ワイモバイル向け低価格なエントリースマホ「Libero S10」が発表!縦長5.7型FHD+液晶やS450、3GB RAM、防水・防塵などで11月上旬発売



Y!mobileから低価格なエントリースマホ「ZTE Libero S10」が登場!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」としてアスペクト比9:18の縦長な約5.7インチディスプレイを搭載したエントリースマートフォン(スマホ)「Libero S10」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2019年11月上旬以降を予定し、発売に先立って10月9日(水)より事前予約受付を実施し、販売はワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて行われます。なお、価格はワイモバイルオンラインストアでは本体価格が税抜28,800円(税込31,680円)を予定し、新規契約および他社から乗り換え(MNP)では改正電気通信事業法に順じた割引を行うことで実質1万円程度になる見込み。

また2020年2月29日(土)までにワイモバイルのXperia 8を購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )をシャープが実施します。


Libero S10はこれまでSoftBank向けに販売されてきたZTE製スマホ「Libero」シリーズの最新モデルで、前機種「Libero 2」と同様にスペックを抑えて低価格な路線を継承し、日本市場でニーズの高い防水(IPX7準拠)および防塵(IP5X準拠)に対応したほか、背面には指紋センサーを搭載しています。

画面はノッチやパンチホールといった切り欠きのない縦長な約5.7インチFHD+(1080×2160ドット)TFT液晶で、濡れた手でも操作がスムーズにできる「ウェットタッチ」や手袋を着けた手でも操作ができる「手袋モード」に対応しており、雨の日や寒い日の外出先でもストレスなく使えます。

基本スペックはQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 450(SDM450)」(オクタコアCPU「1.8GHz×8」)および3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3100mAhバッテリー、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子、IEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPSなど)など。



またカメラは背面に約1300万画素CMOSと測位用の約200万画素CMOSのデュアルリアカメラを搭載し、背景ぼかしに対応することで被写体を際立たせた高品質な写真撮影が手軽に楽しめるほか、人物撮影に特化したポートレート撮影のモードでは被写体の顔色が明るく見えるように自動で調節をします。前面は約500万画素CMOSフロントカメラに。

サイズは約152.7×73.2×8.4mm、質量は約165g、本体カラーはホワイトおよびネイビーの2色展開。連続通話時間および連続待受時間はFDD-LTE網で約1440分および約460時間、AXGP網で非対応および約470時間、W-CDMA網で約1800分および約450時間、GSM網で約1900分および約400時間、充電時間は約135分(USB Type-C PD対応 ACアダプター)または約160分(USB Type-C 急速充電ACアダプター)。


OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をプリインストールし、文字フォントやアプリのアイコンを大きく表示することで、見やすくなる「かんたんモード」のほか、片手で操作がしやすいように画面を縮小して表示させることができる「片手モード」にも対応するなど、快適な操作を可能にする機能が充実しています。

携帯電話ネットワークはキャリアアグリゲーション(CA)に対応せず、下り最大112.5Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsで、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズが1つ。対応周波数帯はFDD-LTEでBand 1および2、3、8、28、TDD-LTE(AXGP)でBand 41、W-CDMAでBand IおよびII、IV、VIII、GSMで900および1800、1900MHz。VoLTE(HD+)やVoLTE、HD Voice(3G)をサポートし、Massive MIMOには非対応。ワンセグやフルセグ、FeliCa、NFCには非対応。







【Y!mobile向け「Libero S10」の主な仕様】
通信方式こちら( http://ymobileofficial.eng.mg/3919b )をご覧ください。
最大通信速度(下り/上り)112.5Mbps/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約152.7×73.2×8.4mm/約165g
連続通話時間/連続待受時間FDD-LTE網約1440分/約460時間
AXGP網−/約470時間
W-CDMA網約1800分/約450時間
GSM網約1900分/約400時間
フルセグ/ワンセグ−/−
ディスプレイ約5.7インチフルHD+(1080×2160ドット)
TFT
カメラ(有効画素数)背面約1300万画素+約200万画素
前面約500万画素
防水/防塵IPX7/IP5X
おサイフケータイ
CPU(クロック数/チップ)オクタコア(1.8GHz)/SDM450
内蔵メモリー(RAM)3GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージ/推奨容量microSDXCカード(別売り)/最大512GB
電池容量3100mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
BluetoothVer.4.2
OSAndroid 9.0 Pie
カラーバリエーションホワイト、ネイビー
メーカーZTE




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Libero S10 関連記事一覧 - S-MAX
・“ワイモバイル”、秋冬商戦向けに4機種のスマートフォンを投入 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
・Libero S10|スマートフォン|製品|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…