KDDI、au向け高コスパスマホ「HUAWEI P20 lite HWV32」を発表!ノッチのある縦長5.8インチFHD+液晶やデュアルカメラなどを搭載。6月上旬発売予定



au向けにファーウェイの高コスパスマホ「HUAWEI P20 lite」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、都内にて『「au 2018 夏モデル」に関する説明会』を開催し、アスペクト比9:19の縦長な約5.8インチFHD+(1080×2280ドット)IPS液晶(約432ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 lite(型番:HWV32)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売時期は2018年6月上旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて2018年5月15日(火)10時より事前予約受付が実施される予定です。


HUAWEI P20 lite HWV32はHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)のau向けとしては今年1月に発売された「HUAWEI nova 2(型番:HWV31)」に続く“高コスパスマホ”の第2弾で、海外では今年3月に発表された「HUAWEI P20」シリーズの廉価モデル「HUAWEI P20 lite」のau版です。

縦長画面やデュアルカメラ、指紋センサーなどを搭載しつつ低価格で販売されるコストパフォーマンスの高いミッドレンジスマホで、流行りの画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある縦長画面の“ほぼ全画面デザイン”(画面占有率約80.5%)となって5.0インチから5.8インチに大画面化したほか、新たに顔認証にも対応しています。

指紋センサーは背面に配置され、本体カラーはミッドナイトブラックおよびクラインブルー、サクラピンクの3色展開。サイズは約149×71×7.4mm、質量は約145g。電池パックは3000mAhバッテリー(取外不可)で、充足充電に対応したACアダプターやクリアケース、イヤホンマイクが同梱。



リアカメラは約1600万画素CMOS+F2.0レンズと約200万画素CMOS+F2.2レンズの“ダブルレンズ”となっており、ファーウェイの撮影後にフォーカス(ピンチ位置)を変更できる「ワイドアパーチャー」機能やボケ味のある写真撮影などに対応します。

またフロントカメラは約1600万画素CMOS+F2.0レンズを搭載し、新たに「Light Fusion Technology」に対応して自撮り(セルフィー)でより明るく鮮明な写真が撮影できるとのこと。センサー類は照度センサーや近接センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパスなど。


基本スペックはHiSilicon Technologies製チップセット(SoC)「Kirin 659」(オクタコアCPU「2.36GHz Cortex-A53×4+1.7GHz Cortex-A53×4)、GPU「Mali-T830 MP2」)や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)とHUAWEI nova 2と同じに。

その他の仕様ではIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・BDS)、USB Type-C端子(OTG対応)、3.5mmイヤホンマイク端子など。サービス面ではau世界サービス(LTE/GSM/UMTS)やauベーシックホーム、バッテリー節電、緊急速報メール、+メッセージなどに対応。

機種P20 litenova 2nova lite 2Mate 10 lite
販路auau・UQSIMフリーSIMフリー
画面5.8型FHD+5.0型FHD5.65型FHD+5.9型FHD+
画面縦横比9:199:169:189:18
ノッチ
大きさ149×71×7.4mm142×69×6.9mm150.1×72.05×7.45mm156.2×75.2×7.5mm
重さ145g143g143g164g
SoCKirin 659Kirin 659Kirin 659Kirin 659
RAM4GB4GB3GB4GB
背面カメラ16MP+2MP12MP+8MP13MP+2MP16MP+2MP
前面カメラ16MP20MP8MP13MP+2MP
電池容量3000mAh2950mAh3000mAh3340mAh
USBType-CType-Cmicro-BType-C
生体認証指紋・顔指紋指紋・顔指紋・顔

携帯電話ネットワークはキャリアアグリゲーション(CA)に対応した下り最大225Mbpsおよび上り最大25Mbpsに対応し、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04」。連続通話時間(VoLTE/日本国内仕様時)は約1100分、連続待受時間(4G LTE・WiMAX 2+・TD-LTE方式/日本国内使用時)は約350時間、電池持ち時間は測定中、充電時間はHUAWEI Quick Chargerで約100分、TypeC 共通ACアダプタ 01/02で約130分。

独自ユーザーインターフェース「Emotion UI 8.0」を採用し、スクリーンショット撮影などはこれまでの「ナックルジェスチャー」ではなく3本指によるスワイプに変更されているということです。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・HUAWEI P20 lite 関連記事一覧 - S-MAX
・au 2018夏モデル7機種を取り扱い | 2018年 | KDDI株式会社
・高いコスパを誇る大人気スマートフォンP liteシリーズ最新作 『HUAWEI P20 lite』 、KDDI株式会社と 沖縄セルラー電話株式会社から発売開始
・HUAWEI P20 lite(ファーウェイ ピートゥエンティー ライト) HWV32 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・HUAWEI P20 lite スマートフォン | 携帯電話 | HUAWEI Japan
・au2018夏モデル登場! Xperia ・AQUOS・Galaxy…新機種の注目ポイントは?|TIME&SPACE by KDDI

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…