【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」


「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。

「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に対応する。通信速度は従来比の約1.25倍にスピードアップしており、最大512kbpsの高速データ通信が可能となる。ウィルコムが計画している基地局回線の光IP化によって、将来的には同じ端末で約800kbpsのデータ通信も可能となるという。

本製品は、電波の状態に応じて最適な変調方式をより速く自動的に選択することで、安定した通信が行える「高速適応変調方式」を採用しており、遅延速度(RTT)を大幅に改善したレスポンスの速いデータ通信が実現する。通信速度の高速化により、快適なデータ通信を実現する。

本体サイズは、54×127×10mm(アンテナ収納時)、重さは、約62g。

※「W-OAM typeG」とは、ウィルコムのPHS高度化通信規格で、電波の状態に応じてより高速な変調方式を自動的に選択できる。これまでの「W-OAM」の「8PSK」、「QPSK」、「BPSK」の3つの変調方式に加え、より高速な変調方式である「64QAM」、「32QAM」、「16QAM」にも対応している。電波状態が良好な時には、より高速な変調方式によるデータ通信が可能となり、またこれまでの「W-OAM」と同様に、電波状態が不安定な時には、安定性が高い変調方式を自動的に選択する。

ウィルコム

編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…