メルカリのスマホなど向け決済サービス「メルペイ」がコード払いにも対応!まずはiPhoneなどのiOSに対応し、タッチ払いと併せて全国135万か所で順次利用可能!Androidにも近日対応



メルカリのスマホなど向け決済サービス「メルペイ」がコード決済にも対応!

メルペイは14日、スマートフォン(スマホ)など向けフリーマーケットサービス「メルカリ」においてスマホ決済サービス「メルペイ」( https://jp.merpay.com )におけるQRコードやバーコードを使った「コード払い」を2019年3月14日(木)より提供開始したと発表しています。

まずはiPhoneやiPadなどのiOS搭載製品向けで利用でき、近日中にAndroid搭載製品にも対応する予定。対応店舗はコンビニエンスストア「ローソン」をはじめとして現時点で45万か所を予定しており、2019年3月25日(月)より対応加盟店にて順次提供を開始します。

これにより、すでに対応している非接触決済サービス「iD」との連携による「タッチ払い」の90万か所と併せて全国135万か所でメルペイを利用可能となるとのこと。同社では今後も「使える決済」かつ「使われる決済」をめざし、また日本のキャッシュレス推進のためにサービスおよびパートナーを拡充していくとしています。


メルペイのコード払いはタッチ払いと同様にスマホなど向けアプリ「メルカリ」にて利用でき、メルカリアプリ上からバーコード・QRコードを生成・表示して店舗側のレジで読み取ってもらうことで決済を行うことが可能となります。

コードの生成・表示はメルカリアプリ内の「メルペイ」タブより「コード払い」ボタンをタップするだけ。支払う時にはタッチ払いのときに「iDで」と伝えるのと異なり、コード払いでは「メルペイで」と伝えます。タッチ払いとは違い、FeliCa(Apple Pay)に非対応の機種でも使えます。

利用上限額は銀行口座登録済みの場合には1回/1日あたり100万円(1ヶ月あたり300万円)、未登録の場合には1回/1日あたり10万円(1ヶ月あたり10万円)。その他、メルペイのコード払いについては「コード払いの支払い方法 - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ」をご参照ください。

なお、店舗側で提示したQRコードをメルカリアプリ内のQRコードリーダーで読み取る方式にも今後対応を予定となっています。またローソンの一部店頭ですでにコード決済対応店舗であることを示す「メルペイ」マークが先行して掲出されているケースがあるとのことですが、実際に利用できるのは3月26日(火)以降となるとしています。


アプリ名:フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
価格:無料
カテゴリー:ショッピング
開発者:Mercari, Inc.
バージョン:4.1
Android 要件:5.0以上
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.kouzoh.mercari



アプリ名:メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
価格:無料
カテゴリー:Shopping
開発者:Mercari, Inc.
バージョン:4.2.0
互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
iTunes Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id667861049?mt=8





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・メルペイ 関連記事一覧 - S-MAX
・メルカリのスマホ決済「メルペイ」、コード決済にも対応 本日よりiOSに対応、Androidにも対応予定 iD加盟店と併せて全国135万か所で順次利用が可能に - 株式会社メルペイ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】ゲーム機を彷彿させるタッチパネル付2画面ケータイ「D800iDS」

「D800iDS」は、タッチパネル付2画面ケータイ。形状は折り畳みタイプのケータイで、開いた状態で上下に液晶画面を搭載し、下部の画面がタッチパネルとなっている。ライフスタイルに合わせて、タッチパネルのデザインや操作方法を選択す…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…