どれを購入すればいい?マイクロソフトの次世代OS「Windows 7」【最新ハイテク講座】


マイクロソフトの次世代OS「Windows 7」の発売日となる2009年10月22日が、いよいよ目の前に迫ってきた。Windows 7はWindows Vistaでの不満点が解消されたうえに、Windows XPにはない数々の機能を備えている。
Vistaユーザーだけでなく、XPユーザーの中にも、「Windows 7に乗り換えたい」と思っている人がいるだろう。

Windows 7への乗り換えで面倒なのが毎度のことではあるが、Windows 7にもいくつかのエディションあり、どれを選ぶかということだ。

実際に自分はどのエディションを購入すればよいのか?予備知識がなければ、購入時に迷う人もいるだろう。

そこで今回は、ついに発売される次世代OS「Windows 7」についてフォーカスしてみた。

■早い話、どれを買えばいい?
・通常版は3種類
一般ユーザー向けに販売するパッケージ版のWindows 7は、上位のエディションから順番に「Windows 7 Ultimate」「Windows 7 Professonal」「Windows 7 Home Premium」の3種類が用意されている。

マイクロソフトはエディションを選択するひとつの目安として、一般家庭向けに「Windows 7 Home Premium」、一般のパソコン上級者と企業向けに「Windows 7 Professional」を推奨しているが、「Windows 7 Home Premium」はWindows 7の目玉ともいえる「Windows XPモード」を備えていないので、同機能がお目当ての人は注意が必要だ。

・アップグレード版がお得
現在、Windows VistaやXPをインストールしているパソコンをWindows 7にしたいのであれば、アップグレード版がお得だ。

というのは、アップグレード版はパッケージ版と同じ3種類のエディションが用意されているにも関わらず。通常版に比べて1万円ほど安価だからだ。
ただし、通常版や後述するDSP版とは違い、新規インストールには対応していないので、そこだけは注意しよう。

・新規インストールならDSP版
DSP版は、本来、パソコンメーカー向けのライセンスであり、Windows 7をインストール済みのパソコンに付属されるものだ。

ところが、パソコンショップでは、PCパーツとの同時購入を条件に店頭でも入手することができる。新規インストールしかできないが、アップグレード版よりもさらに安く購入することができる。

表1.パッケージの違い

表2.エディションと価格
※あくまで参考価格。DSP版はFDDとのセット

■64ビット版と32ビット版の違いは?
Windows 7には、64ビット版と32ビット版の2種類が存在する。

32ビット版ではメモリーを4ギガバイト以上に拡張しても最大3.5ギガバイトまでしか使用できないが、64ビット版なら3.5ギガバイトを超えるメモリー容量を使うことができる。

64ビット版では、アプリケーションやハードウェアのデバイスドライバが64ビットに対応していなければならない。
ただし、未対応のものでも、互換モードやWindows XPモードで動作させられる可能性がある。

通常版とアップグレード版では、32ビット版と64ビット版のインストールディスクが同梱されているが、DSP版は別々に提供される。

■上位エディションへアップグレードも可能
下位エディションを購入したユーザーに対しては、オンラインまたはパッケージ版でアップグレード・ライセンスを購入し、上位エディションにアップグレードすることができる「Windows Anytime Upgrade」を提供する。

たとえば、ネットブックを購入したWindows 7 Starterのユーザーが、Aeroプレビューやライブタスクバー・プレビューなどをはじめとするWindows Media Centerなどの上位エディションに実装された機能を使いたい場合や、Windows 7 Home Premiumユーザーがより高度なセキュリティ機能などを必要とする場合に、Windows Anytime Upgradeを利用して簡単に上位エディションにアップグレードして当該機能を利用することが可能となるわけだ。

Windows 7 製品情報
マイクロソフト

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとパソコン関連の記事をみる
手間いらず!電源オフの前にハードディスクを整理【知っ得!虎の巻】
たった15分でパソコンが完成!LIAN-LIがアキバで日本初のイベントを開催
Windows 7を全機種に搭載!富士通「FMVシリーズ」2009年冬モデルを発表
日本エイサー ボブ・セン社長に独占取材!日本市場への意気込みは?

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

「Windows 7」はVistaよりこれだけ良い【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、マイクロソフトがWindows Vistaの後継OSとして提供を予定している次世代OSだ。正式リリースの予定は未だにアナウンスされていないが、一般のテストユーザー向けβ版が既に配布されたことで、インターネットや雑誌で既にご覧…

便利に使えるウィンドウの自動変更「Aero Snap」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、Windows Vistaで採用されたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」が、マウスの動かし方(ジェスチャー)でウィンドウを操作できるなど、さらに使いやすく進化している。この新しいAeroによりWindows 7は…

窓を振るとデスクトップが片付く「Aero Shake」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7の数ある新機能の中でもっとも特徴的な機能は、Vistaでも採用されていたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」の進化と言っても過言ではないだろう。前回はウィンドウの再配置機能を提供する「Aero Snap」を…

売り切れ続出!人気の「空気清浄機」を安く購入しよう【ネット物欲魂】

花粉症の人にはつらい季節がやってきた。病状は人によってさまざまだが、目のかゆみやクシャミ、鼻づまりなどで悩まされている人も多い。花粉症対策として外出時にマスクを着用している人も多いが、さすがに家の中では煩わしいマスクは…

使ってるウインドウ状態までわかる「タスクバー」【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、Vistaから進させたグラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」によってデザインと操作性を劇的に向上させたが、実はAero以外にも操作性に改善を加えたものがある。それは「タスクバー」だ。今回はWindows 7か…