Apple、10.9インチタブレット「iPad Air(第4世代)」を発表!全画面デザインで、側面Touch IDやUSB Type-C、A14など。価格は6万9080円から



10.9インチタブレット「Apple iPad Air(第4世代)」が登場!

Appleは15日(現地時間)、オンライン発表会「Apple Events - September 2020」を開催し、新たに全画面デザインに刷新された10.9インチタブレット「iPad Air(第4世代)」を発表しています。発売時期は日本を含む1次販売国・地域では2020年10月を予定し、価格はアメリカでは599ドル(約63,000円)から。

日本でもAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて価格が案内されており、Wi-Fi版の64GBが税抜62,800円(税込69,080円)、256GBが税抜79,800円(税込87,780円)、Wi-Fi+Cellular版(SIMフリー版)の64GBが税抜77,800円(税込85,580円)、256GBが税抜94,800円(税込104,280円)となっています。

また保証サービス「AppleCare+ for iPad」はそれぞれ税抜8,400円(税込9,240円)となっています。またWi-Fi+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、Wi-Fi版はSoftBankや量販店などでも販売されると見られます。


iPad Air(第4世代)はこれまでの「iPad Air」シリーズと異なり、2018年11月に発売された「iPad Pro」シリーズのようにディスプレイの回りの縁(ベゼル)が狭くなった“ほぼ全画面デザイン”を採用し、新しいチップセット(SoC)「A14 Bionic」によって高性能化しています。

また全画面デザインのiPad Proが顔認証「Face ID」を採用しているのに対し、iPad Air(第4世代)は側面の電源キー(トップボタン)部分に指紋認証「Touch ID」を搭載しています。ディスプレイは約10.9インチ2360×1640ドットIPS液晶「Liquid Retinaディスプレイ」(約264ppi)を搭載。



側面Touch ID



iPad Air(第4世代)のディスプレイ

広色域ディスプレイ(P3)やTrue Toneディスプレイ、耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、1.8%の反射率、500nitの輝度に対応。またペン入力「Apple Pencil(第2世代)」に対応するほか、専用キーボード端子「Smart Connector」にも対応。

また充電・外部接続端子はLightning端子からUSB Type-C端子に変更され、データ転送速度が10倍となっているとのこと。サイズは約247.6×178.5×6.1mm、質量はWi-Fiモデルが約458g、Wi-Fi+Cellularモデルが約460g。本体カラーはシルバーおよびスペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色展開。


iPad Air(第4世代)のカラーバリエーション



充電・外部接続はUSB Type-C端子に。3.5mmイヤホンマイク端子は非搭載





Apple A14 Bionic

新たに5nm製造プロセスで開発されたApple A14 Bionicは2つの高性能コアと4つの高効率コアのヘキサコアCPUやクアッドコアGPU、16コアのNeural Engineなどを搭載し、CPUで40%、グラフィック性能で30%、ML性能で2倍、ML演算速度で10倍となっているということです。なお、組込型M14コプロセッサーも内蔵。

カメラは前面が約700万画素裏面照射型CMOSのフロントカメラ「TrueDepthカメラ」(F2.0)、背面が約1200万画素裏面照射型CMOS/広角レンズ(F1.8、5P)を搭載し、ハイブリッド赤外線フィルターやLive Photos、スマートHDR、ノイズリダクション、露出コントロール、バーストモード、4K・60fpsムービーなどに対応。



外部スピーカーはステレオに対応し、音響面では「Dolby Digital(AC-3)」および「Dolby Digital Plus(E-AC-3)」をサポート。マイクも2つ搭載し、通話やビデオ撮影、オーディオ録音のために周囲のノイズを消しつつ、高音質でFaceTimeオーディオを利用可能。

その他の仕様では、Wi-Fi 6やMIMO、HT80に対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(同時デュアルバンド2.4GHz/5GHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、電子コンパス、iBeacon、3軸ジャイロセンサー、加速度センサー、気圧センサー、環境光センサーに対応。またWi-Fi+Cellularモデルでは位置情報取得(A-GPS・GLONASS・Galileo・QZSS)に対応。


Magic Keyboardが別売で用意

Wi-Fi+CellularモデルではnanoSIM(4FF)カードスロット(Apple SIMに対応)を1つに加えて「eSIM」に対応しており、対応周波数帯は以下の通り。さらにバッテリー容量は28.6Whで、最大10時間のバッテリー駆動時間、より高速なWi-Fi接続、そして他のどのタブレットより多くのLTEバンドをサポートし60%高速なギガビット級LTEにより、1日中生産的かつ創造的でいることができるとのこと。iPadOS 14をプリインストール。

UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
ギガビット級LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、34、38、39、40、41、46、66)


iPad Air(第4世代)のインフォグラフィックス


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPad Air(第4世代) 関連記事一覧 - S-MAX
・Apple unveils all-new iPad Air with A14 Bionic, Apple’s most advanced chip - Apple
・New Apple Watch and iPad features enable wellness, fitness, and creativity - Apple
・Apple Events - September 2020 - Apple

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】リアルメタルフェイスを採用!次世代京ぽん「WX320K」

「WX320K」は、より高速で快適な通信環境を実現する「W-OAM」に対応したアルミ素材を採用した京セラ製の音声端末。発売時期は2月中旬予定。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。カラ…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…