【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」


誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。
ドコモショップに聞いてみると、問い合わせもいちばん多く、予約もいちばん多いという。もちろん販売数もいちばん多いのだそうだ。

この端末は「予想外な動き」ということでSoftBankが大々的に宣伝した端末と同じタイプ。SoftBankが発売当時大々的に宣伝をし、またそれが目を惹く宣伝であったがため、携帯電話を持たない子供でもこの端末の液晶画面の動きは知っているほどで、宣伝という面では、SoftBank様々であろう。

■SH903iTV 本体紹介

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく“約”は省略させていただいた。サイズは高111mm×幅50mm×厚25mm。重さは143g。連続待ち受け時間が580時間(移動時440時間)、連続通話時間が音声通話時が200分、テレビ電話時が130分である。

普通に開くとこのような感じ。3.0インチで240×400ピクセル表示だ。

ワンセグ視聴時間は320分だ。メインディスプレイはモバイルASV液晶で3インチのワイドQVGA表示(横240ドット×縦400ドット)、最大262,144色表示が可能。サブディスプレイは、有機ELで1色表示、サイズは0.8インチ(96×39ドット)である。

これがサイクロイドスタイル。回転させると自動的にテレビが起動する。

メインカメラは、有効画素数200万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが1,600×1,200ピクセル。サブカメラは、有効画素数11万画素のCMOSカメラである。データフォルダ容量だが、取扱説明書には「128×96ドットで画質NORMALの写真が約1,000枚保存できる」とは書いてあるものの、容量自体は公表されていない。

本体左側面。こちら側にはボタン類はなにもない。本体右側面。右側から、イヤホンマイク端子、プッシュトークボタン、音量UPボタン、音量DOWNボタン、microSDカードスロットが配置されている。本体裏面。カメラのレンズの左側に接写レバーがある。よく見ないとわからないが、FOMAと書いてある上に赤外線ポートが備わっている。

手にしてみるとけっこうしっくりくる大きさなのだが、数値では大きめなことがわかる。同じ形のSoftBankの911SHが高106mm×幅50mm×厚22mmなのでちょっと大きめだ。お互いに見比べてみると液晶を固定している場所が少し厚い。これはここにスピーカーを内蔵したからであろう。ちなみにSH903iTVはステレオスピーカーである。

このように並べてみるとSoftBankの911SHの方が薄いことがわかる。ちなみに左がSH903iTV、右がSoftBank 911SH

次のページでは、キレイと定評のある液晶や文字機能を見ていただこう。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】ワンセグ放送が見れる!BRAVIAケータイ「SO903iTV」

「SO903iTV」は、ワンセグ放送を視聴できるBRAVIAケータイ。ソニーとソニー・エリクソンが共同開発した高画質技術「モバイルBRAVIAエンジン」を搭載し、コントラストが高く、メリハリのある映像を表現できる。液晶画面は、携帯電話で最…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】3G携帯電話で世界最薄!薄さ約8.4mmのケータイ「708SC」

「708SC」は、ストレートタイプの3G携帯電話機として世界最薄※の約8.4mmを実現したSamsung電子製のケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「708SC」は、単に薄いだけではなく、重さが約73gという軽量設計…

【ケータイラボ】auから久しぶりのパナソニック端末「W51P」登場

以前は筆者もauのパナソニック端末を使っていたことがある。しかし、いつのまにかauのラインナップからパナソニック端末が消えていた。5年ぶりで、auにパナソニック端末が復活したのだ。筆者の住む大阪はパナソニックファンが多いだけ…