【ケータイラボ】新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」


auがリリースしてきたオシャレで個性的な端末"au design project"。その6番目として登場したのが「MEDIA SKIN」である。単にデザイン重視というだけでなく、世界初の26万画素有機ELメインディスプレイの採用や、ワンセグに対応、131万画素のカメラ機能など、機能面でも充実している。さっそく購入したのである。

■"MEDIA SKIN" 本体紹介

まずはカンタンにスペックを紹介しよう。数値につく"約"は省略させていただいた。サイズは高110mm×幅50mm×厚13.1mm(最厚部13.7mm)。重さは104g。連続待ち受け時間が260時間、連続通話時間が210分である。ワンセグ視聴時間はDBEXオフ時で250分、DBEXオン時で235分だ。

フリップを開いたところ。見ての通りボタン類はかなり小さい。

メインディスプレイは有機ELで2.4インチのQVGA表示(横240ドット×縦320ドット)、最大26万色表示が可能だ。メインカメラは、有効画素数131万画素のCMOSカメラで、最大記録サイズが1,280×1,024ピクセルだ。サブカメラはついていない。

本体左側面。外部接続端子部が左側に準備されている。本体右側面。右側に平型イヤホン端子部、左側にmicroSDカードスロットが配置されている。本体裏面。カメラのレンズの左側に撮影ライト/簡易ライトが、レンズの上側にマクロ撮影切り替えスイッチがある。

データフォルダ容量は65Mバイト(もしくは1,000件、BREWファイルと共有)。外部メモリ用のスロットが準備されていて、2GバイトのmicroSDタイプの外部メモリーに対応している。ちなみに外部メモリーは別売だ。本体カラーはオレンジ、ブラック、ホワイトの3色が準備されている。筆者はオレンジを購入した。

これが卓上ホルダ。かなり大きめである。このようにして卓上ホルダに乗せる。

次のページでは、MEDIA SKINの最大の特長"触感"を見ていただこう。

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【デジカメ調査室】これからの一眼レフは1000万画素がスタンダード

2006年は、一眼レフのブームや低価格化が進んだことにより各メーカーから数々のデジタル一眼レフカメラが発売された。その中でも脚光を浴びたのが、今回紹介するNikon「D80」とPENTAX「K10D」ではないだろうか。「D80」は、低価格の一眼…

【アキバ物欲】Vista導入前の下準備!バックアップ特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。同社が5年ぶりにパソコン市場に投入するOSであるだけに、パソコンのOSをVistaに移行する計画を立てている人は多いであろう。Windows …

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…

【ケータイラボ】3.2メガピクセルカメラやGPS機能が使える!ハイスペックケータイ「813T」

「813T」は、コンパクトなボディーに、3.2メガピクセルカメラやGPS機能を内蔵した東芝製のハイスペックケータイ。発売時期は3月上旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「813T」は、落ち着いた雰囲気の上質感漂うクールカラーをま…