au向け5Gスマホ「ZTE a1 ZTG01」が8月5日に発売!価格は5万9980円で、au PAY残高1万円分還元や最大2万2千円割引などのキャンペーンも



au 5Gスマホ「ZTE a1 ZTG01」が8月5日発売!各種キャンペーンも実施

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今年3月に発表した携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE a1 ZTG01」(ZTE製)を2020年8月5日(水)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、本体価格は59,980円(金額はすべて税込)で、かえトクプログラムによって残価が23,640円に設定されており、適用すると実質負担額1,580円×23回(総額36,340円)となります。

またZTEジャパンでは期間中にZTE a1 ZTG01を購入して専用キャンペーンWebページ( https://a1-cp.com/ )にて応募した場合にもれなくau PAY残高10,000円(不課税)相当をキャッシュバック(チャージ)する「ZTE a1 購入キャンペーン」を実施します。購入期間は発売日から2020年8月23日(日)まで、応募期間は発売日から2020年9月4日(金)までで、キャッシュバック時期は2020年9月中旬以降を予定。

さらにau Online Shopでは「au Online Shop お得割」の対象機種に追加されており、新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっているほか、機種変更では「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引となっています。なお、料金プランは5G向け「データMAX 5G」や「ピタットプラン 5G」などが用意され、月額2,178円から利用可能です。


ZTE a1 ZTG01はクアッドカメラや大型ディスプレイを搭載しつつ、Qualcommのミッドレンジ向けチップセット(SoC)「Snapdragon 765G 5G Mobile Platform」を搭載して価格を下げたよりコストパフォーマンスの高い5Gスマホとなっており、5G NR方式(Sub6)にて下り最大2.1Gbpsおよび上り最大183Mbpsに対応します。

画面は左上にパンチホールを配置したアスペクト比9:19.5の縦長な約6.5インチFHD+(1080×2340ドット)TFT液晶を搭載。主な仕様は6GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージ、最大1TBまでのmicroSDXCカードスロット、3900mAhバッテリー、USB Type-C端子など。

サイズは約164×76×9.2mm(最厚部10.1mm)、質量は約190g。本体カラーはブラックの1色のみ。おサイフケータイ(FeliCa)やNFC Type A/B、防水・防塵などには対応しません。その他の詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

・KDDI、au向け5Gスマホ「ZTE a1 ZTG01」を発表!7月発売でS765Gや6GB RAM、クアッドカメラ搭載で低価格に - S-MAX
・au向け5G対応スマホ「ZTE a1 ZTG01」を写真で紹介!本体価格5万9980円で最大2万2千円割引の低価格モデル【レビュー】 - S-MAX

機種名ZTE a1 ZTG01
サイズ[高さ×幅×厚さ/?]約164×76×9.2mm(最厚部10.1mm)
質量[g](電池含む)約190g
OSAndroid 10
ディスプレイ[サイズ、解像度(横×縦)、方式]約6.5インチTFT液晶
Full HD+(1080×2340ドット)
HDR表示
SoCSnapdragon 765G
CPUオクタコアCPU
(2.4GHz×1+2.2GHz×1+1.8GHz×6)
内蔵メモリー(RAM)6GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(1TB)
リアカメラ[有効画素数/F値]クアッドカメラ[約4800万画素CMOS(F1.8、広角レンズ)+約800万画素CMOS(F2.2、超広角レンズ)+約200万画素CMOS(F2.0、望遠レンズ)+ToFカメラ]
フロントカメラ[有効画素数/F値]約1000万画素CMOS(F2.2、広角レンズ)
バッテリー容量3900mAh(内蔵電池)
連続待受時間(日本国内使用時)約340時間
連続通話時間(音声通話時/日本国内使用時)約2020分
電池持ち時間[5G/4G(LTE)]約115時間(5Gエリア)
約135時間(4G LTE/WiMAX 2+エリア)
充電時間TypeC共通ACアダプタ01:約110分
TypeC共通ACアダプタ02:約120分
接続端子USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
5G通信速度(受信時/送信時の最大速度)2.1Gbps/183Mbps
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVersion 5.0
赤外線
テザリング同時接続数[Wi-Fi/Bluetooth/USB]10台/1台/4台
Bluetooth○(5.0)
防水・防塵ー/ー
ワンセグ/フルセグー/ー
おサイフケータイ
生体認証○(指紋)
ハイレゾ
SIMカードau Nano IC Card 04
本体カラーブラック
メーカーZTE




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ZTE a1 関連記事一覧 - S-MAX
・au、コストパフォーマンスに優れた5G対応のスマホ「ZTE a1」を8月5日から発売 | スマートフォン・携帯電話 | au
・ZTE a1(ゼットティーイー エーワン)ZTG01 | スマートフォン(Android スマホ) | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…