『映像』の検索結果(1ページ目)

【ケータイラボ】音楽だけでなくムービーが楽しめる映像ケータイ!「P903iX HIGH-SPEED」

映像ケータイ。また新しい名称が与えられたケータイが発売になった。ドコモから発売されたパナソニック製の携帯電話「P903iX HIGH-SPEED」(以降P903iX)がそれだ。FOMAではじめてWindows Media Video対応プレーヤーを搭載した端末である。まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく"約"は省略させていただいた。…

PS3の頭脳がパソコンを救う!驚異の映像処理チップ「SpursEngine」【最新ハイテク講座】

地上デジタル放送の開始に向け、テレビ放送のハイビジョン化をはじめとするハイビジョンの波が押し寄せている。次世代レコーダーのブルーレイレコーダーはいうに及ばず、愛児を記録するデジタルビデオカメラでもハイビジョン化が進み、綺麗な映像を誰でも撮れる時代になった。ハイビジョンの映像は高画質であるため、今利…

タッチパッドに映像が!世界初のDSみたいなネットブック【まってたぞ!侍ネットブックの逆襲】

パソコンの話題といえば、今やミニノートPC。通称「ネットブック」と呼ばれる小型で低価格なノートパソコンだ。6万円前後から4万円で購入できる機種まで登場し、一躍パソコン市場の超人気アイテムとなったが、現在のネットブック市場は先行した外国メーカーが中心で国内メーカーは大きく出遅れた格好だ。ノートパソコンと…

高画質の映像が撮れる!本格ハイビジョンムービーケータイ「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」【09夏ケータイ au編】

auがこの夏の新端末に掲げるキーワードは「去年と違う夏」。ハイビジョンムービーで去年と違う夏を過ごそうというコンセプトから生まれたのが、ムービーケータイ「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」だ。「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」は、ハイビジョン※での撮影を実現したムービーケータイで、光学3倍ズームによって高画質を維…

スピルバーグやルーカスも3D宣言!3D映像の最前線【最新ハイテク講座】

今年は「3D映画元年」といわれるほど、映画業界に3次元の波が押し寄せている。ハリウッドでは全社を挙げて3D映画の制作に突入している。・「3D新時代」が到来 ハリウッド映画の完成度と2つの映像技術 - IT-PLUS国内でも日本初の3D映画「戦慄迷宮3D」が製作され、ハリウッドなどの海外作品とあわせると10本以上の3D映画…

3D映像技術も展示!最先端IT総合展「CEATEC JAPAN 2009」を開催【CEATEC JAPAN 2009】

2009年10月6日〜10日の5日間、千葉の幕張メッセにおいて、アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2009」が開催される。入場料は一般1000円、学生500円。会期最終日の10日は入場無料。本年は「デジタルコンバージェンスが明日をつくる、未来へつなぐ。」を開催テーマに、部品・デバイスから完成品…

3D映像で未体験の世界へ!旭山の動物たちが銀座にきた

- この冬、銀座 ソニービルには北海道の魅力が満載 -ソニービルは、旭山動物園監修のもと、ソニービル全館で「旭川市×ソニービル ハイビジョン旭山動物園」を開催中だ。期間は2009年12月22日より2010年1月17日まで。入場は、無料。■やさしい気持ちが芽生えて欲しい - 旭山動物園の坂東園長旭山動物園は、北海道旭川市にあ…

誰もが驚愕の映像!3Dテレビ「3D VIERA」が美しい理由【最新ハイテク講座】

東京国際フォーラム ホールB7において、パナソニックの3Dテレビ「3D VIERA」の全貌がついに明らかとなった。来場者は別室に設けられた試写室にて、「3D VIERA」による3次元の映像を視聴することができた。あまりにリアルな3D映像に、誰もが驚きを隠せないといった反応であった。・時代は3Dへ!パナソニック、次世代の3Dテ…

リビングにも3D映像を!ソニー、液晶テレビ「3Dブラビア」の魅力とねらい

圧倒的な映像体験でますます人気の3D映画。「3D元年」といわれる今年、3Dは映画館だけの話ではなくなり、一般の家庭でも3D映像を楽しめるようになる。ソニーの志は、「3D is YOURS 〜ソニーは3Dをすべての人へ〜」。より多くの人々に3D映像を楽しんでもらえるように、同社は液晶テレビ「ブラビアシリーズ」として、リビン…

iPhoneや3D映像に対応!映画館並みの大画面を手軽に見られるアイテム

シネックスは2010年3月31日、ドイツCarl Zeiss社製の3D対応iPod/iPhone向けのビデオアイウェア「cinemizer plus(シネマイザー プラス)」の発売を開始した。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、5万4,800円(税込み)。■迫力の大画面とサウンドを実現cinemizer plusは640×480の高解像度に対応し、約2メートル先に…

3D映像をブルーレイ高画質で!万能型マルチメディアプレイヤーが登場

サイバーリンクは、動画再生ソフトウェア PowerDVD 10 シリーズのパッケージ版を2010年4月23日より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。標準価格は、PowerDVD 10 Ultra 3Dが13,440円(税込み)、PowerDVD 10 Ultra 3D アップグレード版が11,340円(税込み)、PowerDVD 10 Standardが5,800円(税込み)。同社は…

ソニー次世代3D映像への挑戦!体験イベントを開催へ

ソニー株式会社は、「クワガタの視点」から昆虫や森を撮影した「クワガタ・ウォーク 〜ソニーの3D映像で昆虫体験」、「空を飛ぶ人の視点」で撮影した「空飛ぶ人間の目 〜ソニーの次世代3D映像への挑戦〜」の3D映像体験イベントを開催すると発表した。「ソニーは今後も、様々な3D映像によって、お客様に夢と感動を提供して…

デジタル維新到来!自宅でアバター3D体験、そして究極の映像革命へ【Win7パソコン頂上への挑戦】

ちまたでは幕末維新や龍馬ブームで盛り上がっているが、デジタル業界もまさに維新到来といった様相を呈しつつある事をご存知だろうか。とりわけ組み立てパソコン(BTOパソコン)の業界においては、これまでにない新技術の波が押し寄せている。数ある新技術の中でもとくに注目株は、インテルの最強最速プロセッサー「インテ…

【速報】新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼

ソニーは2010年5月11日、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として、「NEX-5」「NEX-3」の2機種を発表した。両機は、新開発の有効約1420万画素の「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とフルハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタルカ…

掃除ロボットも披露!3Dパソコンの映像も楽しめた「MSIお客様大感謝祭」

MSIは2010年6月26日、カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店において、一般のパソコンユーザー向けに「MSIお客様大感謝祭」を開催した。「MSIお客様大感謝祭」では、「COMPUTEX TAIPEI 2010」で披露された日本未発売の製品をはじめ、現在開発中の試作品が展示された。■世界初3Dマルチタッチ液晶一体型PCで3D体験来場者…

【速報】美しい映像を実現!三菱、3D表示対応レーザーテレビを発売へ

映画界で話題の3D映像が注目を集めていることから、今後はブルーレイディスクなどのパッケージコンテンツや3D放送の増加と合わせ、3D市場が拡大すると見込まれます。そうした3D市場に対し、三菱電機は新たな商品を投入する。三菱電機株式会社は2010年7月29日、色鮮やかな映像を大画面で楽しめ、さらに高画質の3D映像も楽…

iPhoneやiPodで美しい3D映像を!グラスウェア「cinemizer plus」

シネックスは2010年7月28日、報道関係者向けにカールツァイスの新製品発表会を開催した。カールツァイスは、ドイツの光学機器メーカーであり、ソニーのデジカメやノキアの端末にレンズを供給している。今回発表されたグラスウェア「cinemizer plus」は、メガネのように掛けることで、45インチの画面を1.8m離れた場所から見…

ハードディスクとブルーレイを搭載!3D映像も楽しめる「録画テレビ」が登場

薄型テレビ市場は、エコポイント制度の効果もあり、2011 年7 月の地上デジタル放送への完全移行に向けて、本格的な需要期を迎えている。特に、テレビと録画機器との接続の手間が無く、手軽に録画・再生ができる録画機能付きテレビに対するニーズは拡大傾向にある。そうした薄型テレビ市場に向けて、三菱電機が新製品を投入…

NECの底力を見た!迫力ある3D映像を楽しめるVALUESTAR Nの3D対応モデル【週アスLive!】

アスキー・メディアワークスが本日開催している、週刊アスキー800号を記念した大感謝イベント「週アスLive! 週刊アスキー800号記念やりすぎましたスペシャル」の目玉のひとつは、協賛ブースによる最新テクノロジーのお披露目だ。今回は、数あるブースの中からとくに興味を惹かれたブースをピックアップして紹介しよう。NEC…

自宅が3D映画館だ!迫力の立体映像が楽しめる「NVIDIA 3D VISION」【週アスLive!】

先週末、週刊アスキーファンや自作PC好きのための祭典「週アスLive! 週刊アスキー800号記念やりすぎましたスペシャル」が、都内 秋葉原のUDXビルにおいて開催された。興味をそそられるイベントや新製品の中から、とくに注目を浴びたものを、ここで紹介しよう。NVIDIAのブースでは、家庭のパソコンでも3Dを楽しめる「NVIDIA…