NTTドコモとauのフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B・SCG11」と「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B・SCG12」が10月6日発売!対応バンドも紹介



docomoとauからフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」が10月6日に発売!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話は29日、最新フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold3 SC-55B」および「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」、携帯電話サービス「au」向け最新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 SCG11」および「Galaxy Z Flip3 5G SCG12」(ともにSamsung Electronics製)を2021年10月6日(水)に発売すると発表しています。

販路はドコモショップやauショップ、au Style、量販店などのドコモ取扱店・au取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」などで、すでに各製品ともに事前予約受付が実施されています。

ドコモオンラインショップやau Online Shopなどの直営店での価格(税込)はGalaxy Z Fold3 SC-55Bが237,600円、Galaxy Z Fold3 5G SCG11が237,565円、Galaxy Z Flip3 5G SC-54Bが148,896円、Galaxy Z Flip3 5G SCG12が148,925円となっており、NTTドコモでは「いつでもカエドキプログラム」、auでは「スマホトクするプログラム」の各残価設定方式の端末購入施策が利用可能です。

これらの端末購入施策の特典を利用した場合の実質負担額は6,198円/月×23回+95,040円(早期利用特典1,200円/月)で実質負担額129,354円から、Galaxy Z Fold3 5G SCG11は6,875円/月×23回+79,440円で実質負担額158,125円、Galaxy Z Flip3 5G SC-54Bは3,833円/月×23回+60,720円(早期利用特典800円/月)で実質負担額79,359円から、Galaxy Z Flip3 5G SCG12は4,315円/月×23回+49,680円で実質負担額99,245円となります。

また各機種ともにNTTドコモでは「5G WELCOME割」で他社から乗り換え(MNP)なら22,000円が割り引かれ、auでは「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円、MNPなら22,000円、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円(au Online Shopでは5,500円相当がau PAY残高でキャッシュバック)が割り引かれます。なお、ドコモオンラインショップでは発売に先立って10月3日(日)10時から購入手続きが開始され、発売日より順次お届けとなります。

その他、発売を記念してサムスン電子ジャパンでは購入・応募した人全員にもれなく対象商品をプレゼントするプレゼントする予約・購入キャンペーン( https://www.galaxymobile.jp/2021z-fold3-z-flip3/ )を実施し、Galaxy Z Fold3 5GはSペンが収納できる手帳型ケース「Flip Cover with Pen」と完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190)」(Phantom White)、「microSDカードリーダー」、Galaxy Z Flip3 5Gは「Galaxy Buds Pro(型番:SM-R190)」(Phantom White)と「microSDカードリーダー」がもらえます。


Galaxy Z Fold3 5G SC-55B

Galaxy Z Fold3 5Gは一昨年よりSamsungが展開している折り畳めるディスプレイを搭載したフォルダブルスマホ第1弾となったGalaxy Foldに続く横折り型の「Galaxy Z Fold」シリーズの第3世代で、Galaxy FoldやGalaxy Z Fold2とコンセプトは同じで内側に折り畳める大画面ディスプレイ、折りたたんだ状態でも外側の片面にディスプレイを搭載して通常のスマホのように使えます。

一方、Galaxy Z Flip3 5Gは同じく折り畳めるディスプレイを採用していますが、Galaxy Z Foldが横折りで開くと大画面となるのに対し、Galaxy Z Flipは縦折りで開いた状態では普通のスマホサイズで閉じるとコンパクトに持ち歩けるというコンセプトとなっており、同じく既存の「Galaxy Z Flip」シリーズの第3世代としてGalaxy Z FlipやGalaxy Z Flip 5Gに続いて投入されます。


Galaxy Z Fold3 5G SCG11のファントムグリーン


Galaxy Z Flip3 5G SC-54B


Galaxy Z Flip3 5G SCG12

Galaxy Z Fold3 5GおよびGalaxy Z Flip3 5Gともにフォルダブルスマホとしては初の防水(IPX8準拠)に対応し、さらにGalaxy Z Fold3 5Gはペン入力機能「S Pen」にも対応しています。またNTTドコモとauから販売される日本市場向け製品は各機種ともにおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しました。なお、各製品ともに購入時にSIMロックはかかっておらず、SIMフリーモデルとなっています。

携帯電話ネットワークはGalaxy Z Fold3 5Gが5GのSub6およびミリ波に対応し、最大通信速度はNTTドコモ向けが下り4.2Gbpsおよび上り480Mbps、au向けが下り4.1Gbpsおよび上り481Mbps、Galaxy Z Flip3 5Gは5GのSub6のみに対応し、最大通信速度はNTTドコモ向けが下り4.2Gbpsおよび上り480Mbps、au向けが下り4.1Gbpsおよび上り481Mbpsとなっています。対応周波数帯は以下の通り。

○Galaxy Z Fold3 5G
・Galaxy Z Fold3 5G SC-55B
 5G:n78、n79、n257
 4G:Band 1、3、4(AWS)、5、7、12、13、19、21、28、38、39、40、41、42
 3G:Band I、V
 2G:850、900、1800、1900MHz

・Galaxy Z Fold3 5G SCG11(国内向けのみ記載)
 5G:n28、n77、n78(3.5・3.7GHz)、n257
 4G:Band 1、3、18、28、42
 3G:Band I

○Galaxy Z Flip3 5G
・Galaxy Z Flip3 5G SC-54B
 5G:n78、n79
 4G:Band 1、3、4(AWS)、5、7、12、13、19、21、28、38、39、40、41、42
 3G:Band I、V
 2G:850、900、1800、1900MHz

・Galaxy Z Flip3 5G SCG12(国内向けのみ記載)
 5G:n28、n77、n78(3.5・3.7GHz)
 4G:Band 1、3、18、28、42
 3G:Band I

ただし、NTTドコモ向けの2機種はFOMAには非対応です。本体カラーはGalaxy Z Fold3 5GのNTTドコモ向けはファントムブラックの1色、au向けはファントムブラックおよびファントムグリーンの2色、Galaxy Z Flip3 5GのNTTドコモ向けおよびau向けともにクリームとファントムブラックの2色が販売されます。その他、各製品の詳細な情報は以下の記事をご覧ください。

○Galaxy Z Fold3 5G
・Samsung、開くと大画面7.6インチになる横折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」を発表!防水やSペンに対応。価格は約20万円から - S-MAX
・NTTドコモ、横開きフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」を発表!FeliCa・防水に対応。10月上旬発売で予約開始、価格は23万7600円 - S-MAX
・au向け横開きフォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G SCG11」が発表!FeliCa・防水に対応。10月上旬発売で予約開始、SIMロックなし - S-MAX
・防水&FeliCa対応!開くとタブレットスタイルの2つ折りスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」の実機を写真で紹介。NTTドコモとauから発売【レポート】 - S-MAX

○Galaxy Z Flip3 5G
・Samsung、よりスリムになった縦折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip3 5G」を発表!120Hzリフレッシュレートや防水に対応。約11万円から - S-MAX
・NTTドコモ、縦折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」を発表!FeliCa・防水に対応。10月上旬発売で予約開始、価格は14万8896円 - S-MAX
・au向け縦折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip3 5G SCG12」が発表!FeliCa・防水に対応。10月上旬発売で予約開始、SIMロックなし - S-MAX
・実機を写真で紹介!防水&FeliCa対応の縦折りフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip3 5G」の特徴をチェック。NTTドコモとauから発売【レポート】 - S-MAX

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Galaxy Z Fold3 関連記事一覧 - S-MAX
・Galaxy Z Flip3 関連記事一覧 - S-MAX
・報道発表資料 : 「ドコモ スマートフォン Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」「ドコモ スマートフォン Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」の新商品2機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」のご予約・ご購入手続きについて(更新) | 販売情報 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
・au、防水とおサイフケータイR搭載の折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Fold3 5G」「Galaxy Z Flip3 5G」を10月6日から発売 | スマートフォン・携帯電話 | au
・Galaxy Z Fold3 5G SC-55B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B | オンラインショップ | NTTドコモ
・Galaxy Z Flip3 5G(ギャラクシー ゼット フリップスリー ファイブジー)SCG12 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・Galaxy Z Flip3 5G SCG12 | WEB予約 | au
・Galaxy Z Flip3 5G SC-54B | スマートフォン(5G) | 製品 | NTTドコモ
Galaxy Z Flip3 5G SC-54B | オンラインショップ | NTTドコモ
・Galaxy Z Flip3 5G(ギャラクシー ゼット フリップスリー ファイブジー)SCG12 | スマートフォン(Android スマホ) | au
・Galaxy Z Flip3 5G SCG12 | WEB予約 | au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】「極める」ケータイ登場!ドコモ 703iシリーズ発表会レポート

NTTドコモは20071月16日(火)、都内 代官山ヒルサイドテラスにおいて、携帯電話端末の新モデル「FOMA 703iシリーズ」など10機種を発表した。FOMA 703iシリーズは、スタンダードな機能を持ちつつデザインにも注力した個性的なモデルと…

【ケータイラボ】お風呂で使える!防水ケータイ「F703i」

「F703i」は、お風呂やキッチンなどの水まわりでも安心して使える防水ケータイ。厚さ17.9mmのコンパクトデザインで、1mの水深に30分間放置しても浸水しないIPX 7等級に加え、全方向からの水の噴射を受けても本体内部に浸水しないIPX 5…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…