レノボ、大画面15.6型プレミアムモバイルノート「ThinkPad X1 Extreme」を発表


レノボ・ジャパンは2018年9月11日、大画面プレミアムモバイルノートブック「ThinkPad X1 Extreme」を発表した。価格は27万8,000円(税別)から。

ThinkPad X1 Extremeは、薄さ約18mm、質量約1.7kgの薄型軽量ボディーに、第8世代インテルCore i7/i5 Hシリーズ・プロセッサー・ファミリー、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。ノートブックながら、VR Ready(Oculus Rift Ready)・Windows MR Readyとしてのハードウェアガイドラインをクリアしている。

4Kディスプレイタッチモデルは、ペン(Lenovo Pen Pro)での操作にも対応。また100% Adobe RGBに対応した液晶を採用し、プロのクリエイターが求める色の再現性に応えるだろう。

薄型軽量・狭額縁デザインのコンパクト設計で持ち運びやすく、最大約16時間の長時間バッテリー駆動により、優れたモビリティを発揮。さらに小型サイズの135W ACアダプター(寸法118×77×21mm)は、ThinkPad X1 Extremeとの持ち運びに便利で、約60分で80%まで充電可能なラピッドチャージ機能にも対応しているため、移動の合間でも十分
にパワーを確保できる。

インターフェースにはThunderbolt 3ポートを2つ装備、高速データ転送が行え、クリエイティブワークをサポートする。

その他、ThinkPadの豊富なアクセサリー類も利用できる。たとえば、ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック(近日発売オプション)と併せて利用することにより、ケーブル1本を接続するだけで4Kモニター最大3台への出力が可能。また各種周辺機器を接続しながら、ThinkPad本体への充電も行える。

■ThinkPad X1 Extreme:主な仕様
OS        :Windows 10 Pro 64bit / Windows 10 Home 64bit
プロセッサー   :第8世代インテルCore i7/i5
          Hシリーズ・プロセッサー・ファミリー ※1
メモリー     :最大64GB
ストレージ    :最大2TB(1TB PCIe NVMe SSD×2)
グラフィックス  :NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
ディスプレイ   :15.6型 UHD マルチタッチ対応IPS液晶 /
          15.6型 FHD IPS液晶
インターフェース :USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt 3共用)×2、
          USB 3.0 Gen1 Type-A×2、HDMI、
          イーサネット拡張コネクター、
          4-in-1メディアカードリーダー、
          スマートカードリーダー (オプショナル)、
          マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約16時間 ※2
本体寸法     :約361.8×245.7×18.4mm
本体質量     :約1.7kg / 約1.8kg(タッチモデル)

■製品詳細

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
・ロジクール、「ASTRO Gaming」ブランドからゲーミングヘッドセットを発売
・アスクから初音ミクとコラボレーションしたTt eSPORTSのゲーミングキーボード&マウス
・XYZプリンティングジャパンから持ち運べる低価格3Dスキャナー「ハンドヘルド3Dスキャナー2.0」
・EPSONからA3ノビ対応のビジネスインクジェットプリンター・間違ってフォーマットしても大丈夫!簡単操作でファイルを復元できる「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…