ドコモに対抗!?HTC Desire、10月上旬以降にバージョンアップでAndroid 2.2へ。MMSにも対応


ソフトバンクがNTTドコモの「Xperia」や「spモード」に対抗したのか!?

ソフトバンクモバイルは、Androidスマートフォン「HTC Desire(X06HT/X06HT II)」のAndroid OS 2.2へのバージョンアップを10月上旬以降に行うことを発表しています。海外のDesireではすでにバージョンアップが行われており、国内のDesireユーザーが待ちに待ったバージョンアップとなります。
現在のOSバージョンは、Android 2.1となっており、2010年8月現在国内で発売されているAndroid端末では最新のOSになっています。

現行のOSであるAndroid2.1からAndroid2.2にバージョンアップすることで、様々な機能が追加/強化されます。

・FlashがFlash Lite4.0からFlash 10.1に変更
これにより、今まで再生できなかったPC用Flashにも対応するようになります。一番大きいのは、ニコニコ動画にブラウザで対応するところでしょうか。また、mixiのPC用アプリもFlashのものは動くようになります(現行でも一部は動くみたい)。勿論、スペック上の問題で動かない、または動いても非常に動作が遅いものはあるかと思いますが、今までよりも表現力がアップするのは間違いなさそう。

・SDカードへのアプリ保存
HTC Desireでの弱点のひとつが本体保存容量の少なさ。アプリをある程度入れるとすぐに容量低下警告が表示されてしまいます。OSバージョンアップ後はあまり起動しないアプリをmicroSDへ保存ができるようになるので、現在よりも容量を気にしなくても良さそうですね。しかしながら、microSDに保存できないアプリや、メモリーカード経由での起動が不安定になるアプリもあるようなので、完全に保存容量問題から開放される訳では無いようです。

・Bluetoothでのアドレス交換
Bluetooth対応携帯とのアドレス帳やりとりができるようになります。赤外線を持っていないDesireは、QRコード作成、読み取りアプリを利用するか、メモリーカード、メール添付などの方法となっていました。今後は多少なりとも便利にアドレス帳のやりとりができそうです。

・ファイルのアップロード
ダウンロード自体は可能でしたが、2.2よりweb経由で直接ファイルのアップロードに対応します。ブログの作成などで便利になりそう。

・動画撮影サイズの拡大
現行ではワイドVGAまでの動画撮影が、2.2以降は一気にHD動画まで撮影が可能になります。これによりYoutubeなどにアップすると解像度の高い動画を共有できるようになります。

・アドレス帳ヨミガナ対応
アドレス帳がヨミガナに対応します。現在ではweb上のGmail連絡先もヨミガナに対応したので、連携すると非常に便利になりそう。検索もヨミガナ対応しますので、検索もスピーディに。

・アプリケーションやwebの実行速度が向上
現在でも高速なアプリケーションやwebの実行速度がさらに高速化されます。これによりさらに快適なスマートフォンライフとなりそうです。

・アプリの自動/一括更新
現行ではアプリのアップデートがあると個々に手動ダウンロードしていました。それが自動化及び一括更新できるようになりますので、アップデートが非常に楽になりそうです。特にアプリを多くインストールしている方に朗報。

・S!メール(MMS)や絵文字に対応
これを待っていたユーザーも多いのではないでしょうか。私もそのひとりで、たまにメールサーバーの掃除目的に普通のケータイへSIMを差し替えていました。OS2.2に対応している「SoftBankメール」アプリをインストールする事で特別な設定をすることなく、S!メールが利用できるようになるそうです。また絵文字にも対応するそうですので、絵文字のやりとりもOK。気になるのは、Wi-Fi環境下で送受信できるのか(docomo、auのキャリアメールはWi-Fi環境下での送受信不可)というのと、デコレメールの対応、SMSで絵文字が利用できるのか、あたりでしょうか。

なお、過去のXシリーズではS!メールの他にはSMSでの絵文字利用や一部機種では受信のみデコレメールには対応してきました。Wi-Fi利用での送受信は他社と同じように対応はしていないようです(iPhoneの@i.softbank.jpメール除く)。

・テザリングは…非対応?
OSとしては2.2以降でテザリングに対応しているようですが、これは流石にSoftBank版では非対応のようです。iPhoneも国内向けSBMのiPhoneはテザリング非対応ですし、同様の扱いとなる見込みです。

と、上記のような内容が変更されます。10月上旬以降のアップデートということで、まだ少し先ですが、NTTドコモも昨日「Xperia」のバージョンアップや「spモード」の開始をリリースしており、思わず対抗したのかという印象も受けますよね。アップデート後には、当サイトでもレビューできればと思っています。乞うご期待!

記事執筆:ホセ

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
「HTC Desire」向けに最新のAndroid™ 2.2を提供|ソフトバンクモバイル株式会社
HTC Desireがもっと速く、もっと使いやすく。Android™ 2.2 へ|ソフトバンクモバイル株式会社

■関連記事
アップルが新型「iPod」などの新商品発表!iPod touchはiPhone 4並に
FLASH動画も閲覧できる!ウェブブラウザ「uZard Web P」【WindowsPhoneアプリ】
シンプルだけど奥が深いカメラアプリ「SimpleCamera」【iPhoneアプリ】
Xperiaがバージョンアップ!POBox進化やバックアップアプリなど、変更点を徹底チェック
「iPhoneケース展」で本革オリジナルiPhoneケースを作ってきた【レポート】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】メールが打ちやすい!デコメケータイ「P703i」

「P703i」は、メール機能にこだわったデコメケータイ。メールの打ちやすさを追求した「WaveTileKey」と呼ばれる立体形状の大型キーを採用している。またキーは、バックライトが美しいイルミネーション表示を演出することができる。使い…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…