大ヒットしたポータブルスマートスピーカーにGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーの最新モデル「JBL LINK Portable」


ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、 Google アシスタントを搭載し、持ち歩いて使えるオールインワンタイプのポータブルスマートスピーカー「JBL LINK Portable」を2019年11月29日(金)に発売する。価格はオープンプライスで、JBLオンラインストアでの販売価格は1万4,800円(税別)。

■かつて大ヒットを飛ばしたスマートスピーカーのコンセプトを踏襲
今回発売する「JBL LINK Portable(リンクポータブル)」は、人気のJBLポータブルスピーカーに、「Google アシスタント」を搭載した最新のスマートスピーカー。バッテリーを内蔵して持ち運べる元祖ポータブルスマートスピーカーとして人気を博した「LINK10」および「LINK20」のコンセプトを踏襲し、より洗練させた後継モデルとして開発された。

片手でも持ち運べるコンパクトなボディに、大口径ドライバーとパッシブラジエーターを搭載。 JBLサウンドならではのクリアな高音、シャープな中音、深みのある低音を実現した。本製品においては360度どこからでも同じように聞こえる無指向性サウンドにチューニングされており、置き場所や聴取位置を問わず部屋中に広がる高音質を体感できる。

質感の高いファブリック素材の外装を採用し、リビングやインテリアを邪魔しないテイストに仕上げました。落ち着いた色調のブラックをベースに、主張しすぎないシルバーのJBLロゴをあしらい、高級感を持たせたデザインとしている。

本体に内蔵しているバッテリーにより、連続最大約8時間のワイヤレス再生が可能。防水(IPX7)対応で万が一の水没にも耐えられるため、キッチンや浴室などの自宅内だけではなく、バーベキューやキャンプに持ち出しても、突然の雨やプールや川などでの落水を気にすることなく、安心して利用できる。持ち運んだ後は、同梱されているクレードルに本体を戻すだけで、簡単に充電を開始することができる。

「Google アシスタント」を搭載し、音声コマンドによる音楽再生が可能。音楽ストリーミングサービスの選択肢も充実しており、事前に設定すれば手元にスマートホンや音楽データがなくても、気軽に話しかけるだけで音楽を再生することができる。また、音楽に限らず、情報検索や対応スマートホーム機器の操作など、一歩進んだ使い方も可能だ。

本製品では従来モデルと同様にChromecast built-inを備え、また新たに Airplay2に対応。YouTube Music や Apple Music など様々なサービスから音楽再生をすることが可能だ。 Androidスマートホンに加え、iPhoneにおいても使い勝手が向上した。また、 Bluetooth接続の機能も備えているので、通常のBluetoothポータブルスピーカーと同様の使い方が可能だ。

■主な仕様
製品名:JBL LINK Portable
タイプ:Google アシスタント 搭載ポータブルスピーカー※4※5
カラー:ブラック
使用時間・充電時間:最大約8時間再生・約3.5時間充電(5V/2A時)
防水機能:IPX7
外形寸法(幅×高さ×奥行):88×170×88(mm)
重量:約735g
Bluetooth:バージョン 4.2 (Class 2)
対応プロファイル:A2DP、 AVRCP
Wi-Fi・対応周波数:IEEE802.11a/b/g/n/ac ・ 5GHz/2.4GHz
スピーカー構成:49mm径ドライバー×1、パッシブラジエーター×2
アンプ出力:最大20W
周波数特性:65Hz - 20kHz
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m、 5V3A対応)、充電用クレードル



■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・三脚だけど一脚にもなり真俯瞰撮影ができる便利なやつ!その名は「一脚にもなる「俯瞰三脚」」
・なんとズボンの乾燥にも対応!アイロン掛けまでできちゃう超便利なシャツ乾燥機「アイロンいら〜ず2」
・タニタからラップを巻いても使いやすい「くるっとシリコーンタイマーTD-420」を発売
・会社で自宅で!自由に足湯ができるヒーター内蔵式の加温式折りたたみ足湯フットバス「足ぽっか」
・タニタが「量」と「質」で体の見える化を実現した体組成計「RD-910」「RD-911」を発売

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【気になるPC】ワイド液晶搭載の高級モデルTシリーズ「ThinkPad T60p」レビュー

レノボの「ThinkPad T60p」は、ThinkPadシリーズならではの高い剛性と質感を持つ、同シリーズ最高級モデルだ。黒色でスクエアなデザインも同シリーズならではの特徴。レビューしたワイド液晶モデルの価格はメーカー直販サイトで397,950…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】指紋センサーと1.3メガカメラを搭載!セキュリティに強い「WX321J」

「WX321J」は、ウィルコムの高度化通信規格「W-OAM」対応し、指紋センサーと1.3メガカメラを搭載した日本無線製の音声端末。価格はオープンプライスで、ウィルコムストアでの販売価格は、1万6,000円前後の見込み。発売時期は2月中旬予…