『ニューイヤーズ・イブ』のワールドプレミアに豪華キャストが勢揃い


 現地時間5日、LAのグローマンズ・チャイニーズ・シアターで映画『ニューイヤーズ・イブ』(12月23日公開)のワールドプレミアが行われ、監督や豪華キャストが勢揃いした。

 本作は、『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督が豪華キャストを集結して贈る、感動のドラマ。舞台となるのは、ニューヨークの大晦日。行き交う人々の頭の中は、年越しカウントダウンを誰とどこで迎えるかでいっぱいだった。楽しい予定が詰まっているのに、去年の大晦日に出会った女性が忘れられない男。偶然の再開を果たす、かつて恋人同士だった男女。娘と迎えた幸せな大晦日を思い出す死期の迫った孤独な老人。職場と自宅を往復するだけの毎日を送ってきた女。心配性の母親と暮らす15歳の少女。大晦日が大嫌いな男。彼らは、1年の最後の日に、失くした絆の大切さに気付き、なんとか絆を取り戻そうと翻弄する。そんな彼らに起こる奇跡の物語だ。

 レッドカーペットには、世界各国から多くのプレスが集まり、熱気に包まれた。監督や、ザック・エフロンやアシュトン・カッチャー、妻のファーギーを連れたジョシュ・デュアメルら主要キャストが登場すると、さらに熱気は増し、大盛り上げリのワールドプレミアとなった。

 レッドカーペットでの彼らのインタビューがこちら。

■ザック・エフロン(ポール役)

――来週、日本へ来られますよね?日本のファンへメッセージをお願いします。

 みんな、もうすぐ会いに行くよ! 日本がすごく恋しいし、日本へ行くのが待ちきれないよ。大好きだよ。

――このような豪華キャストが総出演する作品に出てみていかがでしたか?

 一緒のシーンはなかったけれど、あのロバート・デニーロが出演する映画に自分も出られるってところや、素晴らしいキャラクターばかりだし、楽しそうな映画だと思ったんだ。僕個人としては、伝説的な存在で、確実に偉大な女優の一人であるミシェル・ファイファーと共演出来たことも、とても嬉しかったんだ。

■リー・ミシェル(エリース役)

――とても素敵なドレスですね。

 どうもありがとう。バレンティのドレスよ。タイムズ・スクエアからボールが落ちた時みたいな“ニューイヤー”ぽさが気に入ったの。

――監督があなたにとても好感を持ったと言っていましたが、彼との仕事はどうでしたか?

 彼は、本当に優しくて愛情あふれる人で、私の最初の映画の監督が彼で本当 に光栄だわ。今日は、大きいスクリーンで自分の姿を見るのが初めてで、ちょ っと緊張するけど、gleeのメンバーが来てるから、すごくワクワクしているわ。

――アシュトン・カッチャーと仕事をしてみて驚いたことはありますか?

 彼は、信じられないくらい頭が良いの。みんな、彼が面白くてカリスマ的な人だと思っているけど、本当に博学で、仕事熱心なのよ。

■アビゲイル・ブレスリン(ヘイリー役)

――今年の大晦日は何をする予定ですか?

 お家で家族とカウチに座りながら、ボール・ドロップを見るわ。

――日本へ行ったことがあると聞きましたが、もし、また日本へ行く機会があったら、何かやりたいことはありますか?

 日本が大好きなの。東京の原宿が大好きだし、人も最高で、すごく楽しいわ。最高の街だと思う!

――日本のファンへメッセージをお願いします。

 ハーイ、日本の皆さん、明けましておめでとう! 良い年を過ごしてね。

■ゲイリー・マシャル監督

――日本へは行ったことがありますか?

 東京へは何度も行ったことがあるよ。あと横浜と京都にも行ったことがある。大スターのジュリー・アンドリュースと一緒だったから、とても良くしてくれたよ。

――日本のファンへメッセージをお願いします。

 日本の皆さんは今年、大変なことが起きました。来年は、もっともっと良い年になって、皆さんが健やかに過ごせることを祈っています。幸運をお祈りしています。私の友達であるザック・エフロンが日本へ行くので、皆さん楽しみにしていてください。

 ザックの来日が決定し、14 日に舞台挨拶、15 日には記者会見を予定している。

 本作を観れば、あなたにとって2012年が希望の1年になるかも。

 映画『ニューイヤーズ・イブ』は、12月23日(祝・金)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

映画『ニューイヤーズ・イブ』 - 作品情報
映画『ニューイヤーズ・イブ』特報映像 - MOVIE ENTER公式チャンネル
『ニューイヤーズ・イブ』特別映像 - MOVIE ENTER公式チャンネル

【関連記事】
ザック・エフロン、映画『ニューイヤーズ・イブ』PRのため来日決定
『ニューイヤーズ・イブ』出演のボン・ジョヴィ、サラ・ジェシカ・パーカーらの特別映像が解禁

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【世界のモバイル】モバイルブロードバンド天国へ!海外で進む高速サービスにみる日本との格差

日本の携帯電話は世界でも最も進んだサービスを提供しているといわれている。ところが海外に目を向けてみれば、日本にはない便利なサービスが多く存在している。特に2006年から各国で開始されている「モバイルブロードバンド」は日本に…

【世界のモバイル】SIMロック販売の真実 - こんなに違う海外と日本の実情

最近、日本ではSIMロックやインセンティブ販売についての議論を多く見られるようになった。総務省が「モバイルビジネス研究会」でSIMロック制限について検討をはじめるなど、携帯電話の販売方法についてユーザーに選択肢を与えようとい…

【カオス通信】自腹ガチ評価!春のB級映画まつり

映画の醍醐味はB級作品にあり! ということで、大作の影に隠れてひっそりと上映されている「面白いかどうか疑わしい」作品を緊急レポート。全部自腹での鑑賞なので、配給会社やスポンサー絡みのしがらみは一切ナシ。劇場のリアルな雰囲…

【気になるPC】君はいくつ知っているか?なつかしの名機に出会える「日本電気レトロ博物館」

今日では、パソコンは日常生活の一部となり、主婦や子供にも使われるほど身近な道具となっている。そんなパソコンも黎明期は、マニアやマイコン少年のあこがれのアイテムであった。そんなパソコン(マイコン)黎明期から活躍した名機に…

【世界のモバイル】″ブランド力″で海外に勝てない日本端末

携帯電話シェア世界第3位。堂々たる大メーカーにまで上り詰めたSamsung。日本でもソフトバンク向けに特徴ある端末を多数リリースしており、存在感あるメーカーになりつつある。先日開催された国際情報通信技術関連見本市「CeBIT 2007」…