ドコモスマートフォンが明日から値下げ!スマートプライスキャンペーンを期間限定実施


spモード開始に合わせ実施される「スマートプライスキャンペーン」

ドコモのスマートフォン向けISPサービス「spモード」が9/1(水)から開始される予定だがspモードのサービスインに合わせてスマートフォンの本体代金などを割り引く「スマートプライスキャンペーン」も実施される予定だ。スマートプライスキャンペーンの概要と本体の価格をまとめておこう。
まず、スマートプライスキャンペーンは2つの割り引きある。1つ目はspモードの月額使用料金が最大で半年間無料になるというもの。期間や対象機種などは以下の通り。

期間2010年9月1日(水)〜2010年12月31日(金)
対象spモードを新規(初回)契約
対象機種T-01A/SC-01B/Xperia(SO-01B)/LYNX(SH-10B)/dynapocket(T-01B)
割引額契約日から当月末までの日数+5ヶ月間のspモード月額使用料315円が無料

注意点としては、初めてspモードを申し込んだ場合のみが対象となる。期間中であってもspモードを1度解除して再度申し込んだ場合、2回目以降の申し込みは有料になる。また、iモードやmopera Uと併用した際のISPセット割は適用できない。

ISPセット割とは、例えばiモード(315円)+spモード(315円)を契約した場合、それぞれ157.5円(半額)の割り引きが適用され315円となるものだが、spモードを初めて申し込み、かつiモードを申し込んだ場合、157.5円ではなく315円になる。つまり、spモードを単体で申し込んだ場合以外は少なくとも315円は必要だということだ。


スマートプライスキャンペーンの2つ目の割り引きは本体価格の値引きだ。これまでドコモのスマートフォンは「端末購入サポート」に加え新規・MNPで「デビュー割」、買い増し・契約変更で「ご愛顧割」などが適用されていたが、それらの割り引きに加え「プラス割」が適用されることになる。プラス割の実施期間や適用条件、対象機種などは以下の通り。

期間2010年9月1日(水)〜2010年12月31日(金)
対象1.バリューコースで対象機種を購入
2.「ファミ割MAX50」「ビジネス割50」「オフィス割MAX50」「ひとりでも割5」「ハーティ割引」「定額データ スタンダード割」のいずれかに加入
3.「定額データ スタンダード割」加入を除いた「パケ・ホーダイ ダブル」または「パケ・ホーダイ シンプル」に加入
上記1〜3を全て満たしている場合が適用される。なお、movaからの契約変更の場合は1の条件のみが必要
対象機種T-01A/SC-01B/Xperia(SO-01B)/LYNX(SH-10B)/dynapocket(T-01B)
割引額デビュー割スマートフォン・ご愛顧割スマートフォン・FOMAお取替サポートから、さらに最大5,376円割引


実際にどの程度の価格になるのか都内の量販店で表示されていた価格を参考にまとめておく。おおよそ5千円以上安くなる模様だ。
新規契約買い増し(機種変更)
Xperia(SO-01B)36,792円(一括)
1,533円/月(24回分割)

31,416円(一括)
1,309円/月(24回分割)
39,984円(一括)
1,666円/月(24回分割)

34,608円(一括)
1,442円/月(24回分割)
LYNX(SH-10B)36,792円(一括)
1,533円/月(24回分割)

31,416円(一括)
1,309円/月(24回分割)
42,000円(一括)
1,750円/月(24回分割)

36,624円(一括)
1,526円/月(24回分割)
dynapocket(T-01B)30,912円(一括)
1,288円/月(24回分割)

25,536円(一括)
1,064円/月(24回分割)
36,120円(一括)
1,505円/月(24回分割)

30,744円(一括)
1,281円/月(24回分割)
SC-01B17,472円(一括)
728円/月(24回分割)

12,096円(一括)
504円/月(24回分割)
20,664円(一括)
861円/月(24回分割)

15,288円(一括)
637円/月(24回分割)
T-01A15,624円(一括)
651円/月(24回分割)

10,248円(一括)
427円/月(24回分割)
15,624円(一括)
651円/月(24回分割)

10,248円(一括)
427円/月(24回分割)

上記の価格は端末購入サポート、デビュー割、ご愛顧割を適用した場合。上記価格に別途頭金が必要な場合があり、MNPの場合は「チェンジ割」、movaからの契約変更は「FOMAお取替えサポート」が適用される。地域や店舗によっては価格が異なるのであくまで参考程度としてほしいが、スマートフォンではないiモード対応機種と比較すると非常に購入しやすい価格となっている。ドコモのスマートフォンを試してみたいというユーザーには嬉しいキャンペーンではないだろうか。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
NTTドコモが「spモード」を9/1(水)に開始!Xperiaのバージョンアップも提供 - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ「spモード」がもうすぐスタート!導入前に知っておきたいQ&Aまとめ - S-MAX - ライブドアブログ
スマートフォン スマートプライスキャンペーン(NTTドコモ)

■関連記事
たまにはゆっくりダラダラしましょうよ…♪「リラックマTouch!」【iPhoneアプリ】
地方でもスマートフォンが盛り上がる!福岡開催オフ会「S.D.T.Q.」に参加【イベント】
あなたの居場所を世界に発信!位置情報SNS「foursquare」【iPhoneアプリ】
ヘアスタイルをいつでもチェック!「ヘアサロン検索-HotPepperBeauty-」【iPhoneアプリ】
Windows Mobileで使えるツイッタークライアントは?第4回「flutter」【WindowsPhoneアプリ】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

坂本龍一をCM起用したドコモの本気さがわかるスマートフォン【新生活特集】

4月にはAndroidを搭載したXperiaがリリースされますが、先だって発売されたdocomo PRO series SC-01BはCMに坂本龍一氏を採用するなど、ドコモのスマートフォンが注目されています。docomo PRO series SC-01Bは、タッチパネルと本体の前…

同価格帯でネットブックより強力なベストセラーモバイルノート【新生活特集】

2009年は、ネットブックがパソコン市場を大きく押し上げました。インターネットに特化して性能は控えていますが、6万円以下の価格と小型の本体は、これまで12万から20万円超えが当たり前というノートパソコン市場のイメージを大きく変え…

本日より発売!au初の個人向けスマートフォン「IS01」

KDDIは本日(2010年6月30日)、au初となるAndroidスマートフォン「IS01」の販売を開始した。同時に、auの「Android搭載スマートフォン」で利用できるアプリケーションを集めた新たなアプリマーケット「au one Market」の提供も開始され…

モンハンか、地デジか?ヨドバシがお手頃価格のデスクトップPCを販売

iPadやスマートフォンで気軽にネットサーフィンができるようになった今日では、デスクトップパソコンには「インターネットができる」以外のプラスアルファが求められるようになった。そのプラスアルファの中でも昔から根強い人気を誇る…

スマートフォンへの機種変に朗報!iモードのメアドが使えるサービスを開始へ

ドコモのケータイを使用しているユーザーがXperiaに乗り換えた場合、今まで使っていたiモードのメールアドレス(@docomo.ne.jp)からメールを送ることができない。メールアドレスの移行がネックとなり、スマートフォンへの移行ができな…