NECと三井住友銀行がコンビニでスマホなどの画面にバーコードを表示して収納できるサービス「PAYSLE」を提供開始!まずはミニストップとセコマ、続いてセブンやファミマ、ローソンでも



ゼロから始めるスマートフォン

日本電気(以下、NEC)および三井住友銀行が共同出資して設立した会社のブリースコーポレーション(以下、brees)は7日、スマートフォン(スマホ)などを使ったコンビニエンスストア(以下、コンビニ)で収納できるサービス「PAYSLE(ペイスル)」の提供を開始すると発表しています。

まずは2017年9月15日(金)からミニストップで開始され、2017年9月中にセコマにて取り扱いが開始されます。また2018年中にはセブン-イレブンやファミリーマート、ローソンでも取り扱いをスタートする予定だということです。


PAYSLEは、コンビニ払いの際に用いる紙の支払票に記載されたバーコードをスマホなどにインストールした専用アプリで画面上に表示し、コンビニの店頭でバーコードを読み取ってもらうことによって決済できるようにしたサービスです。

支払票を電子化することで、利用者の利便性向上や請求事業者の払込票発行・郵送コストの削減、コンビニの店頭・管理業務の効率化といったメリットがあるとのことです。

専用アプリは9月13日(水)よりダウンロードできるようになる予定で、対応OSはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以上およびiOS 5.3以降となっています。

さらにbreesではPAYSLEにて直接、請求事業者と収納データをやり取りするだけでなく、決済代行会社を介するケースも想定しており、決済代行会社としてSMBCファイナンスサービスおよび電算システムを予定しているとのこと。

この他、2017年9月末にマザーズへの上場を果たす自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」とのサービス連携が予定されているとしています。


breesと請求事業者が収納データを直接やり取りする場合



間に決済代行会社が入る場合


記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン


■ゼロから始めるスマートフォン
■スマホを使ったコンビニ収納サービス「PAYSLE」。まずはミニストップとセコマが導入。セブン、ファミマ、ローソンも予定 - ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・スマートフォンを活用したコンビニ収納サービス「PAYSLE(ペイスル)」のサービス開始について (2017年9月7日): プレスリリース | NEC

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

女性も使えるスリムなスマートフォン Dual Diamond(S22HT) 【ケータイ・ラボ】

スマートフォンというとiPhone 3Gに代表されるタッチ操作を思い浮かべる人も多いが、タッチ操作だけがスマートフォンではない。非タッチパネルを搭載して一般のケータイと同じようにハードキーで操作できるスマートフォンもあるのだ。今…

機密は漏れる前に消せ! 事故ゼロの幻想を棄てる企業防衛【デジタルネイティブと企業】

今や多くの企業ではIT化は進み、社内ネットワークなどにより業務はシステム管理されている。企業が保持する膨大なデータは一括で管理され整理され必要に応じて機能的に利用できるようになった反面、データの漏えいや情報流出は企業にこ…

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

危機勃発!節約でコンビニ食、電動バイクの暴走族は絶滅危惧種入り?【4コマでわかる時事ニュース】

今週の時事4コマは、迫りくる危機について考えてみましょう。電動バイクの登場で暴走行為の愛好者は大ピーンチ・・・。あのエンジンの大音響はデジタル音源で再現しなければならなくなる? 企業スポーツも不況の影響で予算削減、練習場…

レジで赤恥? うれしいサービスの落とし穴と初恋のツケは痛い【4コマでわかる時事ニュース】

今週の時事4コマは、喜怒哀楽はっきり分かれた話題をお届けしましょう。【喜】不況の中でも好調なコンビニですが、うれしいサービス「お得意様サービス」をファミリーマートが実施へ。でもそこには落とし穴、レジ前で私たちの秘め事が……