GoogleアシスタントやGoogleフォトで使える画像認識・検索技術「Google Lens」を発表!AIによる画像認識率はすでに人間超えに、Cloud TPUがGoogle Compute Engineで利用可能に



GoogleがAI(人工知能)+ML(機械学習)の活用を拡大!

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、新たな検索技術「Google Lens」を発表しています。

スマートフォン(スマホ)などのカメラに映し出された画像に含まれる情報を検索する技術で、同社が以前に提供していた「Google Goggles」に似ているものの、Google Gogglesでは人力で検索していたのに対し、Google Lensでは人工知能(AI)による機械学習技術を利用しているとのこと。

まずはサポートサービス「Google Assistant」やクラウドフォト・ムービーストレージサービス「Google Photos」にて利用できるようにするとし、例えば、Google Assistantでは目の前にある花がどんな種類なのかというのをカメラで写すと答えが返ってくるなどといった使い方になるということです。


Google Assistantにおける言語認識エラー率が下がっている

GoogleではAIによる機械学習技術を拡充しており、昨年に発表したGoogle Assistantでもサービス開始時に単語エラー率8.5%だったのが現在では4.9%に減るなど、言語認識率が上がってきているほか、画像に至ってはどんな情報が含まれているかの認識度がすでに人間を上回っていることを紹介していました。

そのため、これまでのGoogle Assistantの言語による検索やサポートよりもさらに画像による検索やサポートのほうがよりAIを活用できるとし、Google Lensを導入。これまでにもGoogle フォトについてはAIを使ったサジェスションなどを行ってきましたが、さらにこれらの機能が強化されます。

またGoogle Assistantでは情報入力にカメラ(画像)が用いられるようになり、上述のような花の種類だけでなく、いわゆる文字認識(OCR)も含めたさまざまな情報を画像から得て文字情報として人間に伝えてくれるようになるということです。


Google Assistantの日本語対応として「たこ焼き」などが紹介



OCRで文字情報に変換してくれるのはよくある使い方

こういった画像へのAIの応用ではすでに先日、Googleが適当に描いた絵・図などからより詳細な絵・図にしてくれるWebサービス「AutoDraw」( https://www.autodraw.com/ )をリリースしており、今後もいろいろなサービスを提供していくということです。

またこれらを支える技術である第2世代のTensor Processing Units(TPU)がGoogle Cloudに登場し、まずはこの第2世代のCloud TPUは最大180T flopsを実現する新しいTPUデバイスで構築され、Google Compute Engineで利用できるようになるとしています。

Google Compute Engineにて提供される第2世代のCloud TPUはあらゆる形状とサイズの仮想マシンに接続し、Intel Skylake CPUやNVIDIA GPUなどの他のハードウェアと組み合わせて組み合わせることができ、GitHubで最も一般的なオープンソースのマシン学習フレームワークであるTensorFlowでプログラム可能だとのこと。

これにより、CPUやGPU、Cloud TPUの機械学習モデルを最小限のもので簡単に訓練できる高レベルAPIを導入し、Googleだけでなく多くの開発者やパートナーが最高の機械学習システムを構築して新しいサービスを生み出すことを期待しているということで、例えば、最近では音楽検索サービス「Shazam」が音楽認識の大半をGoogle Cloud上のNVIDIA GPUに移行し、柔軟性を得ながら費用を節約したことを発表しています。


AIを使ったお絵かきサービス「AutoDraw」



Cloud TPU



Google Compute Engine



AutoML


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Google I/O 関連記事一覧 - S-MAX
・Your Google Assistant is getting better across devices, from Google Home to your phone
・Build and train machine learning models on our new Google Cloud TPUs
・Partnering on machine learning in healthcare
・Google I/O'17: Google Keynote - YouTube
・Google I/O 2017
・Google.ai

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

真のモバイル・ブロードバンド時代へ!「UQ WiMAXサービス開通式」レポート【ケータイラボ】

UQコミュニケーションズ株式会社は、高速モバイルデータ通信が利用できる世界基準のフューチャー・ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAXサービス」を開始するのに先立ち、2009年2月26日、都内 帝国ホテル本館4階「桜の間」において「UQ…

屋外でも光の高速ネットを実現!「UQ WiMAX」の仕組み【最新ハイテク講座】

仕事だけでなくプライベートでも、今やインターネットは欠かせない存在となってきた。インターネット白書2008によると、日本のインターネット市場はすでに成熟期に入り、光ブロードバンドも急速に普及している。会社や家庭だけでなく、…

ネットブックを自分らしく!画像を替えるワザ5連発【知っ得!虎の巻】

日頃常に持ち歩くネットブック。せっかくなので壁紙だけでなく、アカウント画像やアイコン画像を自分らしくカスタマイズし、徹底的に「自分マシン」にしてみよう。もっと親しみが増すはずだ。■知っ得 No.0090 PC上のいろいろな画像をオ…

レジで赤恥? うれしいサービスの落とし穴と初恋のツケは痛い【4コマでわかる時事ニュース】

今週の時事4コマは、喜怒哀楽はっきり分かれた話題をお届けしましょう。【喜】不況の中でも好調なコンビニですが、うれしいサービス「お得意様サービス」をファミリーマートが実施へ。でもそこには落とし穴、レジ前で私たちの秘め事が……

ネットブックに役立つネットサービス 4連発【知っ得!虎の巻】

ネットブックは携帯性にすぐれ、便利なマシンだが、記憶容量が少ないのが困りもの。なんでもかんでも詰め込んでいては、すぐにいっぱいになってしまう。また、会社や自宅で使用しているデスクトップマシンと同じファイルを扱うのに、い…