【ケータイの疑問】2in1でドコモの反撃はあるのか? 2007年夏モデルにみるドコモの可能性


例年通り5月のゴールデンウィークを明けてから、auやソフトバンクの2007年夏モデルも発表されました。また、各社の2007年3月度の決算発表も行われ、MNP以降の各社の明暗が鮮明になりました。

2007年4月のMNP利用動向では、ついにソフトバンクも転出より転入のほうが多くなるなど、"au一人勝ち"状態から"ドコモ一人負け"状態になりつつあります。今回は、そんな各社の夏モデルを見比べながら、ドコモの反撃があるのか見ていきたいと思います。

■スタイルで勢いづくauとソフトバンク、サービスとプロモーションで対抗するドコモ

NTTドコモが4月23日に「FOMA 904iシリーズ」を発表したのに続いて、auおよびソフトバンクが同じ5月22日にそれぞれ2007年夏モデルを発表しました。auはMNPの勢いそのままに一気に"15機種"を、ソフトバンクも1月のホワイトプラン導入以降に徐々に上向いている状況を背景に"12機種"を発表しました。

auは、防水やWALKMAN/EXILIMといったコラボモデルを筆頭に15機種中7機種がワンセグ搭載となっていますし、ソフトバンクもWindows Mobile 6搭載のスマートフォンやよりハイスペックになったAQUOSケータイなど充実したラインアップになっています。

それに対して、NTTドコモは903iのセカンドモデルとなる903iSシリーズを飛ばして、"904iシリーズ"を発表。機種数が5機種と、auやソフトバンクと比べると少なくなっています。もちろん、今後、下位モデルとなる"70xiシリーズ"も投入されるでしょうから、一概にauやソフトバンクの2007年夏モデルと機種数を比較できないとは思いますが、少なくとも、ハイエンドモデルだけを見比べたとしても、ワンセグ搭載率やHSDPA対応率などといった部分で、NTTドコモのラインアップはやや寂しいものとなっています。

その分、今回のドコモは新サービスである「2in1」や「うた・ホーダイ」をはじめとした、サービスを重視した内容となっています。また、auが"ウォークマン・ケータイ"や"EXILIMケータイ"というように、ハードメーカーとコラボレーションしているのが目立つのに比べ、NTTドコモでは「楽オク出品アプリ」では楽天と、「iアプリバンク」では銀行とアプリケーションでコラボレーションしたとも考えられます。

ただ、こういったコンテンツでの他事業者との連携は、これまではGoogleやGreeなどと連携してきたauの"十八番"といった感じも否めません。もちろん、こうしたサービスでの連携は重要で、コンテンツの幅や使いやすさというのは市場を左右する重要なファクターではあるのですが、少しインパクトにかけるという印象です。

楽オク出品アプリiアプリバンク


もうひとつ、NTTドコモの夏モデルで特徴的なのは、「DoCoMo 2.0」と銘打った大々的なプロモーション(宣伝)でしょう。以前にauのテレビCMに出演していた妻夫木聡をはじめ、浅野忠信、長瀬智也、土屋アンナ、蒼井優、吹石一恵、瑛太、北川景子の8人のタレントを起用し、ストーリー仕立てでテレビCMが放映されます。

こうしてみて見ると、発表会ではサービスなどに自信があり、大きくステップアップするラインアップであるため903iSを飛ばしたというようなことをいっていましたが、むしろ自信がないようにも見えて仕方がありません。大掛かりな宣伝も、それをフォローするかのように見えてしまいます。そもそも、DoCoMo 2.0の決め文句である「そろそろ反撃してもいいですか?」も「反撃します」ではなくて疑問調なところも弱々しく感じますし、本当に反撃しようとしているのでしょうか。

MNP利用者数推移

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】大人の女性に向けたケータイ「ベネトンコラボレーションモデル」

「ベネトンコラボレーションモデル」は、シンプルな形状と機能にこだわったストレートタイプの音声端末「nico.」をベースにした、ベネトン ジャパンとのコラボモデル。発売時期は2月下旬予定。価格はオープンプライスだが、ウィルコム…