携帯電話サービス「イオンモバイル」にて30GB以上の大容量プランが7月1日より最大1820円値下げ!納得!夏得!キャンペーン2019も実施



イオンモバイルの大容量プランが7月1日より値下げ!

イオンリテールは12日、同社が移動通信体事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「イオンモバイル」( http://aeonmobile.jp )において月当たりの高速データ容量30GB以上の大容量プランについてを2019年7月1日(月)より月額利用料を最大1,820円値下げすると発表しています。

また今回の料金プラン値下げに先がけて6月14日(金)から9月2日(月)までの期間に家族でのイオンモバイルの乗換えがさらにお得になる「納得!夏得!キャンペーン2019」を実施します。キャンペーンでは他社から乗り換え(MNP)でWAONポイントを最大8,000ポイントプレゼントするほか、一部のSIMフリースマートフォン(スマホ)を購入するとWAONポイントがプレゼントするなどします。


イオンモバイルでは月30GB以上の大容量プランのうちシェア音声プランの契約が75%を占めており、家族でデータ容量を分け合って利用している人に大変好評となっているということで、値下げによって例えば、月30GBを3人で利用する場合には月額7,380円(1人当たり2,460円)と業界最安級となります。

また夏休みを前に動画などのコンテンツや旅行中のSNSの利用などで、多くのパケットを消費する場合にもさらにお得に利用できるようにシェア音声プランをはじめとした30GB以上のすべての料金プランの値下げを実施するということです。7月1日以降のイオンモバイルの料金プランは以下の通り。

月当たりの
高速データ容量
月額利用料(金額はすべて税別)
音声プランデータプランシェア音声プラン
500MB1,130円--
1GB1,280円480円-
2GB1,380円780円-
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
60GB8,980円8,480円9,280円

イオンモバイルを取り扱う232店舗(「イオン」および「イオンスタイル」などが215店舗、「ゲオモバイル」のイオンモバイル取扱い店舗17店舗)およびオンラインショップ( https://shop.aeondigitalworld.com/ )にて承るほか、すでに30GB以上の大容量プランを契約中の場合も7月分より自動的に値下げとなります。

一方、納得!夏得!キャンペーン2019はMNPでイオンモバイルに乗り換えると、5,000WAONポイントプレゼントするほか、さらに複数回線でイオンモバイルへMNPすれば最大3,000WAONポイントプレゼントするとのこと。実施店舗は全国のイオンモバイル即日お渡し店舗215店舗で、ゲオおよびゲオモバイル、デジタルワールドでのご契約は対象外。

また「夏得スマホ」として第1弾に「ZenFone Live (L1) ZA550KL」(ASUSTeK Computer製)を6月14日(金)〜6月30日(日)にイオンモバイルの契約と同時にご購入すると、3,000WAONプレゼントします。実施店舗は本州・四国のイオンモバイル即日お渡し店舗167店舗(北海道、九州、沖縄のイオンモバイルおよび、ゲオ、ゲオモバイルの店舗は対象外)。

さらに第2弾は期間が7月1日(月)〜7月31日(水)(予定)、対象機種が「AQUOS SH-M05」(SHARP製)、第3弾は期間が8月1日(木)〜9月2日(月)(予定)、対象機種が「ZenFone MAX (M2) ZB633KL」(ASUSTeK Computer製)となり、各キャンペーンの詳細は後日、イオンモバイルの公式Webサイトにて案内するとしています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・イオンモバイル 関連記事一覧 - S-MAX
・ 7/1(月)、イオンモバイル 30GB以上の大容量料金プラン値下げ(PDF) | イオンリテール
・業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【デジカメ調査室】720万画素で最大18倍ズーム!コンパクト高倍率ズームデジカメ「FZ8」

「FZ8」は、軽量コンパクトサイズに、720万画素CCDと最大18倍※の望遠撮影が可能な光学12倍ズームレンズを搭載したデジタルカメで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーとブラックの2色。価格は、オープンプ…

【ケータイの疑問】ソフトバンクのホワイトプランは本当に安いのか? 店頭お持ち帰り価格″0円″の秘密とは?

はじめまして、memn0ckといいます。今回から、日本のケータイ市場について、あれやこれと探っていくことになりました。よろしくお願いします。さて、今週は月曜日にNTTドコモが同社のフラッグシップモデルとなる「FOMA 904i」シリーズを…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…

【世界のモバイル】なぜ日本国内だけ利用制限?日本の定額データプランの謎

NTTドコモから待望のHSDPA回線を利用したパソコン向けパケット定額サービスが開始された。海外ではすでに多くの通信キャリアが"モバイルブロードバンドサービス"として提供しており、日本もようやく海外と同じサービスが提供されたこと…