一足先にWiMAX体験 便利な韓国のレンタルサービス【世界のモバイル】


日本でも来年からWiMAXサービスが開始される予定だが、お隣の韓国では2006年からWiMAXのサブセット版と言えるWiBroサービスが提供されている。高速移動中でも小型のモデムやUMPC、携帯電話型端末などを利用して快適にインターネットへアクセスできるのだ。今回は旅行者でも利用できるWiMAXサービスのWiBroモデム レンタルを紹介しよう。

■ノートPCで利用できるWiBroモデムをレンタル
韓国でWiBroを提供しているのはSK TelecomとKT(Korea Telecom)の2社。このうちKTがレンタルサービスを行っている。なおKTは傘下に携帯電話のKTFを持っているが、KTFは韓国用の携帯電話のみのレンタルを行っている。WiBroのレンタルはKTFではなくKTが行っている点を覚えておこう。

WiBroモデムは実は日本でもレンタルすることが可能だ。羽田空港にはKTのカウンターやレンタル代理店があり、日本を出発する前にWiBroモデムをレンタルし、韓国到着後すぐに利用開始できる。なおレンタル申し込み時にはノートPCの設定など若干時間がかかることがあるため、空港には早めに到着しておくとよい。

一方韓国の空港でもKTのカウンターでWiBroモデムをレンタルできる。羽田空港ではWiBro単体のモデムしかレンタルできないが、仁川国際空港ではそれに加えてWiBroとHSDPAのデュアルモデムも提供されている。KTのWiBroサービスエリアは現時点ではソウル市内と仁川国際空港などのみであり、サービスエリア外の他の都市へ行く予定のある人は韓国でWiBro+HSDPAのデュアルモデムを借りたほうがいいだろう。

料金はWiBro専用モデムが5000ウォン/日、WiBro+HSDPAモデムが8000ウォン/日だ。どちらも定額利用が可能である。1日約500円〜800円で定額利用できるのであれば、ホテルのLAN接続が有料であるときなどはこちらを使ったほうが安上がりだ。

なお端末のデポジットとしてそれぞれ50,000ウォン、100,000ウォンがレンタル時に必要となる。料金支払いはクレジットカードの利用も可能で、レンタル時にレンタル期間分の料金を一括で支払いすることになる。デポジットは返却時に返金だが、クレジットカード利用時はデポジットはレンタル時には請求されず、返却時にカードの控えを破棄してくれる(海外のホテルに宿泊したときのデポジット支払いと同様である)。

モデムはUSBタイプで、対応するOSは現時点ではWindows XPとWindows Vistaのみとなっている。Macintoshへの対応を早期に望みたいところだ。
仁川国際空港のKTカウンター

共有する

関連記事

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…

【世界のモバイル】1回線契約なのに複数の端末が利用できる!海外のマルチSIMカードサービスの恩恵

一人で複数の携帯電話を利用したり、ノートPC用にデータ通信カードを利用するなどの回線を複数契約して利用しているユーザーも多いだろう。利用する端末の数が増えれば回線契約も増えるのは当然のことだが、海外では一つの回線契約で複…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…

【世界のモバイル】なぜ日本国内だけ利用制限?日本の定額データプランの謎

NTTドコモから待望のHSDPA回線を利用したパソコン向けパケット定額サービスが開始された。海外ではすでに多くの通信キャリアが"モバイルブロードバンドサービス"として提供しており、日本もようやく海外と同じサービスが提供されたこと…

【世界のモバイル】″モバイルWiMAX″は日本メーカーの救世主となるか

2.5GHz帯を利用する広域無線通信サービスの免許が総務省から2社に交付された。1社は次世代PHS方式を採用するウィルコム、もう1社はモバイルWiMAX方式を採用するワイヤレスブロードバンド企画である。このうちモバイルWiMAXは国際的に…