Windows Phoneが事実上終了へ!MicrosoftがWindows 10 Mobileの新機能や新製品のリリースはしないと説明ーー不具合修正やセキュリティーアップデートなどは継続



Windows 10 Mobileは死んだ!?新機能や新製品の投入はしない模様

MicrosoftのWindows and Devices Group 副社長を務めるJoe Belfiore氏が自身のTwitterアカウントにて同社のスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Windows 10 Mobile」について“今後は新たな機能の追加や新製品へはリリースしない”と投稿しています。

同社では先日、AndroidやiPhone向けのWebブラウザー「Microsoft Edge」のプレビュー版をリリースしており、同氏はWindows搭載のパソコン(PC)を使っている人の多くがすでにAndroidやiPhoneを使っていると説明。

また同氏は自身もユーザーとしてAndroidに乗り換えたとし、今後はこれらのiPhoneなどのiOSやAndroidとWindows PCとのエコシステムを拡充していくとのこと。なお、今後も主に企業向けなどとして不具合修正やセキュリティーパッチの提供などのWindows 10 Mobieのサポートは継続していくとしています。


Microsoftではスマホなどのモバイル市場においてプラットフォームの立ち上げに失敗し、直近では2015年の暮れにWindows Phoneから新しくPCなど向けの「Windows 10」とコアを共通化したWindows 10 Mobileを提供しています。

コアを共通化してユニバーサルアプリという仕組みを導入したとはいえ、ユーザーインターフェース(UI)などの問題からWindows 10 Mobile向けのアプリは増えず、その後もモバイル市場においてシェアの高いiPhoneなどのiOSやAndroidの牙城を崩せずにいました。

こうしたことはMicrosoftでも認識しており、なんとか主要なアプリだけでも揃えられないかと模索していましたが、結局うまく行かなかったようで、むしろ最近では著名アプリが撤退をするなどしており、Joe Belfiore氏も原因として「アプリの欠如」を挙げています。

こうした中で今回のWindows全体を率いる同氏が新機能や新製品のリリースはしないことを明らかにしたのは事実上の「Windows Phone」の終了を意味しているといっても過言ではないでしょう。

以前から独自スマホ「Surface Phone」やWindows 10コアの新たなモバイル向けOS「Andromeda」といったものの噂が絶えませんが、今回、Joe Belfiore氏だけでなく、少し前に明らかにされたMicrosoft共同創業者であるBill Gates氏もAndroidに乗り換えたことが話題となっており、少なくとも当面はMicrosoftから“Phone”が出ることはなさそうです。

一方で今年後半にはWindows 10のARMへの対応が行われ、Qualcomm製チップセット「Snapdragon 835」搭載のWindows製品が登場する予定で、スマホなどの電話とは違った形でのモバイル製品が投入される可能性はまだあると思われ、そういった意味ではまだ期待できるのではないかと思いたいところです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Windows 10 Mobile 関連記事一覧 - S-MAX

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【ケータイラボ】安心と使いやすさを実現!子どもを守るケータイ「コドモバイル 812T」

「コドモバイル 812T」は、ソフトバンクモバイル初の子ども向けGPS機能付ケータイ。発売時期は2月中旬以降を予定し、価格はオープンプライス。カラーバリエーションは、ブルーとピンクの2色。「コドモバイル 812T」は、液晶上部のスイ…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【世界のモバイル】世界はモバイルインターネットの時代へ

今や一大産業となった携帯電話コンテンツビジネス。しかし日本や韓国では携帯コンテンツの利用は日常的になっているものの、他の市場ではまだまだ普及途中の段階で、携帯電話を音声端末としてのみ利用しているユーザーが大多数に上って…

【ケータイラボ】ワンセグ対応!定額モバイルブロードバンド端末「EM・ONE」を体験

イー・アクセス株式会社が2007年2月19日に発表した「EM・ONE(エムワン)」は、OSにMicrosoft Windows Mobile 5.0 software Pocket PC 日本語版(Windows Mobile 5.0)を採用し、最大3.6MbpsのHSDPA通信サービス"EM モバイルブロードバ…