KDDI、「サンシャイン牧場」のRekooと提携!リアルとSNSを連携した「ビジュアルポータルサービス」を提供


KDDIとRekooが提携!ビジュアルポータルサイト「サンシャイン王国」を提供

KDDI、Rekoo Media、Rekoo Japanの3社は、17日、ビジュアルポータルサービスの構築に関する提携を発表し、都内で記者会見を行いました。Rekoo Japanは、ミクシィのmixiアプリにて「サンシャイン牧場」を提供しているソーシャルゲーム会社です。

記者会見には、KDDIから代表取締役 執行役員 専務の高橋誠氏(写真左)、Rekoo Mediaと、その日本法人であるRekoo Japanからは、両社のCEOを兼務するパトリック・リュー氏(写真右)が登壇。サービスの概要や展開を説明しました。本題に入る前に、こんにちわ、せうです。S-MAXでははじめましてとなります。今後、不定期で日本的ケータイの話題やケータイ関係のニュース等を執筆していきます。他の執筆陣の皆さんと比べると、登場頻度は著しく少ないと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

で、肝心の発表が行われた内容です。

3社が共同で展開するのは、ビジュアルポータルサイト「サンシャイン王国」。10月14日からau・ドコモ・ソフトバンクの一般的な携帯電話(フィーチャーフォン)向けにサービスを開始します。Flash Lite 2.0以上を搭載している端末に対応しています。

サンシャイン王国では、各ユーザーに「王国」と呼ばれる“ユーザーエリア”が提供されます。その中で、二酸化炭素の排出量と吸収量を配慮しつつ、植物や建物をバランス良く配置することで、王国を発展させていきます。いわゆる“ソーシャルゲーム”ですね。


au・ドコモ・ソフトバンクのフィーチャーフォン(国内の通常音声機種)に対応

王国内には、KDDIが展開している各種サービスに関連する建物を配置することもでき、該当サービスの関連Webページにジャンプすることも可能になっています。ここが、「ビジュアルポータルサイト」たる所以のひとつです。将来的には、実際の店舗などとの連携も視野に入れています。


KDDIのサービスと連携。将来的にはリアル店舗との連携も視野に

auのフィーチャーフォン(EZweb対応端末)においては、「au one サンシャイン王国」という名称でサービスが展開され、「au oneアドレス帳」をもとにした他のユーザーとのマッチングサービスや、サンシャイン王国への紹介が行えます。また、一部のWebページへのジャンプ機能については、au携帯電話のみの対応となります。


au携帯電話ではau one アドレス帳との連携も可能

サンシャイン王国は、マルチプラットフォームであることも特徴としてあげられます。今冬には、Androidを搭載したスマートフォンやパソコン向けのサービスも開始します。Androidスマートフォンは、auが販売しているIS01や今後登場するISシリーズ端末だけではなく、他社(ドコモ・ソフトバンク)から販売されているものにも対応します。国を超えたサービスとしての展開も将来的には検討していきます。


マルチプラットフォームで、目指すは世界!


記事執筆:せう(井上翔)

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
KDDI、Rekoo Media Ltd.、Rekoo Japanの提携について | 2010年 | KDDI株式会社

■関連記事
【機能を徹底紹介!iPhoneでGmailを活用する特集】
iPhone/iPod touchで「ATOK」が使えるメモアプリが登場!Android版も11月に提供予定
明日使えるかもしれない雑学をポケットに♪「つい他人に自慢したくなる 無敵の雑学」【iPhoneアプリ】
コツをつかんで高速入力をマスターしよう!「Flick Fan!」【iPhoneアプリ】
iPadやiPhoneに新たな命を吹き込む「iOS 4.2」を徹底解説!iPadのマルチタスク対応、印刷や音楽のネットワーク配信も

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…