64bit 対応のパフォーマンスに驚け!32bitと64bitではこれだけ違う「PowerDirector 9」


液晶テレビのハイビジョン化(HD化)とともにデジタルビデオカメラもHD化が進み、HDの波が家庭にも押し寄せている。デジタルカメラやスマートフォンでもHD対応のムービーを撮影できる機種があたりまえのように増えてきた。こうしたデジタル機器で撮影したハイビジョン動画は映像が綺麗な反面、動画の編集に時間が掛かってしまうのが大きなボトルネックだった。

というのも、最近の動画編集ソフトは多機能をうたったものが多いものの、64bit ネイティブのものがなく、64bit OS環境を最大限に活用できなかったからだ。そうしたなかで、ついに発売されたのが64bitネイティブ対応のHDビデオ編集ソフト「PowerDirector 9」だ。業界初の64bitネイティブ対応の製品であるだけに、気になっている人も多いだろう。

そこで今回から3回にわたって、「PowerDirector 9」の特長である64bitネイティブの圧倒的なパフォーマンスを中心に、その魅力に迫ってみよう。

■64bitネイティブは別世界!動画編集を大きく変えるメリット
「PowerDirector 9」は、ブルーレイディスクやAVCHDへの書き出し対応、キャプチャ、編集、オーサリングおよびディスクへの出力までをカバーする総合ビデオ編集ソフト。最大の特長は、個人向けとしては世界で初めて64bit OSにネイティブで対応した点だ。

64bitネイティブであるメリットは、どこにあるのだろうか。

まず最大で利用できるメモリ容量が圧倒的に違う。64bit版のWindows 7では、Home Premiumは最大16GB、Ultimateは最大192GBのメモリ容量に対応している。ところが、他社の32bitビデオ編集ソフトでは、64bit OSを使用していても、4GBまでしか使用できなかった。それに対して「PowerDirector 9」は、最大192GBまで使用することができる。

HD動画編集において、たくさんのメモリが利用できるメリットは大きい、データアクセス速度が遅いハードディスクではなく、データアクセス速度の速いメモリを最大限に利用することで、編集速度が格段に向上するからだ。

さらに「PowerDirector 9」はただの「64bit対応」ではなく、「64bitネイティブ対応」である点に注目したい。実は、64bit対応であっても、64bitネイティブ対応でなければ、ソフトそのものは32bitで動いている。つまりパフォーマンス上は、32bit環境と変わらないのだ。

「Power Director 9」は64bitネイティブ対応なので、真の意味で64bit OSの環境の高速性を享受できるのだ。HDビデオを快適に編集するためには、64bitネイティブであることが必要不可欠というわけだ。
64bit OSで使用での使用可能メモリ

■HD動画の編集時間を短縮する「True Velocity」
HD動画は画像が高精細であるが故に、動画編集にも時間が掛かるものだった。「Power Director 9」には、そうしたHD動画編集の今まである常識を覆す画期的な新技術が搭載されている。ビデオ編集処理スピードを劇的にアップさせる「True Velocity」機能だ。

「TrueVelocity」は、ハードウェアとソフトウェアの双方を利用してビデオ処理に掛かる速度の短縮化と効率を向上させる。これにより、短時間で大量のHDビデオ編集を可能にする。ユーザーは難しい設定や技術を気にすることなく、HDビデオ編集を簡単に行うことができる。

「Power Director 9」では、ビデオ編集にかかる時間を短縮化させ、効率を向上させるハードウェア支援技術「TrueVelocity Accelerator」によって、HD動画の編集時により高速なパフォーマンスを引き出せるのだ。

「TrueVelocity Accelerator」をオンにした状態でハードウェアデコードに最適化した場合には、同機能をオフにしたときに比べて約3.16倍のスピードアップを図ることができる。
「TrueVelocity Accelerator」によるレンダリングスピード

■64bitの圧倒的な速度が明らかに
64bitネイティブの「PowerDirector 9」と32bitの他社ソフトとでは、実際のビデオ編集において、どれくらいの差が出るのだろうか。
「PowerDirector 9」のTrueVelocityの性能を、他社のビデオ編集ソフトと比べた結果があるので、ここで紹介しよう。

●他社ソフト A vs PowerDirector 9
テスト内容:9つの動画を配置した動画でテスト。各動画の時間は30秒。
他社ソフト A vs PowerDirector 9

ビデオを見ると明らかだが、他社ソフトAは再生速度が落ちている。他社ソフトAは同じビデオをレンダリングするのに 46分43 秒掛かっているのに対し、「PowerDirector 9」は1分19秒と、約35倍の速さでレンダリングが完了する。


他社ソフト A vs PowerDirector 9(動画)

●他社ソフト B vs PowerDirector 9
テスト内容:9つの動画を配置した動画でテスト。各動画の時間は30秒。
他社ソフト B vs PowerDirector 9

「PowerDirector 9」のプレビュー画面に出力されたビデオは非常にスムーズに再生されているのがわかる。他社ソフト B は同じビデオをレンダリングするのに2分38秒かかっているのに対し、「PowerDirector 9」は1分1秒と、1.95倍の速さでレンダリングが完了している。


他社ソフト B vs PowerDirector 9(動画)

●他社ソフト C vs PowerDirector 9
テスト内容:他社ソフト C の仕様に合わせて 7 本の動画トラックに 7 つの動画を配置。
他社ソフト C vs PowerDirector 9


他社ソフト C vs PowerDirector 9(動画)

「PowerDirector 9」のプレビュー画面に出力されたビデオは非常にスムーズに再生されてるのがわかる。他社ソフト C は同じビデオをレンダリングするのに3分25秒かかっているのに対し、「PowerDirector 9」は1分1秒と、3.36倍の速さでレンダリングが完了している。


64bitネイティブの「PowerDirector 9」は、64bit OS環境で使用した場合、使えるメモリ容量が32bit OSよりも多いぶん、動画編集に有利に働くわけだ。実際に他社ソフトとの比較では、いずれのソフトよりも高速であり、圧倒的なパフォーマンスの違いが見られた。

「PowerDirector 9」には、体験版が用意されている。まずは体験版を試してみて気に入ったら購入すればよいだろう。64bit OS環境のパソコンを所有していて快適にHD動画編集をしたい人には、「PowerDirector 9」は選択肢のひとつとして考えたい編集ソフトだ。

サイバーリンク楽天市場店 - 2月末まで送料無料・楽天ポイント10倍セール実施中
サイバーリンク

【新時代のHDビデオ編集】の記事をもっと見る

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【ケータイラボ】福岡ソフトバンクホークス公認!プロ野球ケータイ「ホークスケータイ」

「ホークスケータイ」は、本体表面に福岡ソフトバンクホークスオフィシャルロゴを配置した、シャープ製のケータイ。発売時期は、3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「ホークスケータイ」は、待受け画面やメニュー画面、着…