ついにマルチタッチ対応!ドコモスマートフォン「Xperia SO-01B」が1月19日よりバージョンアップ開始



Xperiaがいよいよマルチタッチ対応決定!

NTTドコモは、本日18日、ドコモスマートフォン「Xperia (型番:SO-01B)」のバージョンアップを明日1月19日(水)から提供すると発表しました。

今回のバージョンアップの目玉は「マルチタッチ対応」。iPhoneなどでもおなじみのピンチイン・アウト操作に対応します。

提供方法はパソコン接続による方法が1月19日20時以降、端末単体でのパケット通信(無線LANも可)による方法が1月20日20時以降となっています。

なお、Android OS 2.1へのバージョンアップをしておらず1.6のままのユーザーは、2010年11月10日のOSバージョンアップと同じ扱いとなり、パソコン接続によるバージョンアップのみの対応となっています。

今回のバージョンアップ内容は以下の通りです。

●マルチタッチ操作への対応

2本の指を画面上に乗せて、その指の間隔を縮めるピンチイン操作による画面の縮小および間隔を広げるピンチアウト操作による画面の拡大を実現するマルチタッチ操作へ対応します。

この操作ができるアプリは限定されており、ブラウザ、マップ、Office Suite、Moxierメールとなっています。Office SuiteとMoxierメールはアプリ自体がバージョンアップされます。3点以上のマルチタッチ操作と、Google Map 5.0のマルチタッチによる回転操作は非対応となっています。

●不具合修正

Android OS 2.1の場合、電話帳アプリが起動せずにフリーズする場合がある不具合と、spモードアプリで送信メール作成時に電話帳参照を選択すると、黒画面でフリーズする場合がある不具合が改善されます。

その他、より快適に使うための更新などが含まれているそうです。なお、今回のバージョンアップはAndroid OS 2.2へのバージョンアップは含まれておりません。

前述の通り、Android OS 2.1にバージョンアップ済みの方はパソコン接続(推奨)と端末単体でのバージョンアップを選べます。Android OS 1.6のままの方は、2010年11月10日のバージョンアップと同等の扱いになるため、パソコン接続の方法のみとなります。パソコン接続によるバージョンアップは当該のパソコンにて初めてバージョンアップを行う場合約20分、2回目以降なら約10分かかります(2Mbpsのブロードバンド環境の場合)。端末単体でのバージョンアップは約5分(パケット通信)となっています。パケット通信の定額サービスに入っていない方はパケット通信料が約8,000円程度かかりますのでご注意下さい。

念願のマルチタッチ対応、とても楽しみですね!s-maxでは今回のバージョンアップ後も、バージョンアップでの変更点を詳しく紹介しますので、ぜひお楽しみに!

記事執筆:こば(小林健志)



■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
【洗練されたデザインで大人気!ドコモスマートフォン「Xperia」特集】 - S-MAX - ライブドアブログ
XperiaのAndroid OS 2.1へのバージョンアップがいよいよ開始!改善点を徹底チェック - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモのスマートフォン&タブレット向け「電子書籍トライアルサービス」を試してみた - S-MAX - ライブドアブログ
Xperiaがバージョンアップ!POBox進化やバックアップアプリなど、変更点を徹底チェック - S-MAX - ライブドアブログ
XperiaTM SO-01Bのバージョンアップ情報(NTTドコモ)
XperiaTM SO-01Bバージョンアップ詳細(Android2.1)(NTTドコモ)
XperiaTM SO-01Bのソフトウェアアップデート情報(NTTドコモ)

■関連記事
全国のゆるキャラ大集合!「ゆるキャラさみっと情報局」【iPhoneアプリ】
【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2011年1月16〜22日編】
セール季節にお得に買い物をしよう!シンプル操作で割引率が簡単にわかる「バーゲン教師」【iPhoneアプリ】
気になる新製品!イー・モバイル「Pocket WiFi S (S31HW)」のサイズは?初代Pocket WiFiと比較してみた【レビュー】
auスマートフォンのソーシャル電話帳「jibe」がバージョンアップ!対応機種やサービスが拡大へ

共有する

はてなブックマークに追加

関連記事

【ケータイラボ】3Gハイスピード対応!超薄型ケータイ「709SC」

最近のSoftbank端末は薄型ケータイが多い。鞄に入れずポケットなどに入れて持ち運ぶユーザーとしては、薄くて軽い端末はかなりありがたい。今回発売された「709SC」も12.9mmといちばん薄いというわけではないが、かなり薄い端末である。…

【ケータイラボ】au初のテレビ電話対応機種「W47T」

持ち歩いてさっと使う携帯電話にテレビ電話なんて必要なのかなぁと最初は思ったものだ。カップルや親子同士などではアリなんかなぁなどと思ったりもしていた。しかし、知り合いの聴覚障害者がテレビ電話機能を利用して手話で会話してい…

【ケータイラボ】最大800kbpsまで対応!W-OAM typeG対応通信端末「AX530IN」

「WX530IN」は、PHS高度化通信規格であるW-OAMをさらに高速化した「W-OAM typeG」に初めて対応したカード端末。2007年春より発売の予定。「AX530IN」は、PHS端末としては初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)に…

【ケータイラボ】際立つ薄さ約11.9mm!3Gハイスピード対応スリムケータイ「707SCII」

「707SCII」は、薄さ約11.9mmを実現したスリムケータイ。発売時期は今春を予定し、価格はオープンプライス。「707SCII」は、薄さ11.9mmのスリムボディーを採用したので、バッグやポケットに入れてもかさばらずに、スマートに持ち運べる…

【アキバ物欲】ショップブランドに魅力あり!Vista搭載パソコン特集

2007年1月30日、マイクロソフトの新しいOS「Windows Vista」(以下、Vista)がついに発売される。Vistaは、同社が5年ぶりにパソコン市場へ投入するOSであるので、パソコンユーザーの中には、Vistaの登場を待ち望んでいた人も多いであ…