楽天モバイル、5G対応スマホ「Rakuten BIG」のクリムゾンレッドを11月19日より順次発売!価格は6万9800円で、最大2万3000ポイント還元



5Gスマホ「Rakuten BIG」のクリムゾンレッドが販売開始!

楽天モバイルは19日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )における5G対応スマートフォン(スマホ)「Rakuten BIG(型番:ZR01)」(ZTE製)のクリムゾンレッドを2020年11月19日(木)より順次販売開始するとお知らせしています。

Rakuten BIGは楽天モバイルの5Gサービス提供開始に合わせてホワイトとブラックが9月30日に発売され、当初は楽天モバイルの公式Webサイトおよび楽天モバイル二子玉川店となっていましたが、その後、二子玉川店以外の楽天モバイルショップ全店で販売開始されていました。

今回、新たにクリムゾンレッドも発売され、オンラインでは11月19日から、楽天モバイルショップ店頭では11月24日(火)から販売されます。価格は税抜63,455円(税込69,800円)で、分割購入なら税抜1,321円/月×48回または税抜2,643円/月×24回で、正式プラン「Rakuten UN-LIMIT V」とセット購入なら最大23,000ポイントが還元されます。なお、楽天市場にて単体販売も行われていますが、クリムゾンレッドはまだ販売開始していません。


Rakuten BIGは楽天モバイルのオリジナルスマホ第2弾で、楽天オリジナルスマホとしては初の5G対応機種です。開発・製造はZTEが担当しており、海外モデル「ZTE Axon 20 5G」をベースに日本市場でニーズの高い防水(IPX8)および防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

ZTE Axon 20 5Gがベースとなっているため、世界初のアンダーディスプレイカメラを搭載しており、ディスプレイの下にフロントカメラを内蔵し、ノッチやパンチホールといった切り欠きのないアスペクト比9:20.5の縦長な約6.92インチFHD+(1080×2460ドット)有機EL(OLED)を搭載しています。


主な仕様はQualcmm製チップセット(SoC)「Snapdragon 765G 5G mobile platform」や6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、4000mAhバッテリー、USB Type-C端子(USB 3.1)、NFC Type A/B、位置情報取得(GPSなど)、緊急速報機能など。

リアカメラは1/1.72型の約6400万画素CMOS(1画素0.8μm)/広角レンズ(F1.89、35mm換算で25mm)と約800万画素CMOS/超広角カメラ(F2.2、35mm換算で16mm、画角120°)、約200万画素CMOS/マクロレンズ(F2.4)、約200万画素CMOS/デプスカメラ(F2.4)のクアッド構成。

サイズは約174×80×9mm、質量は約227g。また生体認証は画面内指紋センサーを搭載し、顔認証は非対応。SIMはeSIMにのみ対応。その他の詳細な製品情報は『楽天モバイル、5G対応スマホ「Rakuten BIG」を発表!9月30日発売、価格は6万9800円。アンダーディスプレイカメラの6.9型有機ELやFaliCa、防水 - S-MAX』をご確認ください。

Rakuten BIG 楽天ビッグ eSIM対応 スマホ 本体 新品 スマートフォン 本体 楽天モバイル 端末のみ 楽天モバイル対応

楽天で購入





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Rakuten BIG 関連記事一覧 - S-MAX
Rakuten BIG(楽天ビッグ) | スマートフォン | 楽天モバイル

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…