Unihertz、次期超小型スマホ「Atom」を6月にKickstarterで発表予定!人気の「Jelly Pro」の後継機種はタフネス仕様で大幅スペックアップ。日本でも発売へ



超小型スマホ「Unihertz Jelly Pro」の後継機種「Unihertz Atom」が6月にKickstarterで発表予定!

Unihertz(ユニハーツ)は23日(現地時間)、同社の次期スマートフォン(スマホ)「Unihertz Atom」を6月にクラウドファウンディングサイト「Kickstarter」で資金募集を開始するとお知らせしています。

日本でも発売する予定ということできちんと日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)も取得してくると見られます。

Atomは日本でも技適マークを取得してAmazon.co.jpで販売し、人気となっている約2.45インチの超小型スマートフォン(スマホ)「Unihertz Jelly Pro」の後継機種で、同様に超小型ながら新たにタフネス仕様に対応するほか、かなり性能が向上されているということです。


Unihertzでは発表当時では世界最小の4G対応スマホとしてJellyおよびJelly ProをKickstarterで発表して無事に資金調達に成功し、昨年8月より出荷を開始したほか、さらに今年はじめには日本向けに技適マークを取得してAmazon.co.jpでSIMフリースマホとしてJelly Proを販売開始しました。

大型化する多くのスマホの中で2.45インチという超小型サイズが話題を呼び、一部で人気となっていますが、そんな同社が早くも次の新製品としてAtomを6月にKickstarterで正式発表するとのこと。さらにKickstarterではキャンペーンで初期購入特典の割引販売があるとしています。


またAtomはタフネス仕様以外でも大幅にスペックが向上しているようで、Jellyとの比較ではCPUがCortex-A53コアの2GHz×4+1.5GHz×4のオクタコア、内蔵メモリー(RAM)が4GB、内蔵ストレージが64GB、電池が2000mAhバッテリー、カメラが約1600万画素リアカメラ+約800万画素フロントカメラとしています。

さらに外観デザインもいわゆる“タフネス”モデルのような若干ゴツいものとなっていて、公開されている画像ではキーやコーナーに赤いアクセントのあるブラックの前面と背面の画像が公開されており、画面サイズは明らかにされていませんが、ほぼ同じ感じで、Jellyシリーズと同じくホームキーなどの物理キーも搭載されているようです。

特に電池パックの大容量化は電池持ちがいまいちだったJelly Proからするとかなり嬉しい改善点だと思われますし、かなりスペックが上がっているので価格が気になりますが、日本でも発売されるということなので正式発表が楽しみですね!

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, 青 [Wireless Phone Accessory]
Unihertz



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Unihertz 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…

【世界のモバイル】海外の市場の強さは″中古ケータイ市場″! 日本は、もう追いつけないのか?

海外と日本の間には、決定的に大きな違い「中古端末市場」がある。海外では携帯電話の中古売買は、あたりまえのものであり、特にアジア圏では街中至るところで"中古携帯"の販売を見ることができる。日本からみれば使い古し端末の売買と…