NTTドコモが5Gでの通信品質改善を6月末までに実施予定と案内!エリア端などの電波品質の悪い場所で通信エラーが起こる問題に対処



docomo 5Gの通信品質が改善へ!基地局1万局まで拡大でより一層向上に

NTTドコモは9日、5Gエリアの端などの電波品質の悪い場所においてまれに通信速度の低下とそれに伴うアプリやWebブラウザーでのエラーが発生する場合があるとお知らせしています。同社ではこの事象の改善のために6月末までに必要な対策を実施する予定だとのこと。

なお、この事象は5Gの電波品質が悪い場所で発生するため、場所を移動することで回復することがありますが、同一の場所での利用で事象発生が継続する場合にはスマートフォン(スマホ)などのの設定から優先ネットワークを「4G/3G / GSM」を選択することで5G電波の状況によらず、4Gでサービスを利用できるとしています。


NTTドコモでは携帯電話でより快適に通信できるように利用者から日々届く声をもとに通信品質の向上に取組んでおり、現在、5Gエリアの拡大に向けて取組みを行っていますが、利用者から5Gエリアにて通信が遅くなったり、通信できないといったフィードバックがあるということです。

この事象はTwitterなどのSNSなどでも多数見られていましたが、今回、NTTドコモでは公式に「5Gエリアの品質向上にむけた取組みについて」のお知らせを出し、6月末までに必要な対策を実施する予定で、かつ5G基地局を1万局まで拡大することでより一層の5Gエリアの品質向上に努めていくと案内しました。

NTTドコモでは今年5月に開催した「2021夏 新サービス・新商品発表会」にて2021年3月末に574都市で5Gが利用できるようになり、2022年3月末までに2万局の5G基地局の構築に向けて順調に推移しており、5Gの人口カバー率も2022年3月末に55%、2023年3月末に約70%、2024年3月末に約80%をめざすことを明らかにしています。


記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・5G(第5世代移動通信システム) 関連記事一覧 - S-MAX
・5Gエリアの品質向上にむけた取組みについて | 通信・エリア | NTTドコモ
・NTTドコモ ホーム

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】麻生外相のアニメ文化大使構想を考える

去年の11月に麻生外相が打ち出した「アニメ文化大使」構想。これは日本のポップカルチャーを文化外交に活用しようという試みの一つですが、今のところ世間の反応はパッとしない印象があります。漫画好きの麻生外相の妄言と取られている…

【カオス通信】マニアック芸人の明日はどっちだ?

ドラゴンボール、ドラえもん、ルパン三世などのメジャーなアニメ・漫画ネタはお笑いの世界でもよく見かけます。これはお笑い芸人の中にもアニメ・漫画好きが多いことを証明するものですが、これが「ガンダム」や「萌えアニメ」になった…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【カオス通信】『どろろ』と『鉄コン筋クリート』

先日、TVアニメ版『どろろ』とアニメ映画『鉄コン筋クリート』を連続で観てきました。『どろろ』は1969年放送のモノクロ作品、『鉄コン筋クリート』は最高峰の技術を盛り込んだ最新作。先に見た『どろろ』は面白かったのですが、『鉄コ…