NTTドコモが「Xperia XZs SO-03J」および「Xperia XZ SO-01J」、「Xperia X Performance SO-04H」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始



docomoのXperia XZs・XZ・X PerformaneがAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは7日、同社が2016年夏から2017年夏にかけて発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs S0-03J」および「Xperia XZ SO-01J」、「Xperia X Performance SO-04H」(ともにソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を順次提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)またはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、更新時間はXperia XZs S0-03Jが約46分および約38分、Xperia XZ S0-01JおよびXperia X Performance SO-04Hがともに約44分となっています。更新後のビルド番号は3機種ともに「41.3.B.0.405」。主な変更点は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PIP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択
3)AutoFill機能によるログイン情報の入力が容易に
4)カメラの機能追加(Xperia XZs SO-03Jのみ)
 ・笑静止画歪み補正機能に対応
  ※画質よりも歪みの補正が優先されるため、画質を優先する場合はOFFに設定してください。
5)ユーザーインターフェース(UI)の改善
 ・クイック設定や設定のUIがわかりやすく

◯改善される事象
6)カーナビに電話帳の画像が表示されない場合があります。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年2月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。



XperiaシリーズにおけるAndroid 8.0 OreoによるUIの改善

各機種ともにソニーブランドの「Xperia」シリーズにおけるハイエンドモデルで、Xperia XZs SO-03Jは「Xperia XZs」のNTTドコモ版として2017年5月に、Xperia XZ SO-01Jは「Xperia XZ」のNTTドコモ版として2016年10月に、Xperia X Performance SO-04Hは「Xperia X Performance」のNTTドコモ版として2016年5月にそれぞれ発売されました。発売当初はXperia X Performance SO-04HおよびXperia XZ SO-01JはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)でしたが、2017年1月にAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)へのOSバージョンアップが提供されており、Xperia XZs SO-03Jは発売時よりAndroid 7.0 Nougatでした。

なお、すでにこれらの3機種については日本でもau版が2月9日より順次同様のOSバージョンアップが提供されているほか、Xperia XZsについてはSoftBank版も2018年2月13日より提供されています。一方、NTTドコモではXperiaシリーズとしてすでに「Xperia XZ Premium SO-04J」にAndroid 8.0 Oreoを配信しており、それに続くものとなっています。

今回、各機種ともにより新しいAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップが提供開始されます。更新方法はアプリ一覧から「設定」アプリを起動し、「端末情報」→「Androidバージョンアップ」から実施します。詳細な操作手順は「Androidバージョンアップ操作手順について | お客様サポート | NTTドコモ」をご参照ください。同社では日頃使っているアプリをより快適に使うために、アプリのアップデートも合わせて実施するように案内しています。アプリアップデートは「Playストア」および「設定」から。詳細は「Androidのアプリアップデートについて | お客様サポート | NTTドコモ」をご参照ください。

ビルド番号(ソフトウェアバージョン)の確認方法は「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」から行い、過去のビルド番号はXperia XZs SO-03Jが「41.2.B.0.186」または「41.2.B.0.207」、「41.2.B.0.227」、「41.2.B.0.243」、「41.2.B.0.265」、Xperia XZ SO-01Jが「39.0.B.0.361」または「39.0.B.1.19」、「39.2.B.0.208」、「39.2.B.0.244」、「39.2.B.0.256」、「39.2.B.0.288」、「39.2.B.0.311」、「39.2.B.0.328」、「39.2.B.0.336」、Xperia X Performance SO-04Hが「35.0.B.2.260」または「35.0.B.2.272」、「35.0.B.2.292」、「35.0.B.2.355」、「35.0.B.2.360」、「35.0.B.4.24」、「39.2.B.0.208」、「39.2.B.0.244」、「39.2.B.0.256」、「39.2.B.0.292」、「39.2.B.0.311」、「39.2.B.0.328」、「39.2.B.0.336」。その他、ソフトウェア更新に際する注意点は以下の通りです。

・アップデート手順をよく読み、お客さまの責任において実施してください。
・アップデートすると、以前のソフトウェアバージョンへ戻すことはできません。
・アップデートの際は、必要に応じて、事前にデータをバックアップしてください。
・携帯電話(本体)をフル充電してから実施してください。電池残量が不足している場合はアップデートできません。
・端末本体(Xi/FOMA)でのアップデートにはドコモ契約のあるドコモnanoUIMカードおよびspモードの契約が必要です。
・国際ローミング中に端末本体(Xi/FOMA)でのアップデート、もしくは、圏外中に端末本体(Wi-Fi、Xi/FOMA)でのアップデートを実行すると「Wi-FiまたはFOMA/Xiの電波が受信できない場所ではインストール処理を開始できません」と表示されます。
・アップデートの際、本端末固有の情報(機種や製造番号など)が、自動的に当社のサーバーに送信されます。当社は送信された情報を、Androidバージョンアップ以外の目的には利用いたしません。
・アップデート中は、電話の発着信を含め全ての機能をご利用いただけません。
・アップデート中は、絶対に電源をOFFにしないでください。
・アップデートに失敗し、一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモショップなどの故障受付窓口までご相談ください。
・アップデート後にGoogle Playストアなどからアプリケーションをアップデートしてください。
・アップデートすると、一部の設定が初期化されます。アップデート完了後、再度設定を行ってください。
・アップデートすると、個別で設定できた時計アプリの「アラーム音量」機能が削除されます。「設定」⇒「音設定」⇒「アラーム音」から一括設定することが可能です。
・アップデートすると、ホーム画面より音声検索アイコンが削除されます。音声検索機能はGoogle検索ウィジェットやGoogle検索窓から引き続きご利用いただけます。
・アップデートすると、「ARエフェクト」アプリが削除されます。「カメラアプリ」を起動して右スライド2回「カメラアプリ」⇒「ARエフェクト」から起動可能で、データは引き継がれます。
・アップデートすると、Lifelogウィジェットが削除されます。LifeLogアプリは引き続きご利用いただけます。docomo LIVE UXをご利用の場合には、アップデート後に「ウィジェットを表示できません」と表示され起動できません。

※Android 7.1向けのアプリケーションはAndroid 8.0では正常に動作しない場合があります。
※Android 8.0に非対応のアプリによって携帯電話の動作が不安定になったり、機能が正常に動作しなくなる場合があります。
※各アプリケーションのAndroid 8.0対応有無については、アプリケーションの提供元にご確認ください。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Xperia XZs 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia XZ 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia X Performance 関連記事一覧 - S-MAX
・Xperia XZs SO-03Jの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
・Xperia XZ SO-01Jの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
・Xperia X Performance SO-04Hの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】ドコモにもついに登場!「サイクロイドスタイル」

誰もがキレイな液晶画面だと納得するのがシャープの携帯電話である。ようやく、ドコモの携帯電話にも3.0インチワイドQVGAモバイルASV液晶を搭載し、「AQUOS」の冠を与えられた端末が登場した。ドコモショップに聞いてみると、問い合わせ…

【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性

例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフ…

【ケータイラボ】ケータイの常識を変える!シリーズ唯一のハイスピード携帯、ドコモ″N904i″の真価

このあいだ、新聞を見てびっくりした。ドコモのことをはっきりと"独り負けドコモ"と書いてある。まさかこんなことになるとは…。「そろそろ反撃してもいいですか」という広告で、au、SoftBankなどにライバル心むき出しにしたドコモ。反撃…

【世界のモバイル】ドコモは世界に反撃できるか? 海外でiモードは普及するのか?

5月30日から香港でもiモードサービスが始まり、これでiモードは日本を含む世界18の国と地域でサービスが展開されることになった。着々と海外でも導入されるiモードだが、果たして今後のさらなる普及と展開はどうなるのだろう。国内で話…