KDDIが200億円でIoTベンチャーのソラコムを買収!記者発表会で語られた今後の展望とは?【レポート】



KDDIがソラコムを子会社化!説明会をレポート

KDDIは2日、国内外でIoT(Internet of Things;モノのインターネット)通信サービスを手がけるソラコムの株式を2017年8月下旬をめどに取得し、連結子会社とすることを発表した。またKDDIとソラコムは8日、この買収については都内にて「KDDI・ソラコム共同記者会見」を開催し、買収の経緯や両社の期待などについて説明した。

ソラコムのIoTプラットフォームは、さまざまなデバイスをセキュアなモバイル通信でクラウドやサーバーと接続するサービスだ。IoTデバイスには仮想移動体通信事業者(MVNO)としてデータSIMを提供し、ワンストップでシステムを構築できるところにスピーディーさとローコスト運用を可能としている。

KDDIは昨年12月にスタートしたIoT向け回線サービス「KDDI IoTコネクト Air」をソラコムと共同開発している。本記事では、記者発表で語られた両社の思惑と今後の展望について紹介していく。


ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏は子会社化によって「MVNOとしての活動ではキャリアにセルラーLPWA(Low-Power Wide-Area Network)の設備を開放してもらう必要があった。今回の取り組みによって、セルラーLPWAや5Gをより密にこれまでにないような形で協業ができる」と話す。

これには顧客へ提供するスピードが早まるだけではなく、5Gをはじめとする最新の通信技術をいち早く導入できるというメリットもある。


またKDDIグループへの参画について玉川氏は「セルラーLPWAや5Gサービスの早期開始、クラウド上で展開するコア通信サービスの拡大、グローバルでの交渉力・営業力、資金調達・リソース調達はKDDIをパートナーとすることがベスト」と話し、より一層の経営の安定感を維持することと、新たなチャレンジを創出できる基盤づくりができるようになるわけだ。


今後の展望として「ソラコム単独では為し得ないような大きな事業をKDDIと一緒にやっていきたい。さらなるIoTサービス、次世代のネットワーク基盤構築をKDDIと密し、進化したプラットフォームをお客様に提供していきます」と語った。


一方、KDDI ソリューション事業本部 ソリューション事業企画本部 副本部長の藤井彰人氏は、ソラコムについて「技術力、通信のコアの難しい部分まで開発出来る技術力とスピード感、そしてスモールスタートの企業ニーズにあったコミュニケーション能力の高さを評価している」と話し、KDDIの顧客である大企業だけではなくスタートアップ企業など小規模なビジネスも対応できることに期待を寄せていた。


また同社 バリュー事業本部バリュー事業企画本部長の新居眞吾氏は「回線管理、デバイス管理においてソラコムのテクノロジーを使ったサービスを提供しているが、より進化した形で顧客のニーズに対してソラコムが開発してKDDIのサービスとして提供することができるようになる」と話し、ソラコムとKDDIが持つ強みとあわせて新たなIoTビジネスを創出する考えだ。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・株式会社ソラコムの子会社化について | 2017年 | KDDI株式会社

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コ…