電子書籍の革命は個人から?漫画電子書籍がリリース【iPhoneでチャンス掴め】


レンボーアップススクール第6期生からレンボーアップス初となる漫画電子書籍がリリースされた。
ガラケーの電子書籍黎明期から電子書籍制作に携わってきたtakumangaさんが、今年からフリーで「株式戦隊サラリーマン」という4コマ漫画をブログ上で発表したのが、全ての始まりらしいが・・・
・「4コマ漫画 株式戦隊サラリーマン

今回、注目したいのは、個人がブログで始めた漫画がApp Storeを通じて、全国のiPhone(iPod、iPad)
ユーザーにを相手に商売を始めたことである。

これまでの出版物は、まず出版社に原稿を買い取ってもらい、そこから全国の本屋に書籍が並べられる。つまり作家から読者に届くまでには、いくつものハードルが存在していた。

人の評価が千差万別であるという前提が崩れないなら、出版社の目利きも100%の正確とは言い難い。
当然これまでは、出版社に認められなかったという理由で日の目を見なかっ作品も多数あるだろう。

この株式戦隊サラリーマンは、takumangaさんが漫画を描き、自分でアプリを作り、App Storeで商売を始めた。
今後、こうした作家が増えてくれば、作品が日の目を見ない作品も少なくなるのではないだろうか。

こうしたiPhoenアプリによる自主出版コミックが増えていくと、読者が目にする作品数も増え、読者に選択を迷わせるという意見もでてくるであろうが、無限ともいえるインターネットの情報を活用する現代の読者には無用の心配であろう。

増えた選択肢は、過去がそうであったように、あたらしい読書スタイルの誕生を促していくと思われる。


雑誌というビジネスモデルが崩れたと言われて久しいが、そもそも雑誌というものは、人気コンテンツを分母としたトラフィック管理であって、インターネット時代の今は、そのトラフィック管理も個人でできる時代となっている。

電子書籍で何かが始まる!こう期待する人は多いようだが、いまだにそれが何かは見えていない。しかし、この「株式戦隊サラリーマン」が目指しているビジネスモデルに、その何かへのヒントが隠されてるのかもしれない。


株式戦隊サラリーマンの作者takumangaさんは、レインボーアップスに入るまでは、まったくプログラムが書けない素人だった。当初はアプリを外注しようとさえ考えていたが、自分好みの電子書籍をつくりたい一心でレインボーアップスに入学したそうだ。

自分好みに作りあげた電子書籍は、電子書籍初となるランダム再生機能を搭載するなど、操作性にもすぐれた意欲作だ。

ちなみに提供されたスクリーンショットの日付が順序良く1234となってるのは、偶然ではなく仕込んだネタらしい。

株式戦隊サラリーマン(01)
開発: takumanga.comic


探しているiPad/iPhoneアプリが見つかるSNSサイト RainbowApps - レインボーアップス
初心者OK! 2ヶ月でiPhoneアプリを作る iPhoneアプリ開発スクール

iPhoneでビジネスチャンスを掴もう】の記事をもっと見る
プログラム書けなくも人気アプリは作れる!体験記
iPhoneアプリの制作4原則と5つの生き残り方法
人生初の英語でプレゼン!雲の上の世界だったシリコンバレー
花火師が作って選んだ「花火大会100選」アプリがいきなりカテゴリ1位へ
人生初の英語でプレゼン!雲の上の世界だったシリコンバレー

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【カオス通信】4コマ漫画雑誌のムーブメントを探る

ヒマつぶしに漫画でも、と思った時に選択肢として上がってくるのがコンビニなどで買える4コマ漫画雑誌。最近、個人的に4コマ漫画の単行本を買う機会が多くなってきたのですが、どうやらこれは4コマ漫画全体の質が向上しているのが原…

【カオス通信】ツンデレ麻雀に巨乳将棋!萌える勝負師漫画が熱い

漫画界の萌えにも色々ありますが、題材が「麻雀」「将棋」などの室内遊戯となると、萌えがあるというだけで異彩を放ってきます。今回は、そんなやや特殊な漫画の世界の"萌え"と"燃え"を覗いていきたいと思います。■『咲-Saki-』作:小林…

【世界のモバイル番外編】日本登場はあるのか?全世界が浮かれた″iPhone″狂乱騒ぎ

発表から5ヶ月の時間を経て、ようやく6月29日にアメリカで発売されたアップル初のケータイ「iPhone」。全米のアップルストアの前には、1秒でも早く手に入れようとする人たちの行列で埋め尽くされた。なかでも、NY店の前には100時間以…

【大人の物欲 工作】自分の描いた絵が動く!電脳パラパラ漫画″はこアニメ″

子供の頃、教科書や辞書の余白に絵を描いてパラパラ漫画を作った経験をお持ちの人はいないだろうか? パラパラ漫画は、アニメーションの原理と基本的に同じで、高速にページをめくることで、動画の世界を手軽に楽しめる。今回の工作特集…

【カオス通信】お笑い芸人(吉本興業)の漫画界進出に明日はあるか

お笑い×漫画のコラボが話題の漫画雑誌「コミックヨシモト」。創刊号は当初「30万部完売」が目標とされていましたが、実際は15万部程度に留まったと聞きます。雑誌の売り上げは発行部数の7割を越えるのがひとつの目標とされていますので…