利用するようになっています。なお、SIMロックはかかっていないとのこと。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・“ワイモバイル”、1日90円の追加料金で海外でもデータ通信を定額で利用できる「Pocket WiFi 海外データ定額」を開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・海外でのWi-Fiがなんと!世界中で気楽にネットが楽しめる、海外データ定額。Pocket WiFi 701UC |Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
・Pocket WiFi 701UC|Pocket WiFi|製品|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コ…