全国約2900店の「マクドナルド」にてNFCによる非接触決済サービスを3月13日より提供開始!国際標準規格でより支払方法が広がり、VisaやMastercard、JCB、American Expressで利用可能



全国のマクドナルドで3月13日からNFC決済サービスがスタート!

日本マクドナルドおよび三井住友カード、ジェーシービー、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは8日、全国約2900店舗(一部店舗除く)のハンバーガーチェーン「マクドナルド」においてNFCによる非接触決済サービスを「Visa」および「Mastercard」、「JCB」、「American Express」のクレジットカードで2018年3月13日(火)より提供開始すると発表しています。

これまでマクドナルドでは、日本独自の電子マネー「iD」および「WAON」、「楽天Edy」、「nanaco」、「QUICPay⁺」、「Suica」などの交通系電子マネーといった6つの電子決済サービスに対応していました。

今回、さらに便利でスムーズにマクドナルドで支払いを済ませるために新たに国際標準規格のNFCによる非接触決済サービスを導入し、NFC搭載のスマートフォン(スマホ)などの携帯電話やNFC対応クレジットカードを決済端末にかざすだけで支払うことが可能となります。


マクドナルドでは各種電子マネーやクレジットカードでの支払いに対応していますが、すでに2018年上期にNFCによる決済サービス「Visa payWave」や「Mastarcard コンタクトレス」、「JCB Contactless(旧:J/Speedy)」、「American Express Contactless」に対応することを発表していました。

これが今回、実際に3月13日よりスタートするということで、マクドナルドでは2018年も変化する利用者のニーズに対応するため、利便性の強化を新しい取り組みとして注⼒し、日頃からマクドナルドを利用している人により便利で幅広い決済サービスを利⽤してもらうことで、マクドナルドで気軽に食事をして欲しいとしています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・NFC による決済サービスを新たに導入 | McDonald's Japan

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…