UQコミュニケーションズ、UQ mobile向けデュアルカメラ搭載スマホ「HUAWEI nova 2」を発表!1月下旬発売で、価格は本体代3万1212円の実質1万3068円



UQモバイル向けスマホ「HUAWEI nova 2」が発表!

UQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄は15日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向け「2018年春モデル」としてスマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova 2」(Huawei Technologie製)を発表しています。

発売時期は2018年1月下旬で、UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」で順次取扱および予約受付を開始する予定です。

UQモバイルオンラインショップにおける価格は31,212円(分割初回1,404円+1,296円/月×23回)でマンスリー割-756円/月×24回の実質負担額13,068円(分割初回648円+540円/月×23回)から(すべて税込)。



HUAWEI nova 2は海外では昨年5月に発表され、昨日にau向け「HUAWEI nova 2(型番:HWV31)」が発表されていましたが、同製品がUQ mobileからも発売されることになりました。約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)液晶やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミッドレンジスマホです。

また5インチサイズの女性でも持ちやすいサイズ感に高いカメラ性能などを凝縮した製品で、背面のリアカメラには約1200万画素と約800万画素の2つのセンサー・レンズを搭載するデュアルレンズカメラを搭載し、主に若者や女性をターゲットとしているとのこと。

これにより、画素数こそハイエンドな「HUAWEI P10」や「HUAWEI Mate10」などには劣りますが、同じように自然な背景ぼかして撮影できる「ポートレート撮影」機能や拡大しても画像荒れを抑えて撮影できる「2倍ズーム」機能に対応しています。



フロントカメラは約2000万画素でセルフィー(自撮り)も綺麗に撮影可能なほか、「3D顔面認証技術」と「ビューティ補正機能」によって自然な背景ぼけで好印象のポートレート写真の撮影が可能。

サイズは約142.2×68.9×6.9mm、質量は約143g、本体カラーはグラファイトブラックおよびオーロラブルー、プレステージゴールドの3色展開で、au向けにあるローズゴールドの代わりにプレステージゴールドが用意されました。背面に指紋センサーを搭載。OSはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用。


その他の仕様はHiSilicon Technologies製チップセット(SoC)「Kirin 659」(2.36GHz×4コア+1.7GHz×4コア)および64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大128GBまで)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、位置情報取得(GPS)、緊急地震速報、津波速報/災害・避難情報、USB Type-C端子、3.5mmイヤホンマイク端子など。

バッテリー容量は2950mAhで、連続通話時間(VoLTE)は最大約1080分、連続待受時間(4G LTE/WiMAX 2+)は最大約390時間、充電時間は約100分(HUAWEI Quick Charge[付属]使用時)。携帯電話ネットワークはキャリアアグリゲーション(CA)に対応した下り最大225Mbpsおよび上り最大25Mbpsに対応し、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04」。


その他、音響面ではHi-Fiチップセットに立体的な音を生む独自の 音響技術とドイツの音のプロフェッショナル トーンマイスターによる音のチューニングは 付属のイヤホン(ワイヤレスを除く)などを通して聴く音に臨場感を与えるようになっています。ワンセグやおサイフケータイ(FeliCa)、NFC、赤外線、防水、防塵には非対応。

UQモバイルオンラインショップでの価格は以下の通り。おしゃべりプランおよびぴったりプランにおけるプランS・M・Lで共通となっています。

本体価格31,212円(分割初回1,404円+1,296円/月×23回)
マンスリー割-756円/月×24回(総額-18,144円)
実質負担額13,068円(分割初回648円+540円/月×23回)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・UQ mobile 春ラインアップとして2機種を新たに発売 | 【公式】UQコミュニケーションズ
・【ファーウェイの報道発表】スマートフォンシェアで世界3位のファーウェイが「UQコミュニケーションズ株式会社様」と「UQモバイル沖縄株式会社様」より『HUAWEI nova 2』を全国発売!
・HUAWEI nova 2|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile
・HUAWEI nova 2 スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…