au向け最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9 SCV40」を写真と動画で紹介!リモコン対応Sペンや縦長6.4インチQHD+有機EL、6GB RAM、デュアルカメラなど【レポート】



Blutooth対応のSペンが付属!最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2018年秋冬モデル」を発表し、Bluetoothに対応した「Sペン」を搭載するサムスン電子製のスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9 SCV40」(以下、SCV40)を10月下旬に発売すると発表した。

同日、都内では報道陣向けの「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催。会場で実機を試すことができたので、レポートする。

なお、今回発表された各機種とも、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて2018年10月12日(金)10時より事前予約受付を開始する予定だ。

SCV40は、サムスン電子が今年8月にグローバル向けに発表した「Galaxy Note9」のau向けモデル。

大きな特徴としては、これまでの搭載していた「Sペン」がBluetoothに対応したことで、まるでリモコンのように本体を操作できる「Sペンリモコン」機能が追加された点だ。

Sペンのボタンを1回(シングル)押し、2回(ダブル)押しで異なる操作も可能になっている。


本体のカラーにあわせてSペンのカラーも異なる

例えば、待ち受け状態でSペンのボタンを長押ししてカメラを起動→Sペンのボタンを1回押してシャッターを切る(撮影)→Sペンのボタンを2回押しでインカメラに切り替え→Sペンのボタンを1回押してシャッターを切る(撮影)という使い方が可能だ。

Sペンのボタンを長押しして起動できるアプリはデフォルト(初期)ではカメラになっているが、好みでほかのアプリ起動に変更することもできる。

実際に画面に触れることなくSペンのボタン操作でカメラやギャラリー、ボイスレコーダー、Chrome(ブラウザ)、YouTubeなどのメディアアプリが操作でき、その操作性はまさにリモコン操作をしているようで快適だ。


背面のデュアルカメラ

カメラ機能においては、ワイドアパチャーなどこれまでの機能に加え、シーンオプティマイザーを搭載。カメラを被写体に向けるだけで、花や料理、動物、植物、夜景、テキストなど20種類にわたるシーンを自動認識して、シーンにあわせた最適な写真撮影が可能になっている。シーン認識は、横画面で左側にアイコン表示されるので、撮影している側もどのシーンで認識されているのか分かりやすい。


冷却効率もアップ

見えにくい部分だが、内部構造における冷却システムの見直しにより、Galaxy Note8と比較しておよそ21%の冷却性能がアップしている。ゲームや動画試聴など、本体が熱を持ちやすいシーンにおいて、熱を持ちにくい仕様に改善されているというわけだ。


本体正面


本体背面
左からラベンダーパープル、オーシャンブルー、ミッドナイトブラック


本体正面向かって左側面(上)と右側面(下)


本体上部側面(上)と下部側面(下)

au向けの仕様としては、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグに対応。携帯電話ネットワークではキャリアアグリゲーション(CA)や4x4 MIMO、256QAMなどによって下り最大958Mbpsおよび上り最大75Mbpsの通信に対応している。


スペック表

数多くの特徴が見受けられるSCV40だが、そもそもの基本スペックが高い点も、大きな特徴といえるだろう。中でも、4000mAhの大容量バッテリー搭載、内蔵メモリ(RAM)が6GB、ディスプレイが約6.4インチ 有機EL Super AMOLED Quad HD+(2960×1440)、CPUがSDM845 2.8GHz/4+1.7GHz/4といった点はかなりのハイスペック仕様といえる。

また、ワイヤレス充電(WPC/QiおよびPMA)や、ワンセグおよびフルセグ、防水(IPX5/8)/防塵(IP6X)性能、外部メモリ(microSDXC)512GB対応といった点も魅力だ。


SOUNDGEARプレゼントキャンペーン


プレゼントされる予定のSOUNDGEAR

なお、発売を記念したキャンペーンも実施する予定だ。SCV40を予約、2018年11月18日(日)までに購入し、2018年11月30日(金)までに応募したユーザー全員にもれなくネックスピーカー「SOUNDGEAR」がプレゼントされるというもの( https://www.galaxymobile.jp/discover/event/au2018note9/ )。

最後に、タッチ&トライの会場で説明員に主な特徴や操作を聞いてみた動画を紹介する。


S-MAX:au向け「Galaxy Note9 SCV40」(サムスン製)のSペンでの操作や主な特徴などを聞いてみた


【Galaxy Note9 SCV40の主な仕様】
機種名Galaxy Note9 SCV40
寸法(高さ×幅×厚さ)約162×76×8.8mm
質量約201g
OSAndroid 8.1 Oreo
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度、方式、発色数)
約6.4インチ
QHD+ (1440×2960ドット)
有機EL Super AMOLED
1677万色
CPU
(チップ名、クロック)
Snapdragon 845
2.8GHz×4+1.7GHz×4
オクタコア
内蔵メモリー
(ROM/RAM)
128GB/6GB
外部メモリー
(最大対応容量)
microSDXC(512GB)
バッテリー容量4000mAh
接続端子USB Type-C
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時)
約2750分
連続待受時間※1
(日本国内使用時)
約440時間
(4G LTEエリア/WiMAX 2+エリア)
電池持ち時間※2約130時間
充電時間TypeC 共通 ACアダプタ 01:約150分
TypeC 共通 ACアダプタ 02:約120分
電池パック取り外し
背面カメラ
(画素数、F値)
約1220万画素(広角/デュアルピクセル) 、F1.5・F2.4/約1220万画素(望遠)、F2.4
前面カメラ(画素数、F値)約800万画素、F2.4
防水/防塵○(IPX5/IPX8)/○(IP6X)
ワンセグ/フルセグ○/○
おサイフケータイ(FeliCa)
生体認証○(指紋・虹彩・顔)
au VoLTE
キャリアアグリゲーション
最大通信速度(受信/送信)958Mbps/75Mbps
Wi-Fi
(対応規格:IEEE802.11a/b/g/n/ac)
○/○/○/○/○
Bluetooth(対応バージョン)○(5.0)
赤外線
Miracast
HDMI出力
ハイレゾ音源
バッテリー節電○(省電力モード)
SIMカードau Nano IC Card 04
ラベンダー パープル
ミッドナイト ブラック
オーシャン ブルー
メーカーサムスン電子




記事執筆:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Note9 関連記事一覧 - S-MAX
・au 2018秋冬モデル、5機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社
・最高クラス性能に大容量バッテリー搭載、人気のSペンはさらに進化 - The new super powerful Note - 新スマートフォン「Galaxy Note9」 国内発売決定!全国のauショップ、家電量販店等にて10月下旬より発売開始 | ニュース | Discover - Galaxy Mobile Japan 公式サイト
・Galaxy Note9(ギャラクシー ノートナイン) SCV40 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・Galaxy Note9 | スマートフォン - Galaxy Mobile Japan 公式サイト
・Xperia・Galaxy・AQUOS・LG it… au 2018秋冬最新スマホの注目ポイント|TIME&SPACE by KDDI

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…