モトローラ、SIMフリースマホ「Moto G6 Plus」および「Moto G6」、「Moto E5」を6月8日に発売!エントリーからミッドレンジで各々約4・3・2万円に



モトローラのSIMフリースマホ「Moto G6・G6 Plus」と「Moto E5」が6月8日より順次発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは7日、海外では今年4月に発表した流行りの縦長画面などを搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Moto G6 Plus」および「Moto G6」、そしてエントリースマホ「Moto E5」(ともにMotorola Mobility製)を2018年6月8日(金)より順次発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格および公式Webショップ「Moto ストア」ではMoto G6 Plusが税抜38,800円(税込41,904円)、Moto G6が税抜28,800円(税込31,104円)、Moto E5が税抜18,500円(税込19,980円)で、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われます。

販売されるのはMoto G6 Plusのディープインディゴ (PAAT0026JP)およびMoto G6のディープインディゴ(PAAG0028JP)、Moto E5のフラッシュグレー(PACH0011JP)およびファインゴールド(PACH0014JP)で、それぞれSIMフリー製品で日本国内のNTTドコモおよびau、ソフトバンクのネットワークに対応するということです。

【Moto G6 Plus】


Moto G6 Plusはアスペクト比9:18の縦長な約5.9インチFHD+(1080×2160ドット)IPS液晶やデュアルリアカメラを搭載したミッドレンジスマホです。前面だけでなく背面もGorilla Glassを採用した3Dガラスデザインで、縦長画面ながらディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたナビゲーションキーが搭載されています。

リアカメラのメインセンサーは1画素1.4μmと大きな像面位相差オートフォーカス(PDAF)に対応しており、ボケ味のある写真が撮影可能となっています。またカメラ機能は新たにバーコード・QRコードリーダー、物体認証やランドマーク認証による情報取得、顔認証機能などに対応したとのこと。

またnanoSIMカードスロットが2つとは別にmicroSDXCカードスロットがあるため、microSDカードを利用しながらデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)も使えるようになっています。

https://store.motorola.co.jp/item/MOTOG6PLUS.html









・Moto G6 Plusの主な仕様
製品名Moto G6 Plus
ディスプレイ5.93インチFHD+(1080×2160ドット)IPS液晶(407ppi)
大きさ159.9×75.5×8.1mm(最薄部)
重さ165g
背面パネル3Dガラス
防滴◯(p2i)
本体色Deep Indigo
OSAndroid 8.0 Oreo
SoCSnapdragon 630
CPU2.2GHz ARM Cortex-A53コア×8
GPUAdreno 508
RAM4GB
内蔵ストレージ64GB
外部ストレージmicroSDXC(最大128GB)
背面カメラ約1200万画素センサー/F1.7レンズ(画角78°)+約500万画素センサー/F2.2レンズ(画角79°)
前面カメラ約1600万画素センサー/F2.2レンズ(画角80°)
電池容量3200mAh
充電端子USB Type-C
急速充電15W(TurboPower)
イヤホン端子◯(3.5mm)
音響Dolby Audio
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth5.0
NFCType A/B
位置情報GPS、A-GPS、GLONASS、Beidou、Galileo
センサー加速度、近接、ジャイロ、磁気、環境光、超音波、指紋
SIMカードnanoSIMカード(4FF)×2(DSDS対応)
対応周波数帯4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6 含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz


【Moto G6】


Moto G6は同じくアスペクト比9:18の縦長な約5.7インチFHD+(1080×2160ドット)IPS液晶やデュアルリアカメラを搭載し、Moto G6 Plusと同様に前面と背面ともに3Dガラスによるデザインを採用したミッドレンジスマホです。

基本的な製品コンセプトはMoto G6 Plusと同様となっており、ディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたナビゲーションキーを搭載し、microSDカードを使いながらDSDSが可能となっており、背面はデュアルカメラでボケ味のある写真を撮影できるようになっています。

https://store.motorola.co.jp/item/MOTOG6.html







・Moto G6の主な仕様
製品名Moto G6
ディスプレイ5.7インチFHD+(1080×2160ドット)IPS液晶(424ppi)
大きさ153.8×72.3×8.3mm(最薄部)
重さ162.5g
背面パネル3Dガラス
防滴◯(p2i)
本体色Deep Indigo
OSAndroid 8.0 Oreo
SoCSnapdragon 450
CPU1.8GHz ARM Cortex-A53コア×8
GPUAdreno 506
RAM3GB
内蔵ストレージ32GB
外部ストレージmicroSDXC(最大128GB)
背面カメラ約1200万画素センサー/F2.0レンズ+約500万画素センサー/F2.2レンズ
前面カメラ約1600万画素センサー/F2.2レンズ
電池容量3000mAh
充電端子USB Type-C
急速充電15W(TurboPower)
イヤホン端子◯(3.5mm)
音響Dolby Audio
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n準拠
Bluetooth4.2 BR/EDR+BLE
NFC
位置情報GPS、A-GPS、GLONASS、Beidou
センサー加速度、近接、ジャイロ、磁気、環境光、超音波、指紋
SIMカードnanoSIMカード(4FF)×2(DSDS対応)
対応周波数帯4G:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6 含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz


【Moto E5】


Moto E5はアスペクト比9:18の約5.7インチHD+(720×1440ドット)IPS液晶を搭載したエントリースマホで、アーチ型の背面と丸みを帯びた前面ガラスによる人間工学に基づいたコンパクトなデザインは片手で快適に使用可能となっています。指紋センサーは背面に搭載。

低価格モデルながらMotoシリーズの特徴にもなっている2つのnanoSIMカード(4FF)スロットとmicroSDカードスロットがそれぞれ独立しており、microSDカードを利用しながらデュアルSIMに対応した“真”のデュアルSIM対応モデルとなっています。

https://store.motorola.co.jp/item/MOTOE5.html




・Moto E5の主な仕様
製品名Moto E5
ディスプレイ5.7インチHD+(720×1440ドット)IPS液晶(283ppi)
大きさ154.4×72.2×8.9mm(最薄部)
重さ173g
背面パネル重合体ガラス
防滴◯(p2i)
本体色Flash Gray、Fine Gold
OSAndroid 8.0 Oreo
SoCSnapdragon 425
CPU1.4GHz ARM Cortex-A53コア×4
GPUAdreno 308
RAM2GB
内蔵ストレージ16GB
外部ストレージmicroSDXC(最大128GBまで)
背面カメラ約1300万画素センサー/F2.0レンズ
前面カメラ約500万画素センサー/F2.2レンズ
電池容量4000mAh
充電端子microUSB
急速充電10W
イヤホン端子◯(3.5mm)
音響
Wi-FiIEEE802.11b/g/n準拠
Bluetooth4.2 LE
NFC
位置情報GPS、A-GPS、GLONASS、Beidou
センサー加速度、近接、環境光、指紋
SIMカードnanoSIMカード(4FF)×2(DSDS対応)
対応周波数帯4G:B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B5 / B8 / B19(B6 含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Moto G6 Plus 関連記事一覧 - S-MAX
・Moto G6 関連記事一覧 - S-MAX
・Moto E5 関連記事一覧 - S-MAX
・SIMフリースマートフォン「Moto G6 Plus」と「Moto G6」が新登場!! - モトローラ公式オンラインストア
・SIMフリースマートフォン「Moto E5」が新登場!! - モトローラ公式オンラインストア
・Homepage JP | Motorola

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…