KDDI、新料金プラン「povo on au」を3月23日から提供!VoLTE対応AndroidやiPhone 8以降に対応。今夏までに加入で家族割プラスのカウント対象



オンライン専用の新料金プラン「povo on au」が3月23日に提供開始!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、携帯電話サービス「au」におけるオンライン専用の新料金ブランド「povo(ポヴォ)」を2021年3月23日(火)に提供開始すると発表しています。

povoはシンプルで柔軟性の高いプラン設計をコンセプトとしており、月額2,480円(金額はすべて税抜、税込では2,728円)で使える月間高速データ容量20GBに加え、オンラインで自由に選択可能なさまざまな追加オプション(トッピング)が用意されます。

また合わせて各種割引やオプションなどの詳細を案内し、povoではauの「家族割プラス」の家族人数の割引・カウント対象外となりますが、2021年夏までにpovoを契約した場合については早期申込特典として「家族割プラス」の家族人数のカウント対象となるとしています。

その他にも現在、事前申し込みを行って2021年5月31日(月)までにpovoを契約した人対象に3,000円相当のau PAY残高をプレゼントする「povo先行エントリーキャンペーン」を実施しています。なお、特典のプレゼントは1人につき1回まで。


povoはオンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を有するCircles Asiaと協業し、オンラインでの簡便な手続きなどによる先端のデジタル体験を提案する新料金ブランドとして展開するauにおける新料金プランです。オンラインで手続きする人のニーズを踏まえ、受付拠点や提供するサービスを厳選し、効率化を図ることによって非常に手頃な料金を実現しています。

申し込みや手続きは「povo」専用Webサイトから行い、申込方法は別途、公式Webサイトで案内するほか、povo先行エントリーキャンペーンにご登録した人には個別にSMSなどでもお知らせするとのこと。対応機種はauスマートフォンとなっており、具体的にはauで提供しているVoLTE対応のAndroid搭載製品とiPhone 8以降が対象で、auスマートフォンとのセット販売は現時点では行われない予定です。主な仕様は以下の通り。

ブランド/プラン名povo on au
提供開始日2021年3月23日(火)
契約できる人20歳以上の個人
月額料金2,480円
月間データ容量20GB
20GB超過時の速度最大1Mbps
通話料金20円/30秒※1
SMS送信:1通当たり3円(70文字まで)※2
受信:無料
ネットワーク5G(2021年夏提供開始予定)および4G LTE
トッピング5分以内通話かけ放題※3500円
通話かけ放題※31,500円
データ使い放題24時間※4200円
データ追加1GB500円
キャリアメール非対応
留守番電話サービス非対応
テザリング対応(無料)
国際ローミング提供予定(開始時期は別途案内)
家族割プラス割引・カウント対象外(2021年夏までの加入者は早期申込特典として家族人数のカウント対象となります)
auスマートバリュー割引対象外
家族割(家族間通話料・SMS利用料の割引)割引対象外
スマイルハート割引割引対象外
対応端末auスマートフォン※5
かえトクプログラムauからpovoへの移行後も継続して利用できます
キャリア決済auかんたん決済(通信料合算)を利用できます
au契約期間引き継げません
手数料契約事務手数料0円
契約解除料0円
au/UQ mobile/povo間の移行手数料0円※6
申込窓口/問い合わせ窓口オンライン限定
※1 0570(ナビダイヤル)や衛星船舶電話など、料金が異なる通話先があります。
※2 機種によって最大全角670文字まで送信可能です。ただし、全角134文字までは2通分、それ以降は全角67文字ごとに1通分の送信料がかかります。
※3 0570(ナビダイヤル)や衛星船舶電話など、かけ放題の対象外となる通話があります。
※4 ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。
※5 auで提供しているVoLTE対応のAndroid端末とiPhone 8以降の端末が対象です。
※6 「au」「UQ mobile」「povo」間の移行手続きにおいて当面は「契約解除料」「番号移行手数料」「契約事務手数料(UQ mobileでは「SIMパッケージ料金)」」が一度請求されますが、翌月以降の移行先の利用料金から割り引きします。

記事執筆:memn0ck
■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・povo 関連記事一覧 - S-MAX
・povo、3月23日から提供開始 | 2021年 | KDDI株式会社
・新発想の料金プラン「povo」誕生|au

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【デジカメ調査室】乾電池対応!光学6倍ズームのコンパクトデジカメ「LZ7」

「LZ7」は、720万画素CCDを搭載した乾電池対応のコンパクトデジタルカメラで、2月9日より発売を開始する。カラーバリエーションは、シルバーのみ。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、3万3,000円前後の見込み。外出先でも手…