ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3」や「ZenFone 4」、「ZenFone 4 Pro」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月19日15時から順次提供開始



エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3・4・4 Pro」がAndroid 8.0 Oreoに!

ASUS JAPANは18日、同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KLおよびZE552KL)」や「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」、「ZenFone 4 Pro(型番:ZS551KL)」(ともにASUSTeK Computer製)の4機種に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月19日(木)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれスマホ本体のみで3Gまたは4G LTE、無線LAN(Wi-Fi)の回線によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新ファイルはZenFone 3 ZE520KLが約1.2GB、ZenFone 3 ZE552KLが約1.2GB、ZenFone 4 ZE554KLが約980MB、ZenFone 4 Proが約1.1GBとなっています。

同社では更新のためのファイルサイズが大きいため、Wi-Fiを推奨しており、更新後のビルド番号はZenFone 3 ZE520KLが「JP_15.0410.1803.52_0」、ZenFone 3 ZE552KLが「JP_15.0410.1803.52_0」、ZenFone 4 ZE554KLが「JP_ZE554KL_15.0405.1803.99」、ZenFone 4 Proが「JP_ZS551KL_15.0410.1803.51_0」とのこと。

更新によってアプリを全画面で使いながら動画やナビが見られるPIP(ピクチャー・イン・ピクチャ−)機能や通知方法の細かなカスタマイズが行える「通知チャンネル」、通知のスヌーズ機能など、多くの新機能が使えるようになるとのこと。主な変更点は以下の通り。

■Android 8.0で利用可能となる主な機能
1)PIP (ピクチャー・イン・ピクチャ−)機能をサポート:アプリを全画面で使いながら動画やナビを見ることが可能です。※PIP機能は対応アプリでのみ利用が可能です。
2)「Smart Text Selection」でテキスト選択が楽に:選択したテキストデータの内容を認識し、ペーストすべきアプリを提案してくれます。例えば、電話番号であればテキスト選択後に「コピー」や「切り取り」といった項目に並び「電話アプリ」を表示し、またテキストが住所であれば「マップアプリ」を表示します。アプリ選択後は、すばやく電話をかけたり、位置検索をすることが可能です。
3)アプリアイコンを長押しでサブメニューを表示可能に:アプリアイコンを長押しすることで、小さなサブウインドウが開き、アプリ内へのショートカットやアプリ情報へのアクセスが可能になりました。例えばYouTubeアプリでは、「検索」や「登録チャンネル」といった項目が表示されます。※サブメニューの表示はアプリごとに異なります。
4)「通知チャンネル」の追加:従来の通知設定はアプリ全体に適用されていましたが、アプリ内に細かなカテゴリが設定されて、カテゴリごと通知のON/OFFを選択できるようになりました。例えば、Gmailアプリでは複数のアカウントがある場合はアカウントごとの選択ができるほか、Google Playストアアプリでは「優先度の高いもの」、「更新されたアプリ」、「セキュリティとメンテナンス」などの細かい分類ごとに選択が行えます。
5)通知の「スヌーズ機能」の追加:ステータスバーを下げた時に表示される各種通知を右に少しスライドすると現れる時計マークをタップすると、後でもう一度通知してほしい場合のスヌーズを設定することができます。



ZenFone 3 ZE520KL



ZenFone 3 ZE552KL



ZenFone 4 ZE554KL



ZenFone 4 Pro ZS551KL

ASUSTeK Computerではグローバルでは「ZenFone 3」シリーズおよび「ZenFone 4」シリーズにAndroid 8.0 Oreoおよび新しいユーザーインターフェース「ZenUI 4.0」を提供することを案内しており、日本でもこれまでにZenFone 3 ZE520KLを対象としてASUS JAPANのコミュニティーサイト「A部」においてAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップをA部員特典「A部クローズドβテスター」として実施してきました。

今回、このクローズドβテスターを経て一気に4機種へAndroid 8.0 Oreoが正式に配信開始されます。更新はホーム画面に更新通知メッセージが表示されるので、矢印をタップしてファームウェアのアップデートを実行し、アップデートをすぐに実行する場合は「インストール」をタップして完了すると、デバイスは自動で再起動します。再起動後に「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて更新後のビルド番号になっていることを確認します。

対象は日本向けモデルのZenFone 3 ZE520KLにおけるサファイアブラック(型番:ZE520KL-BK32S3)およびパールホワイト(型番:ZE520KL-WH32S3)、クリスタルゴールド(型番:ZE520KL-GD32S3)、ZenFone 3 ZE552KLにおけるサファイアブラック(型番:ZE552KL-BK64S4)およびパールホワイト(型番:ZE552KL-WH64S4)、ZenFone 4 ZE554KLにおけるミッドナイトブラック(型番:ZE554KL-BK64S6)およびムーンライトホワイト(型番:ZE554KL-WH64S6)、ZenFone 4 ZE554KL カスタマイズモデルにおけるミッドナイトブラック(型番:BK64S4I)およびムーンライトホワイト(型番:WH64S4I)、ZenFone 4 Pro ZS551KLにおけるピュアブラック(型番:ZS551KL-BK128S6)およびムーンライトホワイト(型番:ZS551KL-WH128S6)。

なお、ZenFone 3 ZE520KLにはAmazon.co.jp限定モデルと製品名が明かされずに「ASUS ZenFone Shop」で販売されていた4GB内蔵メモリー(RAM)と32GB内蔵ストレージを搭載したモデルがありますが、ASUS JAPANの広報に確認したところこれらも対象とのこと。Android 8.0 Oreoへのアップデート時の注意点としてZenFone 3 ZE520KLおよびZE552KLでは下記4つのアプリが削除される場合があるということなのでご注意ください。その他、更新に際する注意事項も以下の通り。

<削除となる条件>
・アプリのバージョンアップを行わないまま、Android 8.0へのシステムアップデートを実施した場合
・Android 8.0へのシステムアップデートを実施した後、端末を初期化した場合

<削除対象となるアプリ>
・Mini movie
・Photo College
・やることリスト
・クイックメモ

※ただしクイックメモのみ、アプリ配信マーケット「Google Playストア」から再度ダウンロードすることが可能です。

<注意事項>
※ アップデートを行うと元のバージョンに戻すことはできません。
※ アップデート中は電源を落とさないでください。デバイスが起動しなくなる恐れがあります。アップデート中は電源が切れないようにACアダプターを接続して行ってください。
※ アップデートは、デバイスに保存されたデータを残したまま行うことができますが、状態によっては、データの保護ができない場合があります。アップデートを行う際、大切なデータは事前にバックアップを行ってください。
※ 現在お使いのアプリが、Android 8.0には対応していない場合があります。Android 8.0へアップデート後のアプリの不具合に関しては、各アプリベンダー様へお問い合わせください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ZenFoneシリーズ 関連記事一覧 - S-MAX
・ASUS 日本

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

遠隔地からPCの電源をオン/オフ 「vPro」が変える安全【デジタルネイティブと企業】

「vPro(ヴィープロ)」というキーワードをご存じだろうか。インテルが提唱する「vPro」は、パソコンにおける環境問題とコスト削減、セキュリティを大きく改善するテクノロジーだ。vProテクノロジーは、搭載したパソコンで遠隔操作によ…

残業してるPCをサーバから電源オフに? グリーンITの切り札 vPro【気になるトレンド用語】

CO2削減や環境問題が叫ばれる中、IT業界もグリーンITといった環境取り組みがうたわれています。サーバやネットワーク、オフィスのパソコンやプリンターなどIT業界は、大量に電力を消費する業界でもあります。特にオフィスのパソコンは、…

マウスの動きでアプリを軽快に操作しよう【知っ得!虎の巻】

アプリケーションの起動や、テキストのコピー、貼り付け、ブラウザの操作は、通常はマウスを使ってメニューやアイコンを操作する。画面の小さいネットブックでは、なかなか思い通りに操作できないことがある。今回は、よく行う操作を手…

小窓でお知らせ!起動しているアプリがすぐわかる【いまから知っ得 Windows 7】

Windows 7は、グラフィカルユーザーインターフェイス「Aero(エアロ)」とともにタスクバーを進化させ、Windows Vistaに比べてOSの操作性を格段に向上させている点に大きな魅力がある。前回はタスクバーのタスクボタンをとりあげたが、…

「感情」と「笑い」だ iPhoneアプリ市場で“侍”を目指す作品作りのイロハ【デジタルネイティブと企業】

アップル社が世界各国で発売したiPhone 3Gの登場で立ち上がったiPhoneアプリケーション市場は急成長を遂げ、インターネットの金鉱のごとく法人・個人を巻き込んだゴールドラッシュを生み出した。アプリケーション開発ができれば、法人・…