LTEや3Gに対応したスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表!単体利用でき、iPhoneの番号で通話可能――日本でも9月15日予約開始、9月22日発売、watchOS 4は9月19日配信



LTE対応スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表!9月15日予約開始&9月22日発売

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催し、新たにLTE方式を含む携帯電話ネットワークに対応した第3世代のスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表しています。

日本を含む1次販売国・地域では2017年9月15日(金)に事前予約受付を開始し、2017年9月22日(金)に発売され、すでに日本の公式Webストア「Apple Store」では9月15日16時01分から予約開始することが案内されているほか、日本ではNTTドコモやau、 SoftBankからも販売されることが明らかにされています。

日本におけるApple Storeで案内されている価格(税別)はLTEに対応したCellular+GPSモデル(SIMフリー)が45,800円から、携帯電話ネットワークに対応しないGPSモデルが36,800円からで、既存の初代「Apple Watch」も販売が継続され、「Apple Watch Series 2」は販売終了とのこと。なお、アメリカではCellular+GPSモデルが399ドル(約44,000円)から、GPSモデルが329ドル(約36,000円)から。

また既存のApple WatchやApple Watch Series 2向けに新しいOS「watchOS 4」を2017年9月19日(火)より提供開始すると発表しています。日本時間では9月20日(水)未明(通常通りなら2時頃)で、新たに心拍センサーの機能が強化されるなどしています。







Apple Watch Series 3は同社のスマートウォッチ「Apple Watch」シリーズの第3弾で、新たにLTEを含む携帯電話ネットワークに対応したCellular+GPSモデルが用意されました。

これにより、iPhoneなどと連携しなくても通話やデータ通信が直接行え、Siriなどの利用もそのまま使えるようになります。また組み込み型のeSIMを内蔵し、iPhoneと同じ携帯電話番号を利用できるということです。

さらにApple Watch Series 3単体で音楽配信サービス「Apple Music」にある4000万の曲を聴くことが可能。サイズはApple Watch Series 2と同じで38mmモデルが約38.6×33.3×11.4mm、42mmモデルが約42.5×36.4×11.4mm、質量は38mmモデルが約28.2gから、42mmモデルが約34.2gから。防水機能はより強化され、従来よりも高い50メートルの耐水性能に対応しています。











またデザインとしてはこれまでのApple Watch Series 2と同じとなっているものの、目印として赤いデジタルクラウンを採用。その他、バンドは従来のシリーズのものを使いまわせるとのことで、既存製品と同じくバンド幅38mmと42mmのモデルがそれぞれ用意されています。

画面はApple Watch Series 2と同じ第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイとなり、明るさが2倍の1000nit、強化ガラス「Ion-Xガラス」を採用し、38mmモデルが272×340ドット、42mmモデルが312×390ドット。Cellular+GPSモデルではボディーがサファイアクリスタル(ステンレススチールケースとセラミックケース)とセラミック裏蓋なのに対し、GPSモデルは既存製品と同じ複合材裏蓋。

新たにより高速なデュアルコアプロセッサー「S3」やワイヤレスチップセット「W2」を搭載し、無線LAN(Wi-Fi)では80%高速化、Bluetoothでは50%の高効率化へと向上したとのこと。また小型デバイスで多数の周波数帯に対応するため、ディスプレイをアンテナとして使う技術を用いているという。














Apple Watch Series 2で対応していたFeliCaによる決済サービス「Apple Pay」にも対応。位置情報取得はGPSのほか、GLONASSおよびQZSSにも対応。また気圧高度計や心拍センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、環境光センサーを内蔵。内蔵ストレージはCellular+GPSモデルが16GB、GPSモデルが8GB。電池はともにリチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵で、最大18時間。ワイヤレス充電のほか、USB電源アダプターで充電可能。

通信方式ではWi-Fiが2.4GHzのみのIEEE802.11a/b/g準拠、Bluetoothが4.2に対応。Cellular+GPSモデルの携帯電話ネットワークは日本やドイツ、フランス、イギリス、スイスなどで販売される38mmモデル(型番:A1889)および42mmモデル(型番:A1891)では4GのFDD-LTE方式におけるBand 1および3、5、7、8、18、19、20、26、3GのW-CDMA方式における800および850、900、2100MHz。

その他、対応周波数帯の異なるアメリカやカナダなど向けの38mmモデル(型番:A1860)および42mmモデル(型番:A1861)、中国向けの38mmモデル(型番:A1890)および42mmモデル(型番:A1892)の各3モデルが販売されます。詳細は公式Webページ「Apple Watch - 通信事業者 - Apple(日本)」をご参照して下さい。


Apple Watch Series 3











watchOS 4は9月19日にリリース



Apple Watchは年ごとに50%の販売数増加


去年はロレックスに次いで2位だったが、今年はついに腕時計で販売1位に


Apple Watchシリーズの購入者の97%が満足


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Apple Watch Series 3 features built-in cellular and more - Apple
・Watch - Apple(日本)
・Apple Events - Keynote September 2017 - Apple

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

日本全国が無線LANスポットに!「どこでもWi-Fi」【ケータイラボ】

最近は、無線LAN機能を搭載するデジタルグッズが増えてきた。ニンテンドーDSiやプレイステーションポータブル(PSP)は無線LANで対戦型ゲームを遊べるし、iPod touchは無線LANを利用してネットサーフィンも楽しめる。無線LANは携帯型デ…

ケータイでFTTH並みの速度を実現!次世代の通信規格「LTE」の最前線【最新ハイテク講座】

最近の携帯電話は、メール機能や音楽再生機能、デジカメ機能など多機能化が進んでいるが、そんな携帯電話に新たな展開が見え始めている。総務省は2009年1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針…

携帯は無料通話になるのか? ノキアのケータイ対応するSkype【気になるトレンド用語】

世界的な携帯電話メーカーであるノキアが同社の携帯電話で無料通話のSkypeに対応すると発表しました。Skypeは、P2P技術を使い無線LANなどを介してSkype同士での無料通話ができるアプリケーションとサービスです。ノキアは、2009年第3四…

報道番組の裏側を伝える!日本テレビ「ZERO 写真展」を開催へ

株式会社リコーは、フォトギャラリー「RING CUBE」において写真家 大村克巳氏による「ZERO 写真展」を2009年4月1日より開催する。「ZERO 写真展」は、大村克巳氏が日本テレビで放送中のニュース番組「NEWS ZERO」に密着し、番組を支える出演者…

有名ブランド製品の半値も? お値打ち地デジ対応液晶テレビを探せ【ネット物欲魂】

一時は高額家電の代名詞だった液晶テレビだが、地上デジタル放送への移行が近づくにつれ、価格破壊が起こっている。地上デジタル放送のハイビジョン映像を楽しむためには、ハイビジョン対応テレビが必要だ。自宅のテレビが未対応の場合…