ソフトバンク、SoftBank向け新料金プラン「データ通信専用50GBプラン」を3月17日より提供!月50GBで月額5280円



SoftBank向け新料金プラン「データ通信専用50GBプラン」が3月17日に提供開始!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにおいてiPadやタブレット、モバイルルーターなどのデータ通信用の新料金プラン「データ通信専用50GBプラン」を発表しています。2021年3月17日(水)より提供されるとのこと。

なお、データ通信専用50GBプランの提供開始に伴って既存の「データプランメリハリ」は2021年3月16日(火)をもって新規申込受付を終了し、「データプランミニフィット」は4Gおよび5G対応機種での新規申込受付を3月16日で終了するということです。


データ通信専用50GBプランは3Gおよび4G、5Gに対応したデータ通信が利用できる料金プランで、基本プラン(データ)の月額税抜980円(税込1,078円)とデータプラン50GB(データ通信)の月額税抜3,820円(税込4,202円)の組み合わせで合計月額税抜4,800円(税込5,280円)で使えます。

50GBを超過した場合には請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化し、追加データを購入することで速度制限されずにデータ通信を利用可能です。また時間帯によって速度制御を実施するとのこと。SMSや海外でのご利用分などは対象外。

利用料は加入月に解約する場合を除いて解約月については定額料の日割り計算は行いません。また新みんな家族割の割引および回線数カウントの対象外となっています。なお、SoftBankではデータ通信製品をスマートフォン(スマホ)とセットで利用する場合には「データシェアプラス」を引き続いて提供します。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・“ソフトバンク”、4G/5G共通の料金サービス「データ通信専用50GBプラン」を提供開始 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
・ソフトバンク

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コ…

【カオス通信】記事バックナンバー

・人気声優になるための4大法則 - 2008年10月31日10時00分・フィギュア原型師、アニメ見本市、初音ミクのイベント潜入記 - 2008年10月24日10時00分・あややから江頭2:50まで。謎の発掘グッズ探訪 - 2008年10月17日10時00分・「タメシ買…