ASUS JAPAN、低価格なSIMフリースマホ「ZenFone Live ZB501KL」にワイモバイルのVoLTEに対応するソフトウェア更新を1月24日15時より提供



SIMフリースマホ「ZenFone Live ZB501KL」がauに続いてY!mobileのVoLTEにも対応!

ASUS JAPANは23日、昨年7月に発売したSIMフリーのエントリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Live(型番:ZB501KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」の高音質通話サービス「VoLTE」への対応を含むソフトウェア更新を2018年1月24日(水)15時より順次配信開始すると発表しています。

これにより、従来から対応していたau VoLTEに続いてY!mobile VoLTEにも対応し、新たにY!mobileのVoLTE対応機種同士での通話品質が向上し、呼出時間が短縮され、通話中のデータ通信が高速に行えるようになるということです。



同社ではSIMフリースマホのauへのVoLTEに加えて、Y!mobileのVoLTEへの対応を進めており、すでに「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」、「ZenFone 4 Pro(型番:ZS551KL)」、「ZenFone 4 Selfie Pro(型番:ZD552KL)」の3機種に昨年12月18日より、「ZenFone 4 Max Pro(型番:ZC554KL)」に昨年12月26日より、「ZenFone Zoom S(型番:ZE553KL)」に昨年12月29日より、「ZenFone 4 Max(型番:ZC520KL)」と「ZenFone 4 Selfie(型番:ZD553KL)」に1月15日より提供しています。

今回、新たにこれらに続いて低価格モデルのZenFone Live ZB501KLにも提供開始されます。対象機種は「ZB501KL-BK16」(ネイビーブラック)および「ZB501KL-GD16」(シャンパンゴールド)、「ZB501KL-PK16」(ローズピンク)の日本で販売されている各色。

更新はスマホ本体のみで4G(LTE)や3G(W-CDMA)、無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由のOTAによる方法が用意されており、ホーム画面に更新通知メッセージが表示されるので、矢印をタップしてファームウェアのアップデートを実行し、アップデートをすぐに実行する場合は「インストール」をタップします。

インストールが完了すると、デバイスは自動で再起動します。なお、再起動後に「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の部分に記載されている数字が以下のビルド番号になっていることを確認するよう案内しています。アップデート後のビルド番号は「JP_13.1407.1711.51_20180103」、更新時にダウンロードするファイル容量は約71.9MB。更新に際する注意点は以下の通り。

※アップデートを行うと元のバージョンに戻すことはできません。
※アップデート中は電源を落とさないでください。デバイスが起動しなくなる恐れがあります。アップデート中は電源が切れないようにACアダプターを接続して行ってください。
※アップデートは、デバイスに保存されたデータを残したまま行うことができますが、状態によっては、データの保護ができない場合があります。アップデートを行う際、大切なデータは事前にバックアップを行ってください。
※VoLTEによる高音質通話は、SIM1でのみ使用可能です。


ASUS ZenFone Live SIMフリースマートフォン (ブラック 5インチ)【日本正規代理店品】(クアッドコアCPU/2GB/16GB/5型/2,650mAh) ZB501KL-BK16/A [エレクトロニクス]
Asustek
2017-07-14





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ZenFone Live ZB501KL 関連記事一覧 - S-MAX
・「ZenFone Live」へY!mobileのVoLTE実装を含むFOTAアップデート開始

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…