KDDI、au向けシャープ製モバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」を発表!法人向けに3月27日発売。Sub6とミリ波に対応



auから法人向けモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」が登場!3月27日発売

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、携帯電話サービス「au」における法人向け新商品として5Gに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」(シャープ製)を2020年3月27日(金)に発売すると発表しています。

5G NR方式におけるSAおよびNSAをサポートし、Sub6(6GHz未満の低周波数帯)に加えて6GHz以上の高周波数帯におけるミリ波(mmWave)にも対応し、下り最大4.1Gbpsおよび上り最大481Mbpsに対応します。

また下り最大1.2Gbpsまで対応した無線LAN(Wi-Fi)の最新規格「Wi-Fi 6」(IEEE802.11ax準拠)もサポートするほか、本体に2.5GBASE-Tの有線LANポートを内蔵するため、クレードル不要で安定した高速通信が可能となっています。


Speed Wi-Fi 5G X01はシャープから今年2月に発表された「5Gモバイルルーター」のau版で、5Gや4G(LTE・WiMAX 2+)のハイブリッドネットワークによって下り最大4.1Gbpsおよび上り最大481Mbpsの高速通信が利用できます。

本体にはミリ波をしっかりと掴むために3つのアンテナを内蔵。なお、auでは下り最大4.1Gbpsおよび上り最大481Mbpsは発売後の2020年夏以降に提供するソフトウェア更新によって対応し、それまでは下り最大2.8Gbpsおよび上り最大183Mbpsとなるとしています。

また最大通信速度が利用できるエリアは一部となっており、提供エリアは公式Webページ( https://www.au.com/mobile/area/ )にて今後公開予定とのこと。サービス開始となる3月末頃時点での5Gエリアは東名阪の一部エリアなどで提供予定。

シャープの5Gモバイルルーターはau以外ではすでにNTTドコモから「Wi-Fi STATION SH-52A」が発表されており、ほぼ同等の仕様となると見れますが、NTTドコモでは2020年5月下旬以降の発売を予定しているため、連続待受時間などは未公開となっています。

一方、auでは発売が近いのでそれらも公開されており、連続通信時間は5G通信時で約220分、4G通信時で約460分、連続待受時間は約240時間(Wi-Fi未接続時)、充電時間はType C共通ACアダプタ02(別売)使用時で約160分、Type C共通ACアダプタ01(別売)使用時で約230分。


正面にはタッチ操作に対応した約2.4インチQVGA(320×240ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載。バッテリー容量は約4000mAh。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04 LE」に対応。サイズは約157×84×16.0mm、質量は約265g。

熱源を分散して効率的に配置した分散レイアウト設計や熱エネルギーを効率的に拡散させる内部金属キャビネット、本体側面に搭載された放熱対策用の通気口などによるパフォーマンスを重視した放熱設計がされているという。

またタブレットやパソコン(PC)などを最大18台(Wi-Fi:16台、有線LAN:1台、USB:1台)まで同時接続できる上、複数の端末を接続した時でも高速かつ安定的な通信ができるとのこと。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠(2.4および5.xGHz)や新暗号化規格のWPA3をサポート。

さらに本体に高速な2.5GBASE-T(IEEE802.3b2準拠)の有線LAN端子やUSB Type-C端子(USB 3.0)を搭載し、Wi-Fiと有線(2.5GBASE-T LANまたはUSB 3.0)の同時利用もできるため、利用シーンや接続機種に応じた接続方法を適宜選べるとしています。

付属品はUSBケーブル(試供品)およびSIM取り出し用ピン(試供品)。なお、3G(W-CDMA方式)には対応するものの、2G(GSM方式)には対応せず、国際ローミングは4Gおよび3Gにて対応するとのこと。

機種名Speed Wi-Fi 5G X01
サイズ[高さ×幅×厚さ:mm]約84×157×16.0mm
質量[g]約265g
バッテリー容量(定格容量)4000mAh
通信5G(受信時最大速度/送信時最大速度)4.1Gbps/481Mbps
4G
(受信時最大速度/送信時最大速度)
1Gbps/112.5Mbps
無線LANIEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n(Wi-Fi 4)/300Mbps
IEEE802.11ac(Wi-Fi 5)/867Mbps
IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
2.4GHz帯/5GHz帯対応
有線LANIEEE802.3bz(2.5GBASE-T)
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
インターフェイスUSB Type-C
国際ローミング「WORLD WING」○(LTE/UMTS)
同時接続台数18台(Wi-Fi:16、有線LAN:1、USB:1)
かんたん接続機能WPS、QRコード接続
連続待受時間(Wi-Fi未接続時)約240時間
連続通信時間(5G/4G:時間)約220分/約460分
カラーブラック
メーカーシャープ




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Speed Wi-Fi 5G X01 関連記事一覧 - S-MAX
・5G対応のシャープ製モバイルWi-Fiルーター、「Speed Wi-Fi 5G X01」を法人向けに3月27日から発売 | 2020年 | KDDI株式会社
・5Gモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」をKDDIより法人向けに発売|ニュースリリース:シャープ
・Speed Wi-Fi 5G X01 | モバイル | au 法人・ビジネス向け | KDDI株式会社
・Speed Wi-Fi 5G X01 auの特長|AQUOS:シャープ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】無線LAN内蔵!フルキーボード搭載ビジネスケータイ「X01NK/Nokia E61」

「X01NK/Nokia E61」は、無線LAN内蔵でフルキーボードを搭載したノキア製の法人専用ビジネスケータイ。発売時期は3月下旬以降を予定し、価格はオープンプライス。「X01NK/Nokia E61」は、ストレートタイプの本体に、無線LAN機能を内蔵…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…