日本通信、短期の解約やMNPに解除料がかかる「最低利用期間」のない携帯電話サービス「b-mobile スタートSIM 音声付」を提供開始!990ジャストフィットSIMに無料で移行可能



最低利用期間がない格安SIM「b-mobile スタートSIM 音声付」が登場!

日本通信は5日、移動通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「b-mobile」において新たに短期契約における解除料が設定されていない「b-mobile スタートSIM 音声付」( https://www.bmobile.ne.jp/startsim/ )を2019年3月5日(火)に発売すると発表しています。

b-mobile スタートSIM 音声付はNTTドコモ回線を利用しており、初期手数料(またはパッケージ料金)の3,000円(金額はすべて税別)と月額基本料1,380円(高速データ通信量1.5GB)ではじめられ、音声通話やSMS、データ通信が使えます。

最大の特徴は音声通話に対応したサービスながら最低利用期間がなく、短期間の契約で解約するだけでなく、他社へ乗り換え(MNP)しても特別な解除料がかからない点となります。なお、MNPの場合には別途、MNP転出料3,000円はかかります。


Amazon.co.jpなどで販売されている初期事務手数料の代わりになるスタートパッケージ(画像=左)と実際にSIMカードが入っているSIMパッケージ

b-mobile スタートSIM 音声付は手軽にb-mobileをはじめられる格安SIMで、b-mobileの速度などの通信環境が気に入らなかったら解約やMNPをしやすいように最低利用期間が設定されておらず、気に入ったらそのまま継続して利用できるほか、使った分だけの料金で無駄のない「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」(NTTドコモ回線)に事務手数料なしで変更することもできます。

解約やMNPをするためのMNP予約番号の発行もオンラインサポート「My b-mobile」で手軽に行え、短期の利用でも長期の利用でもまずは気軽にスタートできるとのこと。SIMカードはマルチカットSIMなのでnanoSIMカード(4FF)およびmicroSIMカード(3FF)、標準SIMカード(2FF)のどのサイズとしても利用可能。

通話料は国内宛なら20円/30秒で、専用通話アプリを利用すれば10円/30秒となり、通話5分かけ放題オプション(月額500円)も用意されています。SMS送信料は国内宛なら3〜30円/通、海外宛なら50〜500円/通。キャッチホン(月額200円)や留守番電話(月額300円)、フィルタリング(月額360円)といったオプションも用意。

データ通信は月ごとに1.5GBまで利用でき、1.5GBに達した場合に速度制限されて低速度となるほか、1.5GB以上で特に利用が多い場合(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット・360MB相当以上)はさらに通信速度を制限する場合があるとのこと。

その他、データ通信はファイル交換(P2P)サービスにおいて制限を設ける場合や大容量のダウンロードおよびストリーミングでの連続通信については時間帯によって制限をかける場合があるとしています。契約にはMy b-mobileアカウントおよび本人確認書類、クレジットカードが必要。

b-mobile スタートパッケージ BM-ST-P [エレクトロニクス]
日本通信
2019-03-05





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・b-mobile 関連記事一覧 - S-MAX
・日本通信、最低利用期間なしのMNP対応「スタートSIM 音声付」を新発売 | 日本通信株式会社
・トップページ | b-mobile START SIM

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】データ放送対応!最強のUSBワンセグチューナー「SEG CLIP」

アイ・オー・データ機器より、USB接続ワンセグチューナー「SEG CLIP GV-1SG/USB」が発売された。標準価格は1万1,130円で、店頭実売価格は1万円前後。USBコネクタに挿すことで、携帯機器向けのデジタル放送であるワンセグ放送をPCで受信…

【ケータイラボ】モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート

2007年3月31日、新しい携帯電話事業社であるイー・モバイルが新モバイル・ブロードバンドサービスを開始した。サービス名称は「EMモバイルブロードバンド」で、最初はデータ通信サービスのみの提供である。音声通話サービスは2008年3…

【モバイル通信の実力チェック】ついに夢の2Mbps超え!高速通信カード″FOMA M2501 HIGH-SPEED″を徹底チェック

先週のモバイル通信の実力チェックでは、イー・アクセスが提供する最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバンド"を利用できるモバイル端末"EM・ONE"の実力を検証した。実はNTTドコモも、最大3.6Mbps※のHSDPA通信サービス…

【ケータイラボ】出先で利用するのはどれがオススメ? 最新の″カード型通信端末″をチェック

筆者は、出先で仕事をすることが多くあるので、ノートパソコンを持ち歩くことが多い。特に最近はモバイルタイプのノートパソコンが軽量化したことで、持ち運びに苦痛を感じなくなったから持ち歩くことが多くなった。また、無線LANに対応…