最新のWi-Fiセキュリティー規格「WPA3」に早くも脆弱性「Dragonblood」が見つかる!サイドチャネル攻撃による情報からパスワードが推測される可能性



Wi-Fiの新しい認証・暗号化規格「WPA3」に脆弱性が発見される!

ニューヨーク大学アブダビ校のMathy Vanhoef氏およびテルアビブ大学とルーヴァン・カトリック大学のEyal Ronen氏は10日(現地時間)、Wi-Fi Allianceが策定した最新の無線LAN(Wi-Fi)向け認証・暗号化規格「WPA3」にセキュリティー上の脆弱性が見つかったとして論文を公開しています。

両氏は既存の認証・暗号化規格「WPA2」および「WPA」の脆弱性「KRACKs」の発見者でもあり、WPA3に見つかった脆弱性は個人向けに提供される「WPA3-Personal」において“Dragonfly”と呼ばれるSAE(Simultaneous Authentication of Equals)方式にパスワードが推測できる可能性があるとのこと。

脆弱性は「Dragonblood」と名付けられ、特設Webサイト「Dragonblood: Analysing WPA3's Dragonfly Handshake」も公開し、脆弱性をテストするためのツールなどを公開しています。WPA3はKRACKsの発見を受けて2018年6月に発表された新しいセキュリティー規格ですが、登場から1年経たずして脆弱性が見つかったことになります。


Wi-Fiでは通信内容を暗号化して秘匿性を高めるなどの目的でパスワードを用いたセキュリティー対策が推奨されていますが、その認証・暗号化規格の最新バージョンがWPA3です。既存のWPAおよびWPA2の脆弱性であるKRACKsが2017年10月に見つかり、その対策として2018年6月に策定されました。

WPA3では既存のWPA2に4つの新機能を追加してセキュリティーを強化しており、主に家庭用や個人利用を想定しているWPA3-Personalではシングルパスワードベースで構成されますが、暗号鍵をこれまでのPSKからSAEに変更し、さらにハンドシェイクの手順などを変更しています。

これにより、パスワードの長さが安全とされるレベルに達していない場合でもより強固にデータを保護したり、いわゆる“総当たり攻撃“となる特定の文字列を辞書として用いてすべて試すことなどへの耐性を向上させています。

一方で現時点ではWPA3が一般に普及していないこともあり、既存の「WPA2-Personal」と互換性を持たせるためにWPA2ハンドシェイクで接続する移行モードが追加されているのですが、Dragonbloodではこの移行モードを利用して総当たり攻撃によってパスワード解析を行うとのこと。

またWPA3のDragonflyハンドシェイク自体に対するダウングレード攻撃も見つかり、接続元がセキュリティーの弱いグループとして接続しようとした際にアクセスポイントにそのグループがない場合、拒否メッセージで応答して別のグループを用いて接続するよう促しますが、接続元とアクセスポイントの両方が持つグループが偽装されるまで続くとのこと。

さらにアクセスポイントがMODPセキュリティーグループをサポートする場合、アクセスポイントが応答するのにかかる時間によってパスワードを処理するための時間をシミュレートし、パスワードの長さを計算するほか、攻撃される製品のメモリーへのアクセスパターンを観察することで同様にパスワードの推測に用いられるということです。

このようなサイドチャネル攻撃によって得られる情報からパスワードを推測できる可能性があるだけでなく、サイドチャネル攻撃に対する対策が実装されている場合でもアクセスポイントの処理能力が求められ、攻撃者は16個/秒の偽造コミットフレームを生成することで過負荷をかけてサービスを停止もしくは遅くすることが可能だとしています。

一方でWPA3では万が一パスワードが漏洩した場合でも将来に渡ってデータトラフィックを保護する高い機密性を提供しているとされており、今回の脆弱性によってどの程度の影響が出るのかは不明ですが、少なくともパスワードが漏洩しなくてもWi-Fiのアクセスポイントをサービス停止もしくは遅延させることは可能となっています。

そのため、アクセスポイントだけでなくクラインアントについてもスマートフォン(スマホ)など次期プラットフォーム「Android Q」ではWPA3に対応することですし、より安全・安心かつ便利・快適にネットワーク接続ができるように今後の対策が待たれます。

BUFFALO 法人向け 管理者機能搭載 無線アクセスポイント WAPM-1266R [Personal Computers]
バッファロー
2017-07-24



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Wi-Fi Allianceが次世代のセキュリティー規格「WPA3」を発表!従来のWPA2との互換モードも搭載し、ネットワークをより安全・簡単に利用できる仕組みへ【レポート】 - S-MAX
・WPA3 関連記事一覧 - S-MAX
・Dragonblood: A Security Analysis of WPA3's SAE Handshake (PDF)
・Wi-Fi AllianceR、Wi-Fiセキュリティ規格 「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」を発表 | Wi-Fi Alliance

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【気になるトレンド用語】電光石火のゼロデイ攻撃!防御は可能なのか?

パソコンを使っていると、セキュリティホールや脆弱性(ぜいじゃくせい)、ゼロデイ攻撃されたなど、なにやら危険そうなニュースを目にすることが多くなりました。記憶に新しいところでは、よく仕事で使っている、マイクロソフトOffice…

【気になるトレンド用語】携帯会社が争う″モバイルWiMAX″って何?

近頃、"WiMAX"という言葉がインターネットニュースなどで多く見るようになりました。どうやら無線LANと関係がありそうなのですが、携帯メーカーも乗り出しているモ"バイルWiMAX"というのもあるようです。■WiMAX(ワイマックス)ってなに…

【世界のモバイル】″モバイルWiMAX″は日本メーカーの救世主となるか

2.5GHz帯を利用する広域無線通信サービスの免許が総務省から2社に交付された。1社は次世代PHS方式を採用するウィルコム、もう1社はモバイルWiMAX方式を採用するワイヤレスブロードバンド企画である。このうちモバイルWiMAXは国際的に…

【知っ得!虎の巻】パスワードでセキュリティを高めよう

あなたが使っているパソコンは、誰が起動しても使える状態になってはいないだろうか。パソコンを自分しか使わないのであればよいが、家族で同じパソコンを共有していたり、持ち歩いたり、遊びに来た友達が使える環境にある場合は注意が…

【知っ得!虎の巻】ログオンパスワードを忘れたときのために備えよう

Windows XPを搭載したパソコンで、ユーザーアカウントにパスワードを設定している場合、ログオン時にパスワード入力を要求される。毎日利用しているユーザーなら、このパスワードを忘れることはないだろう。しかし、たまにしか利用しな…