小池徹平が声優初挑戦! アニメ「豆富小僧」豪華キャスト続々決定


 京極夏彦原作。まだ人間と妖怪が共に暮らしていた江戸時代を舞台に描く、日本初の3D長編アニメ「豆富小僧」。主人公・豆富小僧役に深田恭子、豆富小僧の目付け役である達磨役に武田鉄矢が決定している中、新たに小池徹平、大泉洋、平野綾ら、豪華声優キャストが明らかとなった。

 「豆富小僧」は、お盆に載せた豆腐を持つだけが取り柄で人を全く恐がらす事の出来ない、この世で最も怖くない妖怪が、まだ見ぬ母親を探して旅に出る冒険ファンタジー。妖怪の長年の敵、狸の罠によって、豆富小僧と達磨は現代の日本に迷いこんでしまい…。

 本作が声優初挑戦となる小池が挑むのは、道行く者の袖やバッグを引いて、立ち止まらせる子供の妖怪“袖引小僧”。どんぐりの様な愛らしい風貌の妖怪を、小池がどの様に演じているか注目だ。

 また、豆富小僧の敵“芝居者狸”に宮迫博之、部下の“702番狸”にはるな愛、“死神”に大泉洋が起用。亡き夫から研究を引き継いだ科学者、茜は檀れい、現代の日本で、ピュアな心で妖怪が見える数少ない少女アイは平野綾と、各界から豪華な面々が集結している。

 そして、映画主題歌にはガールズバンドSCANDALの「ハルカ」が決定。サウンドトラックにはSCANDALの他にも豪華アーティストが集結予定であり、4月28日(木)には東京・渋谷AXにて“前夜祭”が開催される予定だ。2月11日より販売スタートの前売り券を購入し、応募サイトに登録すると150組300名が特別にこの前夜祭に招待される。

 今回明らかとなった豪華声優陣の熱演と、SCANDALによる映画主題歌「ハルカ」は、以下の予告編動画でいち早く公開されている。



■各声優キャスト&主題歌アーティストコメント

小池徹平

豆富小僧がお母さんを探す過程で出会う「人」や「妖怪」、色々な「物」との出会いで考え方が変わり、成長して行く様が凄く良く描けていると思います。映画を通して元気をもらえますし、幅広い年代の方に楽しんで頂ける作品になっていると思います。

大泉洋

今回死神の声をやらせていただきました。恐ろしい外見をもつ死神ですが、コミカルなキャラクター。監督と試行錯誤しながらいくつもの声のバージョンを試し、作り上げました。今回、3Dアニメということで、ご家族で楽しめると思います。心温まる作品になっていますのでご覧ください!

宮迫博之

出演のオファーが来た時は、豆富小僧?何やそれ?と思いました(笑)この映画には社会風刺的なニュアンスが入っていると思います。最近は「この人は宮迫博之狸に憑かれているんじゃないかな?」と思う時がある。世の中の悪い事は全て狸の仕業だと思えば腹も立たない。この人は狸に憑かれていると思う事で、怒りを発散させる術を9歳の息子にも覚えさせたいと思います。

平野綾

原作小説を学生の頃に読んでいました。京極先生のファンなので、今回先生の作品に出演出来て光栄です。こんな妖怪が自分の身の回りに居たら楽しいだろうなと思うほど、兎に角登場するキャラクターが可愛いので、子供から大人まで、一家団欒に持って来いの作品だと思います。是非家族でご覧ください。

はるな愛

経験豊富な豪華キャスト総出演の映画なので、深みのある作品になると思います。また、今までに見た事のない、想像を超える夢のある世界を味わう事が出来るので、劇場公開されましたら、おネエ仲間達と一緒に観に行きたいです!

檀れい

子供の頃からアニメが好きで以前から声優のお仕事をしたかったのでワクワクしていました。この映画は、母と娘、父親と息子、そして人間と自然界の関係が描かれています。小さい子供から大人まで、見た人それぞれの価値観で楽しみながら学べる映画になると思います。主人公の豆富小僧があまりにも可愛くて、スーパーに行って豆腐を見たら、豆富小僧を思い出して欲しいと思うほど、豆富小僧の純粋な心をご覧になった方に感じて頂ければと思います。

SCANDAL(HARUNA)

私たちの新曲「ハルカ」は、大切な人との別れ、そして旅立ちをテーマに、沢山のことを経験して少しずつ成長していこうという前向きなメッセージを込めて作りました。映画「豆富小僧」も主人公の豆富ちゃんがお母さんを探して、いろんな冒険をし、自分らしさを見つけていく素敵な映画になっているので、私たちの曲が少しでも映画を彩ることができたら嬉しいです。

豆富小僧 - 公式サイト

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【カオス通信】自腹ガチ評価!春のB級映画まつり

映画の醍醐味はB級作品にあり! ということで、大作の影に隠れてひっそりと上映されている「面白いかどうか疑わしい」作品を緊急レポート。全部自腹での鑑賞なので、配給会社やスポンサー絡みのしがらみは一切ナシ。劇場のリアルな雰囲…

【カオス通信】神話崩壊″ガンダム″も堕つ!売れなくなったアニメDVDの舞台裏

最近、めっきりアニメのDVDを買わなくなりました。どうやらこれは私個人だけのことではなく、アキバ系全体に渡る傾向のようです。私は仕事柄、メーカーの方とお話しすることも多いのですが、みなさん一様に販促には苦労されているようで…

【カオス通信】アキバ系クラブイベント潜入!アニメ&ゲーム音楽でDANCE三昧!

アニソン・特撮ソング・ゲーム音楽といったアキバ系が好む音楽を"クラブ"で楽しむというイベントが最近増えてきています。一見"アキバ系"と"クラブ"は水と油みたいな感じですが、主催者・参加者ともにアキバ系となれば話は変わってきま…

【アキバ物欲】何が出るかはお楽しみ!大人から子供まで夢中になれる″ガチャポン″

子供の頃、"ガチャポン"は"ガチャガチャ"と呼ばれ、子供だけのおもちゃであったが、時代とともに大きく変わっているようだ。昔はゴム製のキャラクターが中心だった"ガチャポン"の景品も、今日では玩具屋で売られているフィギュアにも引…