シャープ、新スタンダードスマホ「AQUOS sense2」を発表!縦長5.5インチFHD+IGZO液晶や防水・防塵、おサイフケータイなどの高コスパモデル



SHAPRから新スマホ「AQUOS sense2」が発表!

シャープは3日、都内にて「新製品発表会」を開催し、アスペクト比9:18の縦長な約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2」を発表しています。

販路は明らかにされていませんが、NTTドコモやauなどの各携帯電話会社から販売されると見られ、発売時期は2018年11月位校となっています。価格も各販売拠点から別途案内がある予定です。

AQUOS sense2は昨年発売された「AQUOS sense」の後継機種で、同様にコストパフォーマンスの高いミッドレンジクラスで、新たに縦長画面になり、チップセット(SoC)などの各仕様がスペックアップされました。

主な仕様はSnapdragon 450および3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、2700mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0など。


AQUOS sense2は、昨年にシャープが新しいスタンダードスマホとして投入したAQUOS senseシリーズの第2弾で、新たに縦長画面になったほか、各種スペックアップした高コスパモデルとなっています。

画面は約5.0インチFHD(1080×1920ドット)から約5.5インチFHD+に大画面化し、表示エリアが広いのでニュースやSNSなどでも長文がより快適に閲覧できるようになっているとのこと。

またディスプレイは引き続いて液晶テレビ「AQUOS」の技術を受け継いだ「リッチカラーテクノロジーモバイル」搭載し、デジタルシネマの標準規格に対応し、写真も動画も驚くほどリアルに表現。

外観は丸みを帯びたラウンドフォルムを採用し、片手でも操作しやすいちょうど良いジャストフィットサイズになっており、美しさと剛性を兼ね備えたアルミ素材でかばんやポケットに入れても安心して使えます。

ディスプレイの下中央部には指紋センサーを内蔵したハードウェアによるホームキーを搭載し、生体認証は指紋認証に加えて顔認証にも対応。サイズは約71×148×8.4mm(最厚部約9.4mm)、質量は約155g。

仕様では、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、約1200万画素CMOSリアカメラ、約800万画素CMOSフロントカメラ、エモパー9.0など。カメラは「AIまかせ」で、7つのシーンを自動で切り替えでき、夕景も料理も自動で簡単に綺麗に撮影可能。

またリアカメラは大型ピクセルセンサー採用で明るさアップし、暗所での撮影に強くなっているほか、ハイスピードオートフォーカスで速く正確にピントを合わせることが可能で、手軽にブレの少ない美しい写真を撮影できるとしています。

フロントカメラは広角ワイドインカメラを搭載し、新機能「AQUOS beauty」によって「美肌」や「小顔」などに調整できるため、セルフィーをさらに美しく撮ることができるようになっているとのこと。

その他、フィルムを貼らなくても周囲からの
視線をブロックできる「のぞき見ブロック」に対応。なお、発売時のOSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)を採用していますが、2年間で最大2回のOSバージョンアップやセキュリティーアップデートを保証しています。

(更新中)



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・AQUOS sense2 関連記事一覧 - S-MAX
・スマートフォン AQUOS sense2 を商品化|ニュースリリース:シャープ
・AQUOS sense2 スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…